18きっぷ群馬の旅(4) 信越本線 磯部駅 ~愛妻♨湯の町~

きゃみ

横川駅の周辺散策をした後、信越本線上り列車に乗車しました。
少しだけ時間があったので途中の磯部駅に下車してみました。
イメージ 1

駅は相対式ホーム2面2線の構造。ホームは跨線橋で結ばれています。
イメージ 3 イメージ 4

北側にある駅舎の様子。
blog_import_5d5d696609065.jpeg

駅前広場には「恐妻碑」が建っています。阿部眞之助という明治~昭和の随筆家の文字が刻まれているそうです。「恐妻とは愛妻のいわれなり」・・・う~ん、深い??
イメージ 6

"愛妻♨湯の町" 磯部温泉街の入口。駅前がすぐ温泉街となっています。
イメージ 5

磯部温泉は、碓氷川沿いにある温泉地で、温泉マーク(♨)の発祥の地といわれているそうです。碓氷川には愛妻橋という橋もかかっているそうです。

駅前通りを少し歩いたところにあった温泉郷案内図。
イメージ 7

更に通りを進むと碓氷川沿いにある「磯部詩碑公園」入口に突き当たりました。ここを訪れた多くの文学者の詩碑があったりしてお散歩には適しているようです。
イメージ 8

時間もなかったので公園内にある詩碑や碓氷川には行きませんでしたが、入口あたりに少し滞在しました。
公園入口にある赤城神社の鳥居
イメージ 9

同じく「愛妻の池」
イメージ 10

「磯部温泉」と「愛妻」の関係についてはよくわかりませんが、阿部眞之助の出身が富岡市だったからなんでしょうかね?
20分ほど散歩したのち磯部駅に戻って、再び高崎行きに乗車します。

行程:横川(132M高崎行)磯部(134M高崎行)高崎

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
モリゴロウ  
No title

磯部駅の車寄せが真っ直ぐで北海道では見られない作りですね~
(北海道では雪の重みでつぶれちゃう)笑

恐妻の碑~作者はジャイアンツの選手ではなさそうですね(爆

2015/07/07 (Tue) 09:55 | EDIT | REPLY |   
●  
No title

こんにちは。
磯部温泉の日帰り温泉、恵みの湯には何回か行ったことがあります。
車でですが…
なかなかいいお湯でした。

2015/07/07 (Tue) 16:53 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> モリゴロウさん、こんばんは~。
なるほど、お国柄で駅の作りも変わってくるんですね~、気づきませんでした。
検索すると一番に出てきますが、残念ながらその慎ちゃんではないです(笑)

2015/07/07 (Tue) 21:28 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> ●さん、こんばんは。
東京からだと草津や水上よりも近いし手頃な温泉場という感覚でしょうか。室内ですが砂塩風呂なんていうのもあるらしいです。
駅からもそう遠くないので、汽車旅の途中にちょいと寄れそうですね。

2015/07/07 (Tue) 21:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply