15GW山陰駅巡り(19) 木次線 出雲坂根駅 ~三段スイッチバックの駅~

きゃみ

出雲横田駅を20分近く遅れて出発した列車は、まもなく出雲坂根駅に到着します。出雲坂根駅は知る人ぞ知る3段スイッチバックの駅です。

後方展望。
走ってきた単線レール(1段目)に、右側からもう一本のレール(2段目)が近づいてきます。
イメージ 1 イメージ 2

クロスポイントを通過すると、
イメージ 3

出雲坂根駅に到着です。
イメージ 4

奥の線路は行き止まりです。ここを通る列車は必ず方向を変えてスイッチバックしていきます。
イメージ 7

隣のホームでは、「奥出雲おろち号」のトロッコ列車が下り列車が到着するのを待っていました。牽引するディーゼル機関車はDE10 1161、青白カラーに★印の専用機関車です。
イメージ 5

引かれる客車は12系の2両編成。白・青・灰色に星模様は銀河鉄道を模したとのことです。
下りが到着してすぐに、出雲横田方面に出発していきました。
イメージ 6

トロッコ列車が去って少し静かになったところで駅舎撮影。駅舎は2010年に新しく建て替えられたものです。「奥出雲 延命水の館」という看板が見えます。
イメージ 8

この駅は、ホームの片隅に「延命水」と呼ばれる湧き水があることで知られています。飲むと寿命が延びるのでしょうかね~。しかし、列車遅延でいつ出発するかわからない状態で慌てていたため撮影はできず(>_<)

本駅や隣の三井野原駅の標高が記されている標識がありました。
三井野原駅はJR西日本では最も高い位置にある駅です。
イメージ 9

木次線の駅にはそれぞれ愛称がついています。この駅は、「天真名井(あめのまない)」。
イメージ 10

この駅では15分ほど停車する予定でしたが、遅れもあるため5分ほどで出発となりました。
ここからは前方展望です。先ほどのクロスポイントから2段目レールに入ります。
イメージ 11 イメージ 12

2段目レールの勾配を登っていきます。
イメージ 13 イメージ 14

右側に3段目レールが見えると、合流地点にあるシェルターに入ります。
イメージ 15 イメージ 16

列車はシェルターを越えた先の行き止まりの手前で一旦停止します。
イメージ 17

運転手さんが後方に移動して列車が向きを変えます。私も移動・・・
イメージ 18

先ほどのシェルターを再び越えて3段目レールに入りスイッチバック終了です。
イメージ 19 イメージ 20

線路は山の奥深く。
イメージ 22

トンネルを抜けると・・・
イメージ 23

この後の風景は圧巻です。国道314号の2重ループ線。通称「奥出雲おろちループ」
イメージ 21

鮮やかな赤色の大きな橋。
イメージ 24

列車は、JR西日本最高地点を終点備後落合駅に向けて走ります。

行程:出雲横田(1449D備後落合行)出雲坂根(同上)備後落合

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
ペンペン音頭2号  
No title

私は自動車でしか訪問したことはありませんが、その頃は旧駅舎で運転扱いの職員がいました。

随分雰囲気が変わりましたが、延命水は健在のようですね(*^o^*)

2015/06/07 (Sun) 21:07 | EDIT | REPLY |   
ニッチー  
No title

スイッチバックに絶景、いいですねぇ木次線。

2015/06/07 (Sun) 22:00 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> ペンペン音頭2号さん
駅舎は立派になってましたが、旧駅舎の時に来てみたかったですね。それと、もう少しゆっくり滞在したかったんですけどね~(>_<)

2015/06/07 (Sun) 22:18 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> ニッチーさん
木次線はいろいろあって楽しかったです(*^-^*)
スイッチバック駅はほんとに魅力あります。今年の夏あたりには九州の肥薩線を密かに計画していますが、果たして実現できるかな?

2015/06/07 (Sun) 22:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply