15GW山陰駅巡り(12) 一畑電車大社線 出雲大社前駅 ~出雲大社の最寄駅~

きゃみ

川跡駅で大社線列車に乗車しました。
列車内には出雲神話の場面場面が味のある挿絵で紹介されていました。
イメージ 1

列車は8.3kmを走り、終点の出雲大社前駅に到着です。その名の通り、出雲大社の最寄り駅です。
イメージ 4 イメージ 3

駅は頭端式ホーム1面2線の構造です。
イメージ 2

となりにはオレンジの旧式電車もいます。
イメージ 5

駅舎内はステンドグラス風の窓をもつ西洋風のもので、出雲大社の最寄り駅としてはちょっとイメージが違う雰囲気を持っています。これは、国鉄大社駅の重厚な和風建築に対抗して敢えて採用したといわれています。
イメージ 6

出札口の列車案内板もレトロ感満載です。
イメージ 7

出札窓口で女性駅員さんからすかさず入場券を購入です。
イメージ 8

駅舎外観も独特の雰囲気がありますね。
イメージ 9

この駅舎も登録有形文化財、そして近代化産業遺産にも認定されています。
イメージ 10

駅前の道は出雲大社の正面に続いています。松が並びきれいに整備されています。
イメージ 11

こちらは出雲大社方向とは反対側。大鳥居が見えます。この先に旧国鉄の大社駅があります。
イメージ 12

先ほど構内で見かけたオレンジ色の旧型車は、駅舎横から回り込むと直接見学することができます。
日本最古級の電車、デハニ50形・52号車です。
イメージ 13

外から眺めていると同じく見学に来ていた若者ファンが電車についていろいろと解説してくれました。彼はこういう電車に興味があるようで、この後実際にデハニを体験運転してくるとのことでした。一畑電車ではそんなイベントも行っているんですね。

デハニは車内見学も可能でした。
イメージ 14

運転席はめっちゃ狭いですね・・・運転手さんは大変だったのではないかと思います。
イメージ 15

車内には映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」のポスターもありました。この電車は実際に撮影に使われたんですね。
イメージ 16

さて、デハニの見学も終えていよいよ出雲大社に参拝に行くこととします。

行程:川跡(4出雲大社前行)出雲大社前(徒歩・出雲大社)

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply