15GW山陰駅巡り(8) 境線 境港駅 ~ゲゲゲの鬼太郎の駅~

きゃみ

米子駅から境線の気動車に乗車しました。
この線は今回寄り道乗車なので、車掌さんから境港までの往復乗車券を購入です。
イメージ 1 イメージ 2

境線は弓ヶ浜半島のど真ん中を港までほぼ直線に進んでいきます。
途中、大篠津町駅の駅名標。境線の各駅には妖怪の愛称がつけられています。
ここは<砂かけばばあ駅>ですね~
イメージ 15

米子空港駅
後方には空港への連絡橋があります。この辺りは滑走路拡張を機に空港を迂回する形に作り直されたそうです。路線はこの部分だけがぴょこっと曲がっています。
イメージ 16

ちなみに途中の駅では鬼太郎シリーズ列車との列車交換が何度かありましたが、残念ながら撮影はできませんでした;

米子から45分ほどで列車は終点の境港駅に到着です。通常の駅名標もありますが・・・
イメージ 3 イメージ 4

もちろん妖怪駅名標もあります。愛称はずばり<鬼太郎駅>
イメージ 5

駅構造は頭端式ホーム1面2線。駅舎側に線路終端があります。
blog_import_5d5d643d6ae61.jpeg

駅舎入口にはさっそく水木しげるの世界が広がります。
イメージ 6

駅舎内も・・・
イメージ 8 イメージ 7

駅舎は港町だけあって灯台風です。
イメージ 9

駅の横にはみなとさかい交流館があります。この裏側から隠岐汽船が発着するそうです。
イメージ 14

駅前には様々な妖怪オブジェがいます。
こちらは水木しげるご本人でしょうか?子供がオブジェと同化しています(^_^;)
イメージ 10

こちらは「河童の三平」たち
イメージ 11

ポストの上には鬼太郎がいます。
イメージ 12

ガイドマップにもいますね~
イメージ 13

・・・と、まもなく上り列車の発車時間です。
イメージ 17

境線や境港駅は好きな人にはたまらない場所かもしれませんね~。しかし、キャラクターがキャラクターだけに子供達にはどのように映ってるのでしょうかね?(^_^;)
さて、折返し米子に戻って山陰汽車旅を続けます。

行程:米子(1657D境港行)境港(1660D米子行)米子(289M西出雲行)松江

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply