15GW山陰駅巡り(5) 若桜鉄道若桜線 若桜駅 ~蒸気機関車の佇む駅~

きゃみ

郡家駅から若桜鉄道若桜線の気動車に乗車しました。

乗車した車両はWT3300形の「宝くじ号」です。そういえば「宝くじ号」は四国の土佐くろしお鉄道でも見かけました。全国各地の第三セクターで活躍しているようですね。
形式のWTとはおそらく「若桜」の"W"、「鉄道」の"T"でしょうかね??他にもWT3000形という車両があるそうで、そちらには「さくら1号」や「さくら3号」という愛称があります。

途中の因幡船岡駅では案山子さんがお出迎えです。
イメージ 1

次の駅は以前からうわさで聞いたことがあった隼駅です。
駅名の珍しさもさることながら、ここには旧型電気機関車と12系客車が展示されています。
オロ12 6 グリーン車ですね。
イメージ 2

こちらは帰りに車窓から撮った写真。旧北陸鉄道電気機関車 ED301
イメージ 3

車内で後方展望です。こちらは安部駅
イメージ 4

畑の中をまっすぐ突っ切ります。
イメージ 5

八東駅こちらには有蓋車”ワフ”が置かれていました。
イメージ 6 イメージ 7

そして終点の若桜駅に到着です。もちろん案山子さんもお出迎えです。
イメージ 8

駅名標は国鉄風。
イメージ 20

構内には青い12系客車と白い気動車「さくら3号」がいましたが、
イメージ 21

更に目についたのは機関車たちでした。
イメージ 11

機関車たちがいる場所には入場が可能です。SL用の給水塔がありますね。
イメージ 12

転車台もありました。
イメージ 13

蒸気機関車のほうはC12 167。
イメージ 14

ディーゼル機関車のほうはDD16 7。こちらもめったに見ない形式です。
イメージ 15

これらの機関車は12系客車を牽いて実際に走行することもあるそうです。

機関車のいるところから駅全景を撮影。
イメージ 16

改札を出て駅舎撮影。
イメージ 9

駅舎やプラットフォームは登録有形文化財として登録されています。
イメージ 10

他にも構内の給水塔や転車台、はたまた橋梁、先ほどの因幡船岡駅や隼駅、八東駅などの駅舎も登録されているそうです。

硬券入場券は若桜駅だけでなく隼駅のものも販売されていました。
イメージ 17 イメージ 18

さて、折返し鳥取行きの出発時間となりました。
10分ほどの短い滞在でしたが、なかなか中身の濃い滞在ができました。
イメージ 19

行程:郡家(1335D若桜行)若桜(1338D鳥取行)鳥取

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply