休日おでかけパス15春(7) 川越線 川越駅と西武新宿線 本川越駅

きゃみ

小川町駅から乗車した八高線2連気動車もハイカーや学生で大混雑でした。

高麗川駅で川越線川越行きの電車に対面乗換え。こちらはガラガラ状態です。
イメージ 1

途中、武蔵高萩駅で列車交換のためしばらく停車。
イメージ 2

橋上駅舎の南口、「さくら口」というそうです。よく見ると瓦葺屋根ですね。
イメージ 3

そして列車は川越駅の4番線に到着です。
イメージ 4

川越線は、ここ川越駅で運転系統が分断されており、ここから先の列車は埼京線を経由してなんとりんかい線の新木場駅まで乗り入れています。
イメージ 5

JRの駅構造は相対式2面3線で3~6番のりばとなっています。中線は4・5番のりばのどちらからも乗降可能で普段は高麗川方面の電車が発着するようです。3・6番のりばは大宮方面列車が発着するため、対面乗り継ぎが可能な構造となっています。
また、東武東上線も乗り入れており1・2番線に発着しますが、小川町駅などとは異なり改札を抜けないと構内には入れません。

川越の街は"小江戸川越"といわれ蔵造りの町並みや、江戸時代から鳴り続ける"時の鐘"などなど観光地の面もあります。次回はじっくりと訪問してみたいところですね。

まずは東武側の東口に出てみました。以前来た時から随分の変わりようです・・・。
川越は急速に発展してきたんですね。
イメージ 7

ここから少し北側に位置する西武新宿線終点の単独駅、本川越駅を訪問しようと思います。
賑やかなクレアモールを北上します。
イメージ 8

途中、周りとは雰囲気の異なる場所にでくわしました。
西雲寺というお寺の入口でした。三体のお地蔵さん伝説の残るお寺です。詳しくは「カワゴエール」を検索してみてください。
イメージ 9

敷地内には桜がまだ残ってました。
イメージ 10

しばらく歩いて西武池袋線の本川越駅に到着です。
こちらのほうが川越駅よりも開業は古く、元祖"川越"駅とのことです。
イメージ 11

頭端式ホーム2面3線。副駅名は、「時の鐘と蔵のまち」。
イメージ 12

再び川越駅に戻ります。こちらは西口。路上ライブの準備中かな?
イメージ 13

最後は、6番線でりんかい線乗り入れの新木場行きに乗車して東京に帰ります。
イメージ 6

そういえば知り合いが、朝のりんかい線は時刻通りに来たことがないと嘆いていました。川越線や埼京線の混雑路線に乗り入れる影響があるんでしょうかね。

行程:小川町(240D高麗川行)高麗川(1766H川越行)武蔵高萩(同左)川越(1858F快速新木場行)新宿(1928B千葉行)水道橋

ファミマ訪問
591 川越駅東
592 川越クレアモール
593 川越新富町
594 本川越駅前
595 トモニー本川越駅
596 川越脇田本町

休日おでかけパスの万歩計記録(2015/04/19):30,439歩、18.26km、826.7kcal

踏破完了路線:川越線
下車・記録駅累計:433

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply