週末パス15冬(6) 奥羽本線 米沢駅 ~深雪の米沢~

きゃみ

安積永盛駅から東北本線で福島駅に移動。福島駅では新幹線ホーム14番線から山形新幹線E3系「つばさ」に乗車します。
「つばさ153号」は、仙台行きの「やまびこ153号」とここで分割して先行発車します。
イメージ 1 イメージ 14

「つばさ」からの車窓は真っ暗ですが、時折通過する駅の明かりで見える雪深い中を静かに進みます。
次の停車駅、米沢駅の1番線に到着。ここで一泊するためで下車します。
blog_import_5d5d5aeb50080.jpeg

1番線ホームの様子。
blog_import_5d5d5ae915d51.jpeg

1番線ホームを福島方に進むと、切欠き構造の米坂線4番線があります。
イメージ 13

更にその奥に切欠き5番線があるという変わった構造です。
イメージ 3

駅舎はなかなか立派です。
イメージ 4

ここで予約した宿は駅の東側にあります。駅舎は西側にありますが、東口があるのを知らず・・・線路を越える道路橋まで雪道をぐるっと大回りしてしまいました。

途中のラーメン屋で夕食、あったかくて美味しかったです。店を出た後、店員さんが忘れ物を届けに来てくれたのには助かりました。そして宿に到着です。
イメージ 5

さて、翌日は2通りの行程を考えてました。
 ①福島に戻って福島交通→阿武隈急行
 ②ここから米坂線→山形鉄道→左沢線
しかし、この雪と寒さもあって②のほうは躊躇してしまいました。雪の無いときにいつか行ってみたいです。

翌朝、窓を開けてみるとそこは雪国でした。
イメージ 6

出発します。宿から駅へ向かう道。結構積もってます。
イメージ 7

米沢駅の東口はすぐそばにありました。。
イメージ 8

早朝の米沢駅構内を撮影です。
1番線の新幹線E3系「つばさ120号」東京行き
イメージ 9

2番線の719系奥羽本線山形行き425M
イメージ 10

4番線のキハE120形は米坂線羽前椿行き1127D。
昨夜以上に雪が降り積もってます。夜中に結構降ってたようです。
イメージ 11

ここからは始発の福島行きに乗車して峠駅に向かいます。

行程:安積永盛(1161M福島行)福島(つばさ153号山形行)米沢[泊](420M福島行)

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
風旅記  
No title

こんにちは。
お写真楽しく拝見しました。
一晩で、驚く程に積もることがありますね。列車が埋もれてしまうのではないかと思う程の時があります。重たい雪がいつまでも長く降っている、そんなイメージです。
つばさ号は次々とやって来ますが、板谷峠を越える普通列車は本数も少なく、山中の駅はどこもローカル線の小さな駅の風情です。
真冬の早朝、峠駅に向かう始発列車は、雪にくぐもった音を立てて静かに走って行ったのではないかと想像しています。
楽しく拝見させて頂きました。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

2017/04/15 (Sat) 15:04 | EDIT | REPLY |   
きゃみ  
No title

> 風旅記さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
訪問時前夜は雪は全く降っていなかったので、朝窓を開けた時は驚きました。一晩中降り続いたようですね。
板谷峠を越える普通列車はたったの6往復です。途中赤岩駅のように休止したままの駅もありますね。各駅は雪に閉ざされていました。ただ、峠駅はスノーシェッドで守られているので独特の雰囲気を醸し出していました。吹雪の時に下車したのは貴重な体験になりました。

2017/04/15 (Sat) 22:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply