四国九州横断駅巡り23夏(39) 豊肥本線 豊後竹田駅 ~「荒城の月」・・・岡城城下町の玄関口~

きゃみ

大分駅から豊肥本線の豊後竹田行きに乗車しました。

列車はまず高架上を走り、大分川を渡るとそれまで並走していた日豊本線と別れて南下を始めます。分岐点は「下郡信号場というそうです。
豊肥本線は全線単線。滝尾駅中判田駅菅尾駅と頻繁に列車交換を行いつつ三重町駅に到着。ここで7分ほど停車。その間に三重町始発の大分行きが出発していきました。更には緒方駅で交換があり・・・

終点の豊後竹田駅に到着しました。1番線の到着です。時刻は8時前。
P1350655_豊後竹田_R P1350657_豊後竹田_R

豊後竹田駅は大分県竹田市会々にある竹田市の代表駅。読みは「たけたしあいあい」。面白い地名ですが、それよりも竹田の「た」が濁らないことを今更ながら知りました^^;

竹田市といえば、滝廉太郎が「荒城の月」作曲の着想を得たといわれる岡城の城下町。駅名標のアイコンは岡城址の石垣だと思います。列車が到着するとそのメロディが駅構内に流れるらしいのですが・・・前回訪問時は聞いたのですが、今回は何故か記憶がありません・・・。

豊肥本線における大分県側の節目の駅で、当駅で折り返す列車が多く、熊本方面は1日に特急3本、普通列車5本・・・と極端に少なくなります。

駅構造は築堤上にある島式ホーム1面2線で南東側から1~2番。南東側にある駅舎とは地下通路で連絡しています。
大分方からの様子。左(南東)から1~2番。1番線の赤い気動車は当駅折返しの次発大分行き。
P1350661_豊後竹田_R

2番線の黄色い車両はキハ125-114の単行。豊後竹田の表示のままでいつ動くのかわかりません。
P1350667_豊後竹田_R

熊本方からの様子。駅舎は右端。左の駅裏側に側線が何本かあります。
P1350658_豊後竹田_R

ホーム中ほどの様子。城下町の駅でよく見かける"なまこ壁"柄が見られます。
赤い気動車の大分行きはこのすぐ後に出発していきました。
P1350659_豊後竹田_R

こちらは後ほど撮った大分方面。北側に断崖絶壁がそびえ立っています。
手前の大きな建物も気になりますね。何かの工場でしょうか。その奥に鳥居が見えます。そちらは地図上にありました。「岩下火伏稲荷神社」。右下の黄色い気動車は当駅止まりが入線するところです。
P1350683_豊後竹田_R

そしてあの断崖絶壁には滝が流れています。流れているはずなのですが・・・
P1350663_豊後竹田_R

ここには「落門の滝」と呼ばれる滝が流れており、ホーム端にその案内板が立っています↓
7年前の訪問時には滝が見えたのですが・・・今回は私の目からは見えませんでした><
7年前の様子→→16年冬の豊後竹田駅。"流れる"よりも"落ちる"という表現のほう良いですね。
P1350662_豊後竹田_R

それでは駅舎に向かいます。
築堤上にあるホームからは屋根しか見えませんが、瓦葺が素晴らしく立派なのが印象的です。
P1350668_豊後竹田_R

階段を下って改札口へ。地下通路は「トンネルギャラリー」になっていて、いくつか展示物が並べられていました。広瀬武夫の訓示のようなものがありましたが、彼は竹田出身だったんですね。「広瀬神社」もあるそうです。
P1350669_豊後竹田_R P1350670_豊後竹田_R

改札窓口の様子。当駅はみどりの窓口のある直営駅だそうです。
この右側に待合室があります。観光案内所もあるようなのですが、朝早すぎたのか記憶が・・・。
P1350671_豊後竹田_R

これはなんでしょか? 検索したところ「姫だるま」という竹田の伝統工芸品だそうです。
P1350672_豊後竹田_R

そしてこちらが駅舎正面。駅が開業した1924(大正13)年10月からの建物を1987(昭和62)年4月の国鉄分割民営化の頃に武家屋敷風に改修したものだそうです。改修前の姿はどんなだったかも見てみたいです^^;
P1350675_豊後竹田_R

岡城を意識したと思われる外観。立派ですね~。
駅前広場には松の木や「時の流れ」という裸像がありました。駅構内も含めて"風流な"印象があります。
P1350674_豊後竹田_R

駅周辺を少し散歩します。駅前通りを進むと橋になっていました。「竹田橋」だったかな。
その南詰から望む。断崖絶壁を背景にした武家屋敷風・・・なかなかの景観です。
P1350678_豊後竹田_R

川の名は「稲葉川」。こちらは上流方面。
P1350677_豊後竹田_R

こちらは下流方面ですが、川沿いに遊歩道がありました。
P1350679_豊後竹田_R

遊歩道をお散歩。対岸には立派な建物が見えました。
左の大きなのは「花水月」という日帰り温泉施設のようですね~。右奥はお寺さんかな。
P1350680_豊後竹田_R

さて、駅に戻ります。時刻は8時半。次の熊本・阿蘇方面の列車は・・・9時台の「九州横断特急」。普通列車となると10:44発の宮地行きまでありません・・・。前回は「九州横断特急」に素直に乗り継ぎました。当時の「九州横断特急」は肥薩線の人吉駅まで走ってたんですよね~。しかし、今回はケチって18きっぷ範囲内で行きます^^;

10:44までは待たずに"行ったり来たり戦法"しようと思います。
大分からやってきた当駅止まりがすぐに折り返しの大分行きとなりました。乗車しましょう。
乗車車両はキハ125形の2連先頭キハ125-17。ボックス席確保です。時刻は8:41。
P1350684_豊後竹田_R

行程:大分[泊](4422D大分発豊後竹田行)豊後竹田(4439D豊後竹田発大分行)三重町

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
鉄道コム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply