四国九州横断駅巡り23夏(34) 日豊本線 下ノ江駅 ~大正期の木造駅舎とお稲荷様の長閑な駅~

きゃみ

臼杵駅から日豊本線上り列車の亀川行きに乗車しました。
列車はまず内陸側に進んですぐに"かみう駅"に停車。ここから北に向きを変え、臼杵川や末広川を渡って熊崎駅に停車。どちらも大正期の木造駅舎が残る下車候補駅です。

そして次に停車する駅が下ノ江駅。ここで下車することにしました。
2番線の到着です。
P1350543_下ノ江_R P1350544_下ノ江_R

下ノ江駅は大分県臼杵市田井にある日豊本線の無人駅。
「下ノ江」という地名は、佐賀関半島の南側の付け根にある豊後水道に面した町で、造船所などがあるようですね。ただ、駅はそこから結構内陸側にあるお隣「田井」という地区にあります。長閑な地でした。

駅構造は島式ホーム1面2線で東から1~2番。東側、つまり海側にある駅舎とホーム間は大分方の跨線橋で連絡しています。配線図を見た限り、大分~臼杵間の中小規模の駅は"島式"がトレンドだったようです。

まず大分方から見た様子。ホーム上屋がなく広々としていてオープンな印象。
線路は上り2番線。アウトカーブです。
P1350545_下ノ江_R

宮崎方から見た1番線。2番がアウトということは1番がインカーブになります。
P1350547_下ノ江_R

左(西)にずれて2番線の様子。ホーム中ほどに待合室があり、確か券売機が置かれていたと思います。
その奥には跨線橋が見えます。そちらに向かいます。
P1350546_下ノ江_R

跨線橋から見たホーム。奥が宮崎方面。正面の丘の向こうに臼杵湾があります。
P1350549_下ノ江_R

振り返って大分方面。線路は引き続き左カーブ。そして右にあるのが駅舎です。
P1350550_下ノ江_R

駅舎側から見た構内の様子。この庇の造りなどは一昔前の建物という感じがします。
P1350558_下ノ江_R

駅舎内の様子。独特の字体で「きっぷうりば 全線」と書かれた窓口。それに並んで手荷物取扱用と思われる窓口もあります。白壁に置かれたベンチなど、これは2,3世代前の造りですね♪
P1350552_下ノ江_RP1350551_下ノ江_R

そして駅舎外観。駅の開業は1915(大正4)年8月。駅舎は開業時のものだと言われています。つまり築100年以上。
P1350553_下ノ江_R

駅前の様子。駅前は広々としており、隣に駅施設と思われる建物もあります。
P1350555_下ノ江_R

振り返ると、長閑な風景が広がっていました。
P1350556_下ノ江_R

駅舎の傍らを覗いてみると小さな鳥居が連なっています。
「鳥越稲荷神社」というそうですが、駅敷地内に神社があるんですね。
P1350557_下ノ江_R

神社にはそれぞれに建立された理由や謂れがあると思いますが、このお稲荷様にもあるようです。手前にある立札にそのことが記載されていました。そのまままを以下に記載します↓
ちなみにWikipediaの「下ノ江駅」のページ(の歴史の項)にも建立の理由などが記載されているのですが、そちらは現実的な表現になっていて、この文と比較してみると面白いと思います。

大正の始め当地に鉄道建設工事が着手され鳥越の山岳を堀ることになったので請負人が、山狐の巣屈に出向いて立退き方を哀願した後工事に入ったのですが、不慮の災厄が続出して死傷事故が相次ぎ発生したので、作業員は恐れをなして日毎に減少し、工事中断の事態となってしまいました。関係者は驚き、近くの原野に稲荷大明神を奉祀したところ、災害はたちまち止まり作業員も次々復帰し、工事も進捗して大正四年八月十五日、下ノ江駅が開業できました。ところが、開業後は祭祀をする人もなかったので、稲荷大明神の祠は荒廃して、山狐は再び悪事をはたらきだして災害は増加してゆきました。工事の際に構築された下ノ江駅構内と、近辺の人家でそれらを呪うように深夜怪火が飛びかい妖魔出没して、駅員および付近住民の災厄が頻発し、 旅客公衆の死傷事故も相次ぎ変死病没と思われるものが21名にもおよびました。当時の武田一郎駅長は、深く心をいため稲荷神社を奉祀することによって必ず災厄がなくなることを信じ、駅前空地に高さ六尺余りの石台を建て、 昭和五年十一月三日の佳節を期し盛大な開眼の式を挙行、あわせて犠牲者に対しても供養を行いました。その日以後災厄は全然あとをたって関係者の健康も回復しました。それ以後毎年十一月三日に祭典を行い、今日に至っております。


滞在約20分。まず下り列車がやってきました。この時間帯は1時間に1本程度のダイヤです。上り列車はまだ来そうにないので、これに乗車してしまおうと思います。
P1350559_下ノ江_R

乗車するのは1番線にやってきた佐伯行き。乗車車両は3連先頭のクハ812-3106。"行ったり来たり戦法"で下車駅を稼ごうと思います。

行程:臼杵(4646M臼杵発亀川行)下ノ江(1629M大分発佐伯行)上臼杵



※おまけ。少し前にKANさんの「愛は勝つ」の話をしましたが、今回はその中で話題にしたビリー・ジョエルの曲を。
ビリー・ジョエルといえば何といってもこの曲です・・・Billy Joel - Piano Man
ピアノとハーモニカの名曲。こういった物語り的な曲、いいですね~。
「雨の降る夜にはビリジョー・・・」

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
鉄道コム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply