四国九州横断駅巡り23夏(31) 予讃線 伊予平野駅と八幡浜駅 ~九州へのフェリー港の玄関口~

きゃみ

内子駅から八幡浜行きに乗車して内子線と予讃線を西進再開です。

伊予若宮信号場で旧線が合流すると伊予大洲駅に到着。8分間停車します。
伊予大洲を出発すると肱川を渡ります。「肱川橋梁」です。ここは大洲城と橋を渡る列車の有名撮影スポットだと思いますが、車内から見るとこんな感じ。もう少し窓がきれいだとよかったんですが・・・。
P1350459_大洲城(大洲~西大洲)_R

列車は川を渡って2駅目の伊予平野駅に到着です。この駅では上り「宇和海」との交換で7分停車します。
P1350462_伊予平野_R P1350466_伊予平野_R

伊予平野駅は愛媛県大洲市平野町野田にある予讃線の無人駅。駅構造は相対式ホーム2面2線で東から1~2番。小さな駅舎が1番ホームの東側に面しており、ホーム間は伊予大洲方の構内踏切で連絡しています。

1番ホームから見た伊予大洲方面。構内踏切はこちらにあります。
P1350463_伊予平野_R

構内踏切から見た駅構内。線路は左(東)から1~2番。1番線に停車中のキハのすぐ横に駅舎。ホーム配置が千鳥式なので、右端の2番ホームへは構内踏切から更に通路を歩いていく必要があります。
P1350464_伊予平野_R

1番ホームから見た八幡浜方面。
こちらは島式のような形状になっており、切欠きに側線があります。
P1350465_伊予平野_R

駅舎外観。無人化前提の簡易的な駅舎です。駅は1936(昭和11)年9月の開業。当時は木造駅舎があったそうですが、1986(昭和61)年3月に無人化されたのと同じ頃に現駅舎に改築されたそうです。ダウンサイジング・・・
P1350461_伊予平野_R

上り特急の通過を見届けて出発となります。駅を出ると夜昼トンネル」という長いトンネルで夜昼峠を抜けます。読みはそのまんまの「よるひる」・・・変わった名前ですよね。

トンネルを抜けると八幡浜市に入って2駅目、終点の八幡浜駅に到着しました。
3番のりばに到着です。
P1350467_八幡浜_R P1350468_八幡浜_R

八幡浜駅は愛媛県八幡浜市江戸岡にある八幡浜市の代表駅。八幡浜市は日本一長い半島といわれる「佐田岬半島」の付け根に位置しており、北に伊予灘、西に宇和海、と2つの海に面しています。八幡浜駅はこのうち宇和海に面した港町の内陸寄りにあります。九州へのフェリー港や佐田岬への玄関口となっており、駅前からバスが出ています。

この駅が四国最西端の駅になるそうですね~。ずっと宇和島駅だと思っていました。予讃線はこの駅を出るとクランクの3つ目の角を直角左折して南南東に向かっています。

駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線で北から1~3番。駅舎は単式1番ホームの北側に面しており、ホーム間は宇和島方の跨線橋で連絡しています。

島式2,3番ホームの松山方からの様子。運転線路呼称でいうと・・・線路は右(北)から1~3番。1番線が上り本線、2番線はホームに面していない中線、3番線が下り本線で2番のりばになります(ややこしい・・・)。
P1350469_八幡浜_R

左にずれて撮影。キハは上下待避線の4番線(3番のりば)に停車中。その外側には側線が多数並びます。
かつてはミカンなどの出荷、港への積み出しなどが盛んだったのかな~と想像します。
P1350470_八幡浜_R

単式1番ホームに面した駅舎。こちらから見るとシンメトリックでお洒落な洋風建築に見えますね。
P1350471_八幡浜_R

宇和島方にある跨線橋から見た様子。立派なホーム上屋。
P1350473_八幡浜_R

振り返って宇和島方面。正面の山を越えると宇和海があります。この辺りはリアス式海岸になっていて、あの山の向こうに「諏訪崎」というギザギザの岬があるようですね。線路は山の手前で左(南)に急カーブしていきます。
P1350474_八幡浜_R

駅舎内の様子。みどりの窓口もある直営駅です。
天井が高く明り取り窓もあって開放的な雰囲気。すぐ右側に和風の密閉型待合室が置かれており、その隣にはコンビニも入居しています。松山駅以来のお店の入った駅です。
P1350476_八幡浜_R

そして駅舎外観。1939(昭和14)年2月の開業時からの建物だそうです。駅構内側から見るよりも近代的に見えるのは、青い車寄せのせいでしょうかね~。駅前にはバス停やタクシーも並びます。
P1350477_八幡浜_R

正面から見ると・・・印象としては長門市駅の駅舎に似ていると感じました→→山陰本線の長門市駅
P1350478_八幡浜_R

さてさて、当初の計画ではここから予讃線を進んで宇和島へ、更に予土線に乗車して高知県に出るつもりでした。が、直前になって予定を大幅変更・・・フェリーに乗船して九州に上陸してしまおうということになりました。
八幡浜港からは別府や臼杵行きの宇和島運輸フェリー、佐田岬半島の先にある三崎港からも佐賀関港に向かう国道九四フェリーがでているそうです。

三崎港はかなり遠いので、今回は八幡浜港に行こうと思います。駅からは街中を真っすぐ西に進んで約2キロの道のり、徒歩で28分の計算。普段なら歩いていくところですが、次の船便までの時間がなかったのと、バスの時間も合わなかったので、タクシーで行くことにしました。ちなみに駅舎の前にいるのと同じ会社のタクシーでした。
~つづく~

行程:内子(4631D松山発八幡浜行(内子線経由))八幡浜(丸之内ひかりタクシー)八幡浜港

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
鉄道コム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply