四国九州横断駅巡り23夏(25) 予讃線 伊予上灘駅 ~「愛ある伊予灘線」の絶景区間へ~

きゃみ

前日ラストは高浜線を乗り終えて伊予鉄道を全線踏破完了。三日目は予讃線で四国横断再開します。

朝5時半に連泊したホテルをチェックアウトして、早朝の松山駅にやってきました。
P1350333_松山_R

18きっぷで入場すると、1番線にはN2000系の特急「宇和海」が既に入線済み。1号の宇和島行きです。もちろんこれには乗車しません^^; ちなみにこれに乗車すれば7時10分には宇和島に到着します。
P1350334_松山_R

これから乗車する普通宇和島行きがお隣2番線に入線してきました。跨線橋から覗くと、これは・・・
P1350336_松山_R

これは特急型のキハ185系ですね~、ラッキー? 前面表示は「宇和海」と見せかけて「宇和島」になってます。
P1350337_松山_R

乗車車両は2連先頭キハ185-3109。この形式は普通列車仕様に改造されちゃった3100番台だそうです。改造されてどう変わったかというと、トイレが無いらしいです。それと、一番前の右側クロスシートに着席しましたが、座席がリクライニングできませんでした。それを除けば特急時代と変わらないのでは、と思います。少なくともキハ54キハ32と比べればずっと快適です。

さて、列車は宇和海が出発した3分後に出発となりました。時刻は5:51。
車窓をのんびり見ていると・・・市坪駅ではすぐそばに野球場が見えました。「坊っちゃんスタジアム」というそうですが、"伊予で野球"といえば正岡子規ですよね~。北伊予駅では「しおかぜ」?の回送を確認。南伊予駅では電留線とコンテナを確認。そして伊予市駅8分ほど停車します。空交換??

伊予市駅を出ると非電化区間に入ります。まず高架に上がって向井原駅に停車。
停車中に前面展望。ここから予讃線は新線と旧線に分かれます。真っすぐが内子方面の新線、右分岐が伊予長浜方面の旧線です。信号は「内子方」が赤、「いよ長浜方」が青。つまりこれから旧線に向かいます。
P1350338_向井原_R

ここからは楽しみにしていた区間です。
旧線に入るとすぐ地上に降り、木々がトンネル状と化した森の中に突入。高野川駅あたりからは右手の視界が開け、高い位置から海を見下ろすようになります。旧線の伊予市(向井原)~伊予大洲間は「愛ある伊予灘線」という愛称が付けられているとおり、(愛あるは?愛媛をかけてると思いますが・・・)伊予灘沿いを進みます。
P1350339_予讃線(向井原~伊予上灘)_R

手前の道は国道378号。山と海の間の狭いところを通っています。線路を敷くには海岸沿いのスペースが無い状況で、崖上に通すしかなかったという状況でしょうかね~。

そして列車は旧線2駅目の伊予上灘駅に到着しました。
2番線に到着。この駅ではなんと16分間停車します。トイレ休憩には良いかも?
P1350341_伊予上灘_R P1350342_伊予上灘_R

伊予上灘駅は愛媛県伊予市双海町高岸にある予讃線の無人駅。旧所在地の伊予郡双海町の中心的な駅だったそうですが後に伊予市と合併。駅名にある「上灘」という地名は隣の地区にあって、そちらに街があるようです。
「灘」と付く通りで海が近く、そばにある「ふたみシーサイド公園」には海水浴場や道の駅もあるそうです。ただ、駅自体は山の中にあるような雰囲気がありました。

駅構造は相対式ホーム2面2線で西から1~2番。駅舎は1番ホームの西側(海側)にあり、ホーム間は駅舎正面の構内踏切で連絡しています。

16分間あるのでゆっくり駅観察♪
まず停車中のキハ185。前方が"3109"、後方は"3103"でした。どちらも国鉄時代の1986(昭和61)年製。
P1350340_伊予上灘_R P1350352_伊予上灘_R

1番ホーム宇和島方から。列車は2番線に停車中。千鳥式の配置で両ホームは完全にずれています。ちなみに旧線は一線スルー化されていません。といいますか、松山より先は新線区間以外はみなそうらしいです。
P1350345_伊予上灘_R

構内踏切は両ホームの先端にあります。両方面の列車が構内踏切を挟む形で停車する構造。
P1350349_伊予上灘_R

2番ホームから見た様子。構内踏切の先に駅舎があります。
P1350355_伊予上灘_R

2番ホームの松山方から。右端に駅舎に突き当たる形の側線らしき線路がありました。
P1350353_伊予上灘_R

駅舎内の様子。駅舎は直接ホームに面しておらず階段があります。
P1350348_伊予上灘_R

舎内の壁には色紙などがたくさん並べられていて賑やかでした。トイレがあるか未確認でしたが、ラッチに文字がありますね^^;
P1350347_伊予上灘_R

駅舎外観。コンパクトな木造平屋建てです。駅の開業は1932(昭和7)年12月。駅はその当時からのものだそうです。ちょっとした飾り付けがいいアクセントになってます。
P1350346_伊予上灘_R

停車すること15分近く・・・対向列車がやっと到着です。先頭はキハ32のトップナンバー。この後こちらがすぐ出発となりましたが、あちらは4分停車するそうです。やっぱりトイレ休憩?
P1350354_伊予上灘_R

16分間もの長時間停車・・・旧線内の中間駅は全部で11駅。そのうち交換可能な駅は、伊予上灘伊予長浜伊予白滝の3駅。列車本数と比べて数が少ないことが影響してるのかもしれませんね。

行程:高浜(413高浜発横河原行)大手町[泊]/松山(911D松山発宇和島行)伊予上灘(同左)

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
鉄道コム

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply