北陸駅巡り23夏-富山黒部編(44) 大糸線 豊科駅 ~スイス風駅舎の北アルプス登山下車駅~

きゃみ

信濃大町駅から大糸線の松本行きに乗車しました。
大糸線は絶景路線のひとつ。右手に北アルプスの山々を見ながら南下します。

さて・・・東京までは18きっぷで各停を乗り継いで帰りますが、松本駅から乗車する列車は大月行きのロングランと決めています。それまで大糸線内でひと駅くらいは下車できる時間がありそうです。この区間で未訪問の下車候補は2つ。穂高駅豊科駅

今回は豊科駅で下車することにしました。1番線の到着です。
P1340792_豊科_R P1340793_豊科_R

豊科駅は長野県安曇野市豊科にある大糸線の駅で、北アルプス登山の下車駅のひとつ。元々は南安曇郡豊科町の駅でしたが、現在は周辺の町村と合併して発足した安曇野市の市役所最寄りの代表駅となっています。

駅構造は島式ホーム1面2線で東から1~2番。東側にある駅舎とは地下通路で連絡しています。
松本方から見た様子。線路は右から1,2番。両側に側線を持っています。
P1340794_豊科_R

糸魚川方から見た様子。左手(東側)に駅舎があります。
P1340796_豊科_R

糸魚川寄りには「裸婦立像」という彫刻が立ってました。高田博厚さんという方の作品で、市役所の近くにある豊科近代美術館に常設館があるそうです。ちなみに"ホーム端の像"で思い出す駅といえば・・・浜松町駅の小便小僧ですかね~。
P1340797_豊科_R

ホーム中ほど。上屋のある場所に地下通路への狭い階段があります。
地下通路は右奥に見える駅舎の南側に繋がっています。
P1340795_豊科_R

地下通路を通って・・・改札口の様子。自動改札の先を左に折れると地下通路です。
みどりの窓口のあるJR東日本の直営駅で、下車印いただけました。駅舎内は広くはないのですが、この手前左手に密閉型の空調管理された小型待合室がありました。助かります。
P1340798_豊科_R

そしてこちらが駅舎の外観。この写真を見て下車することに決めました。ハーフティンバー様式というんですかね? スイス風の駅舎です。駅名板には駅の東方にある「犀川白鳥湖」がデザインされているそうです。
P1340799_豊科_R

駅の開業は1915(大正4)年1月。前回の記事でお話した信濃鉄道が松本方面から信濃大町まで延伸する過程で一時的な終着駅として開業。駅舎は2010(平成22)年3月に大規模なリニューアルが施されたそうなのですが、駅舎の基礎は開業時のものといわれているそうです。
P1340802_豊科_R

駅前の様子。駅前広場にもホームと同じ作者の「空」と「地」という二つの作品が置かれています。
P1340801_豊科_R

そして、駅前通りが真っすぐ伸びています。この道をずーっと進むと、犀川を渡った先に篠ノ井線の田沢駅があるそうです。道のり4キロ弱。篠ノ井線が意外に近いんですね。
道中は「グルメ街道」といって様々なチェーン店が並んでいます。駅間徒歩の抜け道散歩には良さそうですね。

さて、次発の松本行きが1番線にやってきました。乗車しましょう。
P1340803_豊科_R

乗車車両は2連後方車両のクハE126-102。今回はロングシートに着席することになりました。
15:27の発車。右手に穂高岳を見て列車は南下します。

行程:信濃大町(5240M信濃大町発松本行)豊科(4242M信濃大町発松本行)松本

にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ
鉄道コム

Comments 2

There are no comments yet.
四季彩  
おはようございます。

JR東日本は地方線区にも走るんです電車を導入しています。ローカル線の良さが台無しです。僕も青春18きっぷの旅で、八王子から普通松本ゆきが115系なのに、松本で乗り継いだ普通長野ゆきがE127系で、しかもたった2両ワンマン。勘弁してくれ~と思いました。何とかロングシートに座れましたが、立客も多かったです。。走るんです電車に長距離乗るときは、グリーン車一択です。
ムーンライト信州が白馬まで乗り入れていたので、大半が松本止まりのあずさ号より便利だったのかもしれません。乗客も登山客が多く、鉄道ファンは少なかったです。ムーンライト信州の恩恵を一番受けていたのが、アルピコ交通でした。ムーンライト信州の各停車駅から、早朝に接続する臨時バスを多数運転しており、松本からは上高地線にやはり早朝接続する臨時電車を運転していました。この電車は、僕は乗っていませんが、途中駅ノンストップで新島々ゆきでした。また、僕が白馬駅で食べた駅そばも、ムーンライト信州の恩恵を受けていました。後続の南小谷ゆきまで30分くらいの接続時間があったので、駅そばも繁盛していました。大垣のようなダッシュは無縁でした。

2023/10/10 (Tue) 05:32 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
E127系

>四季彩さん
大糸線のE127系は車窓に雄大な山々を望めて快適旅でした。

2023/10/11 (Wed) 00:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply