西日本完乗への道-紀伊半島編(27) 紀勢本線 和歌山駅 ~きのくに線で紀伊半島の南下開始♪~

きゃみ

和歌山市駅から紀勢本線の和歌山行きに乗車しました。
紀勢本線といっても和歌山~和歌山市の末端区間は今は名ばかりの区間。"盲腸線"といった表現がぴったりで、運転系統は完全に分断されています。元々は紀和鉄道、つまり現在の和歌山線の延長区間だったそうです。航空写真を見るとよくわかります。

列車は次の紀和駅を出発すると右カーブしつつ阪和線を潜って東側に出ます。今度は左手から和歌山線が合流してくると、終点の和歌山駅に到着です。
8番線の到着。列車はすぐに折り返しの和歌山市行きとなりました。
P1330192_和歌山_R P1330191_和歌山_R

和歌山駅は和歌山県和歌山市美園町にあるJR西日本と和歌山電鐵の共同使用駅。和歌山市の代表駅です。
乗り入れ路線は、JR西日本としては当駅の所属線である紀勢本線、当駅を終点とする阪和線と和歌山線、そして当駅を起点とする和歌山電鐵貴志川線の計4路線。うち紀勢本線は当駅で運転系統が分断されており、新宮方面には「きのくに線」という愛称が付けられています。東西南北+東の各方面に実質5路線が出ているといった要衝です。

駅の開業は和歌山駅(現在の紀和駅)~箕島駅が開業した1924(大正13)年2月のことで、当時は東和歌山駅といっていたそうです。この時には既に南海の和歌山市駅が開業しており、そちらが市の中心駅だったそうです。その後昭和になって、当駅に乗り入れていた阪和電気鉄道が国有化されて阪和線に。1968(昭和43)年2月には和歌山駅に改称。更に前述した和歌山線が紀和駅から当駅に乗換え。・・・などがあって和歌山市の中心駅の役割は和歌山市駅から当駅に移っていったそうです。

駅構造は・・・JR西日本の「JRおでかけネット」から構内図を抜粋して拝借させていただきます。
0622091_8ef8cc26-16f6-4962-9270-eb274c323015.gif

JR西日本が単式ホーム1面1線と島式ホーム3面6線で西から1~8番。その東側に和歌山電鐵貴志川線の1面1線の9番が並ぶ形の計5面8線。駅舎は単式1番ホームに面した西側駅舎と、地下通路で連絡している東側駅舎の2つあります。構内図を見ると改札口は計8か所(後述で便宜的に番号振ります)。うち4ヶ所が中間改札的な役割のものです。

では時系列でいきます。まず列車が到着した7,8番ホームの様子。
7,8番には紀勢本線の和歌山市方面と和歌山線が発着します。配線上で見ると南側は線路が途切れており、北側では一旦単線になってから2方向に別れていきます。この2路線にしか出られない配線です。
P1330189_和歌山_R

このホームの両端では北側に地下通路、南側はJR西日本の構内跨線橋に連絡していますが、その手前にはそれぞれのりかえ改札口があり自動改札が並びます(南と北)。18きっぷ利用者にはちょっと面倒です。
P1330188_和歌山_R P1330190_和歌山_R

構内図を見ると・・・南の端っこのエレベータの位置にも改札口らしきものが置かれています。今回未確認でしたが、左上画像のホーム端を抜けて行った先にも改札機が置かれているようですね~。とすると7,8番ホーム上に改札は計3か所。

今回は右上画像の改札口を抜けて地下道へ。地下道を東に進むと9番ホームへの階段があります。そこを上っていくとホーム入口に和歌山電鐵の改札口があります。今回は入場しませんでした。
P1330194_和歌山_R P1330195_和歌山_R

地下道を更に東に進むと、階段を上った先に東改札口があります。みどりの窓口もあるようです。
P1330198_和歌山_R

東口駅舎の様子。小さな駅舎です。1989(平成元)年11月に改築された建物だそうです。
P1330197_和歌山_R

次は西口に向かいます。右端にちょっと見えますが、駅を潜る東西自由通路が駅舎の右奥にあります。
地下通路を抜けて西口にでてきました。正面玄関にあたる西口は「中央口」と呼ばれているようです。
P1330203_和歌山_R

中央口駅舎は「MIO」という複合商業施設の入った駅ビルで1968(昭和43)年3月の改築。民衆駅のデパート駅舎としては古い部類に入るのではないかと思います。ちなみに和歌山城へは駅正面の道をまっすぐ西へ。

ここから駅舎に入ると正面に中央改札口があります。1番線に「くろしお32号」新大阪行きが到着。
P1330199_和歌山_R


一応、他の2つの改札口については・・・
中央改札の手前を右に進み、2階に上がって商業施設の中を通った先にある「MIO2階改札」構内跨線橋に直結しています。もうひとつは1番ホームに入って左手にある地下通路に直結した「MIO地下改札」
前回訪問時に撮影。左が、右が
P1200289_和歌山_R P1200293_和歌山_R


この日の活動はここまで。駅チカのホテルにチェックインします。今回2度目の利用となりました。
P1330204_サンホテル和歌山_R

近場で夕食にします。初訪問の時はホテルのフロントで教わった新内の和歌山ラーメンをいただきました。それを思い出して、そちらに行ってみましたが、日曜夜だからなのかお目当てのお店は閉店状態><
ここでブロ友さんの昔の記事を思い出しました。駅前に「餃子の王将」があったはず。向かいます(笑)
そちらは開いてました。そこで夕食にしましたが、肝心の餃子が夜遅くて売り切れでした^^;
DSC_0400_20230409_餃子の王将和歌山駅前_R

翌朝は5:30にホテルを出発。中央改札口から18きっぷで入場します。ちなみに春の18きっぷ期間の最終日です。

少し駅撮りします。
1番ホーム新宮方からの様子。2番線には「大阪環状線 直通快速」表示の列車。阪和線から大阪環状線をぐるっと回って天王寺に行く快速列車ですかね。阪和線方面は1~5番に発着可能。
P1330206_和歌山_R

4,5番ホーム新宮方からの様子。線路は右(東)から4~1番。
3番には普通天王寺行き。そして1番の🐼は特急「くろしお4号」新大阪行き。
P1330209_和歌山_R

右にずれて撮影。手前線路は5番線。右奥は7,8番ホーム。5番と7番のスペースには元々6番線があったそうです。
P1330210_和歌山_R

振り返って新宮方面。こちらは1番、4番、5番の延長が新宮方面に伸びています。きのくに線は4,5番から発着。手前線路は4番で右から3番が合流しています。その隣の2編成は2番と3番に出入場できる引き上げ線のようですね。
P1330207_和歌山_R

ホームの端から端まで歩いて・・・4,5番ホーム天王寺方から。手前線路は5番線。左のホームが7,8番。奥に地下通路への階段が見えますが、そのすぐ左に貴志川線の9番と側線の線路終端が見えます。
P1330212_和歌山_R

振り返って天王寺方面。手前線路は5番。こちらは1~5番が収束して阪和線の複線になります。配線的に見ると1番が上り本線、4番が下り本線のように見えますが、さて。右端は7,8番が収束した単線で、この先は紀勢本線の和歌山市方面になります。更に少し先で和歌山線が分岐しています。
P1330211_和歌山_R

それでは次に行きましょう~。この日は紀伊半島をず~っと南下して新宮を目指します♪
乗車するのは5番線からきのくに線の始発電車。6:04発の紀伊田辺行きです。乗車車両は2連先頭1号車のクモハ226-1034。全席ロングシートでした・・・。
P1330213_和歌山_R P1330208_和歌山_R

行程:和歌山市(254M和歌山市発和歌山行)和歌山[泊](321M和歌山発紀伊田辺行)藤並

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
四季彩  
おはようございます。

和歌山はターミナル駅が2つあるようなものですね。関東では思い浮かびませんが、東京駅と大手町駅でしょうか?

2023/07/10 (Mon) 05:20 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
ターミナル駅

>四季彩さん
大阪には何セットかありそうですが、東京で思い浮かぶ駅は・・・あえて言えば新宿でしょうか。

2023/07/10 (Mon) 23:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply