関東日帰り23春-横浜編(4) 横浜港駅跡から横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅へ ~横浜みなと散歩~

きゃみ

桜木町駅から港方面に向かいます。
上空にはヨコハマエアキャビンが港方面に伸びています。
DSC00060_ヨコハマエアキャビン_R

これに乗車してもよいですが、それとほぼ並行する海上の遊歩道を歩いていきましょう。
DSC00061_汽車道_R

この遊歩道・・・「汽車道」といって、1911(明治44)年開通の旧横浜駅と新港埠頭を結ぶ臨港線の廃線跡を利用しているそうです。この臨港線は元々は貨物輸送目的で敷設されたそうですが、大正期になってサンフランシスコ航路の出航日に限り、旅客列車も運行されていたそうです。ほほぉ~(゚△゚;ノ)ノ

遊歩道は2つの人工島を3本の橋梁で結ぶ構造になっています。
こちらは1つ目の橋。「港一号橋梁」。1909(明治42)年に架設されたアメリカ製のトラス橋です。
DSC00062_汽車道_R

こちらは2つの人工島の間にある「港二号橋梁」。一号と同じアメリカ製。
DSC00063_汽車道_R

2つ目の人工島は桜の公園のようになっていました。遊歩道は奥に見える大きな建物のほうに続いています。「ナビオス横浜」というホテルなどがある建物で、穴の開いている部分を汽車道が貫いています。
DSC00065_汽車道_R

ナビオスを抜けると万国橋交差点で遊歩道は一旦途切れます。
その先は「新港中央広場」の花々の中を歩いていきます。奥に見えるのは赤レンガ倉庫。
DSC00067_新港中央広場_R

広場を抜けると、人の流れは東に進んで赤レンガ倉庫群に。
DSC00070_赤レンガ倉庫_R

臨港線は広場から北東方面に伸びていたようです。つまり赤レンガ倉庫の北側。そちらに向かうと・・・
プラットホームらしきものがありました。横浜港駅のかつての旅客ホームだそうです。
DSC00071_横浜港_R

横浜港駅は1911(明治44)年9月に横浜~横浜港荷扱所間の開通に伴い横浜港荷扱所として開業。1920(大正9)年7月に横浜港駅に昇格。その頃から前述した旅客列車の運行が始まったそうです。所謂「ボート・トレイン」です。
旅客列車は東京駅から高島線などを経由して横浜港駅まで走り、横浜~サンフランシスコ間航路に接続していたそうです。まだ旅客機など飛んでいない時代のことですね~。
横浜港プラットホーム_R

「ボート・トレイン」で思い出す駅といえば・・・北陸本線支線(敦賀港線)の敦賀港駅。そちらはウラジオストクへの航路に接続して東京~敦賀港間の列車が走っていたそうです。
訪問時の様子→→敦賀港(金ヶ崎)駅跡さんぽ

他にも、新潟港駅(東京から満州国の首都新京(現:長春)への最短路)神戸港駅(日本郵船の欧州航路に接続)、長崎港駅(上海への航路「日華連絡船」)・・・などで運行されていたそうです。
DSC00073_横浜港_R

それでは現役の駅に戻ります。
ここからも線路跡の遊歩道が伸びており、新港中央広場に突き当たります。突当りを北へ。サークルウォークを左に曲がり、万国橋を渡り、馬車道をほぼ真っすぐ歩いて・・・

関内駅にやってきました。こちらはJRの北口になります。
DSC00074_関内_R

関内駅は神奈川県横浜市中区にあるJR東日本と横浜市交通局の駅。位置的には桜木町から大岡川を隔てたすぐ南。東側には横浜スタジアム、その先に中華街があります。

乗り入れ路線は根岸線と横浜市営地下鉄ブルーラインの2路線。当駅~桜木町駅はこの2路線が並走していますが、大岡川付近で位置が逆転して、地下鉄の方が海側にあります。

それでは地下鉄踏破再開します。早速地下に潜ります。
改札口は地下1階に2か所。こちら↓は横浜スタジアム改札口という南東側の改札口。
DSC00076_関内_R

横浜市営地下鉄の駅は1976(昭和51)年9月の開業。路線名称上は関内~湘南台間の「横浜市高速鉄道1号線」と、関内~あざみ野間の「3号線」の接続点になっていますが、ブルーラインとしては直通運転が行われているため中間駅的な存在です。
但し、駅構造はちょっと変わっていて、島式ホーム1面2線が2層構造となっています。

入場して階段を下りると・・・まず地下2階に湘南台方面のりばの2番線があります。島式ホームといってますが、1番線は欠番です。
DSC00077_関内_R

ここから奥に見える階段で更に下ると、あざみ野方面のりばの4番線があります。こちらはホームを挟んで留置線として使われている3番線があるようなのですが、確認は取れず。
DSC00079_関内_R

このような構造になったのは、3号線を当駅から山下町方向に延伸する計画があったためだそうです。2層構造の方向別ホームにしようとしていたようですね。計画は無くなったのでしょうか??

では乗車しましょう。
4番線からあざみ野行きに乗車します。乗車車両は先頭6号車の"3516"。3000R形ですね。
DSC00080_関内_R DSC00078_関内_R

行程:桜木町(徒歩)[廃]横浜港(徒歩)関内(1302A湘南台発あざみ野行)あざみ野

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
四季彩  
おはようございます。

横浜市の行政の中心は、関内です。
ブルーラインが正式には、分かれていること、関内から分岐の計画があったことは、おっしゃる通りです。現在、分岐線になる予定だった線は、電留線として使われているようです。山下町方面は渋滞が多く、鉄道を望む声も出ていますが、その場合は、みなとみらい線を延伸する方が現実的だと思います。

2023/05/21 (Sun) 06:18 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
関内駅

四季彩さん、こんばんは。
関内駅は元町・中華街から歩いて再訪しようと思います。

2023/05/22 (Mon) 00:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply