東海駅巡り23冬-名鉄編(11) 名鉄豊田線・名古屋市営地下鉄鶴舞線 赤池駅 ~名古屋市営地下鉄唯一の名古屋市外の駅~

きゃみ

梅坪駅から名鉄豊田線に乗車しました。
豊田線は1979(昭和54)年7月に開業したという新しめの路線。名古屋と豊田を結ぶ通勤路線ですが、丘陵地帯を走るため勾配区間が結構多い路線です。基本的には高架上を走りますが、掘割内を走ったりトンネルもあります。

そういった感じで列車は西進。右手下方に広大な車両基地が見えると、地下に潜って赤池駅に到着です。
4番線の到着。節目の駅ということで下車することにしました。
P1310550_赤池_R P1310552_赤池_R

赤池駅は愛知県日進市赤池にある名古屋市交通局と名古屋鉄道の共同使用駅。実は日進市を初めて知りました・・・。
名古屋市交通局が駅を管轄しており、名古屋市営地下鉄では唯一の名古屋市外の駅になるそうです。都営地下鉄でいうところの本八幡駅みたいな感じですかね。

乗り入れ路線は名古屋市営地下鉄鶴舞線と名鉄豊田線の2路線。鶴舞線の終点であり豊田線の起点ですが、両路線で相互直通運転が行われています。

駅構造は地下2階にある島式ホーム2面3線で北から1~4番。2,3番は同一線路です。
Wikipediaから構内配線略図を拝借↓
赤池駅構内配線略図

左(西)が鶴舞線の上小田井方面、右が豊田線で梅坪・豊田市方面。中線(2,3番)は上小田井方面の折返しや出庫列車が発着し、2番が降車用、3番が乗車用。鶴舞線の約半数が当駅折返し列車。逆に豊田線方面への折返し列車は通常はありません。

駅に到着する前に見えた車両基地は名古屋市交通局の「日進工場」というそうです。配線略図だとわかりにくいですが、豊田線は多数の留置線の真上を斜めに横切っています。この規模の車両基地を横切る線路は他に見たことがないかも・・・。

では構内の様子。3番ホーム上小田井方からの様子。
手前が当駅始発の上小田井行き。左端は1番線で当駅止まりの列車。当駅止まりは1番で客を降ろした後に入庫。または、3番に転線して当駅始発になることもあるようです。
P1310553_赤池_R

3番ホームの梅坪方からの様子。上画像と同じ上小田井行きです。
P1310555_赤池_R

鶴舞線内の列車ですが、車両は名鉄で車番は"215"。1編成しかない200系です。
P1310556_赤池_R

上小田井行きが出発した後に入線してきたのは、3つ上の画像の左の列車でした。
先頭車番は"3855"。3050形ですね。岩倉行きということは名鉄犬山線に乗り入れる列車です。
P1310558_赤池_R

それでは、鶴舞線に乗車しようと思いますが、名鉄のフリーきっぷが利用できるのは当然のことながらここまでです。一旦改札口を出ます。
構内コンコースは地下1階の東西に2か所あってそれぞれに改札口があります。
左画像が東改札口、右は西改札口。
前述の通り、管轄は名古屋市交通局。名古屋鉄道としては無人駅扱いとなるそうです。
P1310557_赤池(東改札口)_R P1310561_赤池(西改札口)_R

駅舎になるのかわかりませんが、西改札口に繋がる1番出入口の様子。
手前には駅前ロータリーがありますが、地下鉄駅としては珍しい気がします。
P1310560_赤池(1番出入口)_R

それでは乗車します。
乗車することになったのは4番線の上小田井行き。豊田線からの直通列車です。
P1310562_赤池_R

乗車車両は6連先頭の"242"。名鉄100系の4次車のようですね。運転士の交代が行われてからの出発となりました。

行程:梅坪(1531豊田市発上小田井行)赤池(1533豊田市発上小田井行)八事

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
Mr.よっしい  
黄電が見たかった

赤池駅の近くのレトロ電車館にある市営地下鉄の初代黄電が見たくて去年訪れました。位置的に日進工場の併設ですかね。
それにしても名古屋市ではないのは初めて知りました。本八幡に通ずるものもありますが、他市に基地があるのは和光市的とも言えますね。

2023/03/27 (Mon) 02:10 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
Re: 黄電が見たかった

Mr.よっしいさん、こんばんは。
赤池駅の近くにそんな素敵な場所があったとは。
近くの陸橋から日進車庫も望めそうです。これは再訪しなければなりませんね^^;
和光市駅は東京メトロ乗り潰しで訪問することになりそうですが、基地はちと遠そうです。

2023/03/28 (Tue) 00:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply