東海駅巡り23冬-名鉄編(2) 名鉄蒲郡線 西浦駅 ~解体された駅舎~

きゃみ

蒲郡駅から名鉄蒲郡線に乗車しました。
列車は東海道本線と並走しながら高架を走り、次の蒲郡競艇場前駅の先で地上に降ります。一時期は日本一長い駅名だったそうですね~。この辺りにはかつて江畑駅、竹谷駅、捨石駅という3つの駅があったそうですが、江畑駅と竹谷駅が塩津駅に、更に捨石駅と塩津駅が統合されて蒲郡競艇場前駅となったそうです。

その後は三河湾の海岸につかず離れずの位置をカタコト進んでいきます。
4駅進んで西浦駅が見えてきました。
P1310399_西浦_R

1番線の到着。ここで下車することにしました。下車してまず感じたのは・・・1月にしては暖かいですね~。
2番線には蒲郡行きが既に待機しており、列車交換が行われました。
P1310400_西浦_R

西浦駅は愛知県蒲郡市西浦町にある名古屋鉄道蒲郡線の無人駅。
西浦温泉の玄関口で、駅から南に進んだ西浦半島の先っぽに温泉街やビーチもあります。そういったことで昔は特急や急行も停車していたそうです。蒲郡線に特急が走ってたんですね・・・。

駅構造は島式ホーム1面2線で南東側から1~2番。出入口は駅の南東側にあり吉良吉田方の構内踏切で連絡しています。

蒲郡方からの様子。左から1~2番。2番の外側に側線が1本。
P1310404_西浦_R

振り返って蒲郡方面。1番と2番が合流する先で側線も合流しています。
P1310403_西浦_R

吉良吉田方面。こちらに1番線を跨ぐ構内踏切があります。
P1310405_西浦_R

構内踏切から見た様子。
P1310406_西浦_R

後ほど吉良吉田方の踏切から見た様子。2番線から側線が左に分岐していますが、非電化時代にはここに車両基地があったそうです。その名残りかなと思います。
P1310411_西浦_R

駅は1936(昭和11)年7月に三河鉄道によって開業。前述した西浦車庫は1947(昭和22)年に廃止。おそらくその頃に電化されたと思われます。無人化は1998(平成10)年6月。
そして、『2022(令和4)年冬頃に駅舎を解体予定』ということは・・・

駅出入口の様子。やはり・・・
P1310407_西浦_R

やけに広々とした駅前広場に真新しいアスファルト。ここには有人駅時代からの駅舎があったそうですが、少し前に解体されたようです。来るのがちょっと遅かったか~、残念!
同じ蒲郡線の西幡豆駅東幡豆駅の駅舎も最近解体されたそうです。しかし・・・改築ではなくて完全撤去なんですかね・・・寂しいです。

駅出入口の様子。「駅集中管理システム」も導入されていない改札口のない無人駅。券売機もなかったと思います。それで事足りるということかな? これは路線の存続問題も影響しているのかも・・・と勝手に思ってしまいます。
P1310408_西浦_R P1310409_西浦_R

駅前広場は道路が直角に曲がる角に位置しており、道沿いにバス停があります。西浦温泉行きのバスも出ているのかなと思います。バス停には年配の方が何人かいました。

近くの民家の庭先には柑橘類が何種類かありました。何かな?
沿線は柑橘類の木々が多い印象で、三河湾に近く温暖な地域なのかなと感じました。
P1310410_西浦_R

駅に戻るとマイクロバスがやってきてお客を降ろしていきました。多分温泉宿の送迎車かなと思います。彼らも同じホームで列車を待ちます。

パターンダイヤではこの駅で毎回交換が行われると思われます。
今回は吉良吉田行きが先にやってきました。1番線に到着。これに乗車します。
P1310412_西浦_R P1310401_西浦_R

乗車車両は"6212"+"6012"のワンマン2連。HMがあるので、到着時に交換した列車の折返しだと思います。
この後にやってきた蒲郡行きと交換を終えて出発となりました。温泉客と思われる方々は蒲郡方面に乗車して行きました。

列車は左手に海を見て進みます。柑橘類の木々がやっぱり多い印象です。
三河鳥羽駅では白帯列車との交換が行われ、終点の吉良吉田駅に到着です。つづく~

行程:蒲郡(863蒲郡発吉良吉田行)西浦(961蒲郡発吉良吉田行)吉良吉田

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
ViVid Mr.K  

きゃみ様

西浦駅は駅舎ではないですが「待合所」が建てられているそうです。。。
4月までには出来上がる予定みたいです。。。

お邪魔いたしました。。。

2023/03/14 (Tue) 22:23 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
西浦駅の駅舎

ViVid Mr.Kさん、こんばんは。
なるほど、さすがにあの状態のまま放置ということではないようですね^^;
ある意味、超レアな時に訪問してしまったのかもしれませんね~。

2023/03/14 (Tue) 23:24 | EDIT | REPLY |   
四季彩  
おはようございます。

存廃問題が議論されている路線では、どうしても駅の改良などに後ろ向きになる傾向があるようです。
ホームを見ていると、地方私鉄の駅のようですね。金山とは大違いです。

2023/03/15 (Wed) 07:15 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
蒲郡線

四季彩さん、こんばんは。
蒲郡線は名鉄としては末端中の末端路線なのかもしれません。
金山駅と比べちゃいけません(笑)

2023/03/16 (Thu) 00:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply