山陰駅巡り22夏-京都兵庫鳥取編(17) 京都市営地下鉄東西線 (太秦天神川駅→烏丸御池駅) ~長い一日の終わりは四条室町の宿へ~

きゃみ

六地蔵駅から京都市営地下鉄東西線に乗車しました。
列車はずっと地下を走りますが、地図で見たところ・・・
まず北上、山科駅の先で西に向きを変えます。次の御陵駅で京阪京津線と合流して、ここからは正に”東西線”の名の通りずっと西に進みます。
まず三条通を西進。三条京阪駅の先で鴨川を斜めに潜って御池通に北にひとつずれます。更に押小路通にひとつずれて二条城の横を通り、山陰本線と交差する二条駅で南にひとつずれて御池通に戻り・・・

そのまま西進して終点の太秦天神川駅に到着しました。
2番線着。これにて京都市営地下鉄の踏破完了です🚋
P1280253_太秦天神川_R P1280254_太秦天神川_R

太秦天神川駅は京都府京都市右京区太秦下刑部町にある京都市営地下鉄東西線の終着駅。
太秦・・・「うずまさ」と読む難読駅名ですが、時代劇映画の撮影所があることで広く知られた地名だと思います。「太秦」と付く地名は・・・結構広いエリアにかなりたくさんあってちょっと驚きました。位置的にはそのうちの東の方、南北に流れる天神川の畔にあって、「東映太秦映画村」は北西に1キロちょっとのところにあります。

駅の開業は2008(平成20)年1月。この2か月後にすぐ近くを走っている京福電気鉄道嵐山本線、通称「嵐電」に嵐電天神川駅が"乗換駅"として新設されています。

駅構造は地下3階にある島式ホーム1面2線で南から1~2番。
フルスクリーンタイプのホームドアがあります。ステーションカラーは檸檬色。
P1280256_太秦天神川_R

西側の線路終端がホームから確認できる位置にありました。ですので、恐らくは交互発着運用だと思われます。東西線には京阪京津線の列車も乗り入れていますが、日中帯は片側のりばに六地蔵行き、もう片方に京阪のびわ湖浜大津行きが発着するそうです。

改札口は地下1階の西寄りに1か所。ここから出場~。
P1280257_太秦天神川_R

出入口は4か所あって、一番西にある3番口から出てみましたが・・・外は凄まじい土砂降り><

嵐電天神川駅は3番口からが近いです。
しっかり撮りたかったですが、屋根のあるギリギリの場所からの撮影となりました。
嵐電天神川駅は三条通上の併用軌道区間にある相対式ホーム2面2線の構造。
P1280258_嵐電天神川_R

紫の電車がやってきました。
車番は多分ですが"106"と見えます。正しければボ101形だと思われます。なんと1929年製!
P1280259_嵐電天神川_R

嵐電は翌日乗車予定。その時にしっかり撮影するとして、地下鉄を折り返します。
折返しはせっかくなので京阪車に乗車しようと思います。
ひと列車過ごして、1番線から18:46発のびわ湖浜大津行きに乗車します。
P1280262_太秦天神川_R P1280263_太秦天神川(京阪電車)_R

列車は市営地下鉄の列車よりも短い4連。最後尾の"803"に乗車します。この列車は御陵駅まで地下を走ると、その先は山岳区間を抜け、最後に併用軌道を走るという非常に面白い列車です。→→~京津線三変化~

さて、この後の予定としては・・・三条で下車、鴨川沿いを歩き、先斗町や四条河原町のきれいな夜の街を散歩してから、阪急をひと駅だけ乗車して四条室町の宿へ・・・と考えていましたが、土砂降りで計画変更><

手前の烏丸御池駅で下車して、直接宿に入ることにしました。
P1280265_烏丸御池_R

烏丸御池駅は京都府京都市中京区虎屋町にある京都市営地下鉄の駅。京都市営の路線同士が唯一接続する駅で、烏丸線と東西線の2路線が十字型に交差しています。

早速改札を出ます。こちらは(多分)2か所あるうちの北側の改札口。
P1280266_烏丸御池_R

4-1口から出て烏丸通を南へ。ひとつずれて室町通沿いの宿に入りました。
今回の宿はJR西日本系列のホテル。チェックイン時に宿泊税200円を取られました。初めてのことだったのでちょっとびっくり。後で知ったのですが、日本では自治体で課税しているようで、東京都、大阪府、京都市、金沢市、福岡市・・・などで採用されているようです。ということはこれらの地域としては初宿泊だったのかも?
P1280267_ヴィアイン京都四条室町_R

この日は結構巡った感がありました。長い一日の終り。翌日はいよいよ山陰方面へ?

行程:六地蔵(269太秦天神川行)太秦天神川(282太秦天神川発びわ湖浜大津行)烏丸御池(徒歩[泊])烏丸

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
koganeturbo  

こんばんは。
京都を東西南北よく動かれましたね(笑)
宿泊税が京都で掛かるのは聞いた事があったようなですが、宿泊料金に含まれてるんじゃないんですね。
200円とはいえ、なんか損した気分に自分はなりそうです(苦笑)

2022/09/17 (Sat) 20:11 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
宿泊税

koganeturboさん、こんばんは。
例えば山陰本線のように大移動している時はのんびりできて、訪問駅(=記事)もそれなりの数になりますが、今回のように市街を東西南北巡っていると、それほど移動距離はないのですが、ちょこちょこ乗り換えるので記事も増えますね~。
いままで入湯税が別料金ということはありましたが、宿泊税は初めてでした。私も損した気分です^^;

2022/09/18 (Sun) 00:26 | EDIT | REPLY |   
四季彩  
乗り換え駅なのに駅名が異なる

おはようございます。
乗ったことがないので、よくわかりませんが、雑司ヶ谷駅と鬼子母神前電停、東池袋駅と東池袋四丁目電停のような関係でしょうか?都電に都電雑司ヶ谷電停があります。地下鉄開業に伴い、雑司ヶ谷を都電雑司ヶ谷に改めました。この改称がさらにわかりにくくしています。地下鉄側が都電に百歩譲って鬼子母神前駅にすればよかったのに。西武秩父から秩父鉄道乗り換えは、秩父でなく御花畑なのも、ややこしいです。

2022/09/18 (Sun) 05:14 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
Re: 乗り換え駅なのに駅名が異なる

四季彩さん、こんにちは。
地下鉄と路面電車の乗り換え駅という意味では同じような関係だと思います。
ただ、経緯的に見ると雑司が谷も東池袋も元々電停があったそばに地下鉄が開通して駅が新設されたようです。その駅名は・・・地下鉄の方が広い目で見た地名を採用しているみたいですね。電停のほうはバス停名に近い感覚でしょうか。
太秦天神川は広い目で見れば確かに「太秦」です。ただ両駅とも「天神川」を付けたので、ややこしさはないように感じます。

2022/09/18 (Sun) 14:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply