都営地下鉄乗りつぶし(4) 都営三田線・浅草線 三田駅 ~三田線とJRとの乗換えについて~

きゃみ

白金高輪駅から都営地下鉄三田線をひと駅進んで三田駅に到着です。
4番線着。乗り換えのため下車します。8連はホームギリギリでした。
P1270810_三田_R P1270811_三田_R

三田駅は東京都港区芝にある東京都交通局の駅。乗り入れ路線は三田線と浅草線の2路線です。また、JRの田町駅が近くにあり乗り換えが可能です。

ここからは個人的な話ですが・・・
三田線から神奈川方面に行く場合の乗り換えは、以下のように使い分けていました。
 ①横須賀線に乗り換える場合は、大手町駅から東京駅まで徒歩
 ②京浜東北線に乗り換える場合は、三田駅から田町駅まで徒歩
 ③京急方面へは三田駅で浅草線に乗り換え
 ④東急方面へはそのまま三田線に乗って目黒線直行

①大手町駅で乗換える場合は・・・
東京駅まではそこそこ歩きます。行幸通りの地下を歩いていけば、地上に出る必要はありませんが、ちょっと大回り。一番近いのは丸の内北口に行く方法だと思います。この場合、一旦地上にでて、みずほ信託や三菱UFJ信託の横を抜け、テレビの報道番組でよく登場する駅前交差点を通って北口駅前まで行き、駅舎に入る手前の階段で地下に潜ります。そうすると、横須賀線・総武線快速直結の地下改札口から入場できます。

②三田駅でJRに乗換える場合は・・・
まず三田駅の駅構造ですが、東京都交通局のHPから構内立体図部分を拝借させていただきます。
三田駅構内立体図_R2

三田線の駅構造は単式ホーム1面1線が2層構造になっています。計2面2線(水色部分)
西高島平方面のりばの4番線は下層側。地下3階にあります。
P1270812_三田_R

こちら目黒方面列車が発着する地下2階の3番線。目黒方からの様子。
P1270813_三田_R

改札階は地下1階にあります。
三田線直結の改札口。構内図でいうとA7に近い改札口で、JRに乗り換える場合はまずここを出ます。
P1270814_三田_R

ここから階段を上って地下通路をしばらく歩くと、浅草線側の改札口に突き当たります。
P1270815_三田_R

この改札口の手前左手にA5やA6があって、昔はそこから田町駅に乗り換えていたのですが、今は構内図のとおりで閉鎖中だそうです。一番近いルートだと思うのですが、理由は不明・・・。
仕方ないので改札の横を抜けてA4まで行きます。A4からは田町駅の駅前にある国道15号「第一京浜」を潜って田町駅側に出られます。

こちらは田町駅の西口側の様子。奥が田町駅。手前の大通りが第一京浜です。
P1270816_田町駅前_R

この先に田町駅の西口があります。「三田口」というそうです。
P1270817_田町_R

駅舎は1975(昭和50)年9月に改築されたといわれる橋上駅舎で、駅前は一つ上の画像のように第一京浜の手前までペデストリアンデッキになっています。

ここまでが三田線からJRに乗り換えるルートになります。

田町駅から浅草線に乗り換える場合はA4を逆に進むことになりますが、すぐ近くに改札口があるので、三田線よりも乗換えは便利です。
A3とA4に一番近い浅草線の改札口。
P1270818_三田_R

③次は三田線と浅草線の乗り換えルートについて^^;
この場合は改札口を通る必要はありません。浅草線から見たらこんな感じです↓
昔、三田線がまだ三田駅止まりだった頃は、次発が3番か4番かを手前の電光掲示板で判断していました。
P1270821_三田_R

それでは浅草線に取り掛かります。
浅草線の駅構造は地下2階にある島式ホーム1面2線で南から1~2番。位置的には第一京浜の直下にあります。
P1270819_三田_R

まずは西馬込駅に向かいます。1番線にやってきた次発がたまたま西馬込行きでした。
P1270822_三田_R P1270820_三田_R

乗車車両は8連先頭車の"5526-1"。東京都交通局の5500形です。浅草線も随分かっこよくなりましたね。

行程:白金高輪(1457T白金高輪発西高島平行)三田(1334T快速成田空港発西馬込行)西馬込

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply