18きっぷ22冬-山形仙台編(4) 奥羽本線 羽前千歳駅 ~異なる軌間同士の平面クロス~

きゃみ

福島駅から山形線の米沢行きに乗車しました。

列車が西に向きを変えると、左側から山形新幹線の線路が合流するのを確認。
2駅目の庭坂駅を出ると線路は山に突き当たる形になり、山すそに沿って迂回しながら勾配を登っていきます。この辺りの車窓風景は素晴らしかったです。

風景ががらりと変わり山線の様相。この区間は標準軌の複線です。撮影は失敗(笑)
P1250596_山形線_R

昨年廃止となった赤岩駅跡を通過。板谷駅峠駅大沢駅とかつての4連スイッチバック駅が続きます。
このうちの峠駅は売り子さんがホーム上で販売している「峠の力餅」が良く知られていますね~。今回もその様子が見られました。隣のボックスのお姉さんが「買いたい、買いたい」言ってて念願が叶ったようです(笑)
ちなみに7年ほど前に下車した時の様子→→2015年冬の峠駅
P1250597_峠_R

終点の米沢駅には2番線の到着。ここで3番線の山形行きに2分の対面乗り継ぎです。
乗車車両はワンマン2連先頭車のクモハ719-5002。定刻より少し遅れて発車となりました。
P1250600_米沢_R P1250601_米沢_R

そこから45分ほど走って終点の山形駅に到着です。4番線着。
さて時刻は15時前。この日はここ山形に宿をとっていますが、まだ日があるので山形市内の駅を2つほど訪問しようと思います。ということで3番線の山形線新庄行きに乗車して更に北上します。

乗車車両は2連先頭車のクモハ701-5502。標準軌仕様の701系ですね。この車両は全席ロングシートでした。
P1250605_山形_R P1250606_山形_R

山形から先の線路は、奥羽本線(山形線)の標準軌と左沢線・仙山線共用の狭軌との単線並列となります。山形城のお堀を左車窓に見ながら進み、次の北山形駅では左沢線が左に分かれていきました。

その次の羽前千歳駅で下車するため、準備のついでに前方を眺めていると・・・
到着直前に平面クロスが! 真っすぐ進むのが奥羽本線の標準軌、クロスして右(東)側に行くのが仙山線の狭軌です。実はこれが撮れたら羽前千歳の訪問目的は大方達成なのかもしれません^^;
P1250611_羽前千歳_R

クロスを抜けるとすぐに羽前千歳駅に到着です。1番線着。下車します。
P1250612_羽前千歳_R P1250613_羽前千歳_R

羽前千歳駅は山形県山形市長町にある無人駅。乗り入れ路線は奥羽本線と仙山線の2路線。うち仙山線は当駅を終点としていますが、全列車が奥羽本線を通って山形駅まで乗り入れています。乗り入れているといっても、前述したようにこの区間は単線並列なので実質は奥羽本線とは別の路線が並走するような形となります。

駅構造は島式ホーム1面2線で西から1~2番。駅舎は無く、新庄方にある跨線橋で東西両側に出入りができます。
Wikipediaから駅の概要図を拝借↓ 異なる軌道の単線並列区間にある点がこの駅の特徴です。
羽前千歳駅構造

西側の1番線(上図の薄線)が標準軌で山形線の上下列車が発着。山形新幹線は通過します。東側の2番線は狭軌で仙山線の上下列車が発着します。そして南側で先ほど見た平面クロスで線路の位置が入れ替わってます。
何故ここにクロス? これは山形駅での発着番線の位置、北山形駅で左沢線が分かれる向き、更には北側で仙山線が分かれる位置や向きなどを考慮した結果、ここがベターだったのかなと思います。

それと山形新幹線開業によって改軌される前は、仙山線の仙台方面列車がどちらの番線に発着していたかも気になるところです。

それでは駅の様子。
新庄方から山形方面を望む。右から1番、2番。ホーム上屋は跨線橋階段付近にしかありません。
P1250617_羽前千歳_R

駅の南側、山形方面。平面クロスが見えます。シザースではない単独クロッシングはとても珍しいそうです。
P1250614_羽前千歳_R

山形線の数分後に山形を出発した仙山線電車がクロスを抜けてやってきました。
P1250615_羽前千歳_R

2番線に到着です。仙山線のほうはE721系の4連です。
P1250616_羽前千歳_R

跨線橋に上がってみます。
ホームから階段を上がったところに券売機が置かれていました。"駅舎の無い橋上駅"ですかね。
P1250621_羽前千歳_R

跨線橋から覗いた1番線の様子。
P1250619_羽前千歳_R

そして2番線の様子。仙山線の山形行きが到着です。
P1250624_羽前千歳_R

一方の北側、新庄・仙台方面。左が奥羽本線、右が仙山線。真っすぐ伸びる奥羽本線に対して、仙山線はすぐ先で右(東)に分かれていきます。たまたま上りの「つばさ」がやってきました。1番線を通過します。ここにクロスを置くのは無理があったのかな?
P1250625_羽前千歳_R

跨線橋を下りて西口の様子。こちらに開業時からの駅舎があったそうです。80年代には無人化されて、1999(平成11)年12月に駅舎が解体された代わりに跨線橋が改築されたとのこと。
P1250626_羽前千歳_R

こちらは東口。駅舎があった頃はこの出入口は無かったのかもしれません。
P1250623_羽前千歳_R

では、次の駅に行きましょう。次はひとつ手前の北山形駅に向かいます。
山形方面は山形線と仙山線の両列車が来るので比較的列車本数は多いです。が、時間になっても列車がやってきません。その間もホーム上の雪かき作業が行われていました。ご苦労様でございます。
P1250627_羽前千歳_R

定刻よりも大分遅れて1番線に山形線がやってきました。これに乗車します。
P1250628_羽前千歳_R

乗車車両は2連先頭のクハ700-5503。車内は遅れた影響もあってかラッシュ並の混みようでした・・・。このすぐ後には仙山線の(多分)4連が来るので、そちらはスカスカだったかもしれませんね~。まあ、次の駅ですぐ下車します。

行程:福島(441M米沢行)米沢(443M米沢発山形行)山形(1439M山形発新庄行)羽前千歳(1440M新庄発山形行)北山形

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 6

There are no comments yet.
こまち6号  
改軌前

こんばんは。
改軌前の羽前千歳は6回くらいしか通ったことはなく、それもかぶりつきをした事はない(出来ない車両でした)ので、確かなことは言えず、ネットで検索してみましたが、どうもシザースクロスは新庄、仙台方にあったみたいです。
現在の平面クロス側は普通のポイント、つまり、最初は羽前千歳と山形の間の奥羽本線は単線だったという事です。左沢線は最初は奥羽本線とは無関係に西側を走って逸れていくだけだったのです。北山形は当初は左沢線だけの駅で、奥羽本線には関係ありませんでした。
その後、その旧左沢線が奥羽本線の下り線になったようで、山形-羽前千歳間が複線になりました。私が通ったのはもっぱらその頃です。ですから、仙山線の仙台行は、羽前千歳の1番線(西側)に入り、その後、シザースクロスを渡って仙山線に入って、東側にカーブして行ったと思います、、が、何分記憶は曖昧です。

2022/02/01 (Tue) 23:29 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
かつての仙山線と左沢線

こまち6号さん、こんばんは。
情報ありがとうございます。
改軌直前の仙台~羽前千歳間は狭軌の複線。仙山線の仙台方面列車は羽前千歳の1番線を出発した先でシザーズを抜けて東に向かった。ということでしょうかね~。
となると今度は左沢線の山形行きが気になります(笑) きっと奥羽本線の上り線に転線していたんでしょうね。

2022/02/02 (Wed) 22:53 | EDIT | REPLY |   
風旅記  

こんばんは。
奥羽本線は改軌によって区間ごとに分断されてしまいましたが、コストを圧縮して、過剰のない必要レベルで新在直通を実現した結果なのだろうと思います。
フルスペックの新幹線を新たに建設するよりもよほど現実的で、グレードの高い車両での速達列車も本数多く走り、普通列車もちゃんと維持できる、いい事例だと思うのですが、他に広がらないのが不思議です。
趣味的にも、こちらの記事の標準軌と狭軌の平面交差など、見ていて飽きません。
なかなか他には見当たらない線路の形、私も通ったときによく見ておけば良かったと、記事を拝見しながら少し後悔しています…

2022/02/05 (Sat) 03:52 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
ミニ新幹線や平面交差

風旅記さん、こんにちは。お久しぶりです。
山形新幹線や秋田新幹線のミニ新幹線は、コスト等を考慮した工夫が色々見られますね。線路や駅構造好きの私にとってはとても興味深いです。フル新幹線が逆に味気なく感じてしまいます。
平面交差については、他にも見ておきたいところがいくつもあります。名鉄、伊予鉄、土佐など・・・。いつか訪問したいですね~。

2022/02/05 (Sat) 11:43 | EDIT | REPLY |   
libertyrail  

きゃみさんも山形線乗られましたね。
僕が乗った時は庭坂出て板谷峠で大雪の中の道中で
本数が一番少ない庭坂から米沢間は鉄橋もいい感じで歴史あるものが多いですね。
途中下車した峠駅・米沢駅も雪深く豪雪地帯の中を駆け抜けながら山形駅まで行きました。
峠駅の力餅の売り子さんがいるのもしっかり記録しましたが
売ってるものは違えど折尾駅で見たのを思いだしました。

羽前千歳駅は仙山線の起点駅ですが列車越しから見ても質素な駅という印象で
駅舎が無くて寂しい印象が強いです。

2022/02/13 (Sun) 16:46 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
峠駅と羽前千歳駅

libertyrailさん、こんばんは。
雪の山形線、特に本数の少ない庭坂から米沢の区間はなかなかいいところですよね。
峠駅は吹雪の時に下車しました。しっかり防寒してなかったので、スノーシェルターに待合室はとても助かりました。そんな中でもホームで力餅が売られていました。
折尾駅でも似たものが売られていたんですね?
羽前千歳はクロッシングが面白いのですが、駅自体は1面だけで駅舎のないちょっと寂しい駅でした。ただ利用客は意外に多かった気がします。

2022/02/13 (Sun) 22:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply