西日本完乗への道-丹後北陸編(17) 北陸本線 南条駅 ~東西南北の駅はあるか?~

きゃみ

王子保駅から敦賀行きに乗車して北陸本線を一旦南に向かい、お隣の南条駅に到着です。
1番線着。ここで下車します。10月中旬ですがツクツクボウシが鳴いています。
P1240965_南条_R P1240966_南条_R

南条駅は福井県南条郡南越前町西大道にある北陸本線の駅。元々は南条郡南条町の中心駅でしたが、平成の合併によって南越前町となりました。位置的には武生方面に広がっていく平地の南側入口付近にあります。
開業は1896(明治29)年7月のことでで、当時は鯖波駅といっていましたが後に現駅名に改称されています。


ここでちょっと駅名遊び。「南条」と聞いて他の方角の駅もあるか調べてみました(笑)

北条駅・・・すぐ思い浮かぶのは北条鉄道の北条町駅→→2019年訪問の北条町駅
純粋な「北条駅」としては新潟県の信越本線にあります。こちらは「きたじょう」と読みます。

東条駅・・・なさそうです。
すぐ思い浮かんだのは芸備線の東城駅ですが、漢字が違いますね~。上述の北条町の東側に東条という地があって道の駅はあるそうです^^;

西条駅・・・3つありました。
訪問したことがあるのは東広島の西条駅。「さいじょう」です。→→2021年3月訪問の西条駅
長野県は篠ノ井線の西条駅。「にしじょう」と読みます。篠ノ井線は各駅に下車してみたいです。
そして愛媛県は予讃線の伊予西条駅。予讃線もじっくり下車したい駅が多いです。

ちなみに東西南北が揃っている唯一の駅名は「浦和」ですね。→→浦和駅他 ~東西南北中武蔵~


さて、南条駅の様子。
駅構造は変則的な単式ホーム2面2線で東から1~2番。各ホームと東側にある駅舎とは地下通路で連絡しています。

東側の1番ホーム敦賀方からの様子。1番ホームは狭いです。
P1240967_南条_R

こちらは2番ホームからの様子。奥が福井方面。
P1240975_南条_R

これらの画像を見てもわかる通り、元々は単式1面1線と島式1面2線の計2面3線の構造だったようです。真ん中の1線は剥がされて、島式ホーム側に柵が張られています。この駅も規模が縮小されたんですね・・・。

1番ホーム福井方からの様子。各ホームは大きくずれています。
P1240970_南条_R

こちらは福井方面を見た様子。福井側には元々2番線だったと思われる線路が一部残されており、保線車両の留置用に使われていました。ラッセルモーターカーですかね。
P1240969_南条_R

それでは駅舎に向かいます。1番ホーム中ほどから階段を降ります。
P1240968_南条_R

階段を降りたところ。右側が1番ホームへの階段。正面奥に進むと2番ホームへの地下通路があります。
ホームは駅舎のある地上よりも少し高い位置にあるんですね。その場合は跨線橋を渡すよりもこの形のほうが何かと良いのでしょう。
P1240974_南条_R

ここを左側に行くと駅舎があります。
駅舎内の様子。簡易委託駅とのこと。概してお昼は窓口営業時間外ですね。
P1240971_南条_R

今年度には簡易委託が解除されて無人となるようです・・・。
福井県内でも無人化を進んでいるようですね。小浜線の小浜駅越美北線の越前大野駅では、みどりの窓口が廃止されるそうですね~・・・。「みどりの券売機プラス」に置き換わるのでしょう。

そして駅舎外観。1985(昭和60)年3月に改築されたらしい南越前町商工会館との合築駅舎です。駅機能は左側の1階建て部分。
P1240973_南条_R

これでおまけの駅訪問は終了です。次は福井駅に向かいましょう。
2番線にやってきた福井行きに乗車します。
P1240976_南条_R

乗車車両は2連先頭車のクモハ521-22。今回も補助座席を倒すことになりました。

行程:王子保(1232M敦賀行)南条(1241M敦賀発福井行)福井/福井駅

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply