西日本完乗への道-丹後北陸編(3) 山陰本線 園部駅 ~嵯峨野線の終端駅~

きゃみ

亀岡駅から園部行きに乗り継ぎ、16分ほど走って終点の園部駅に到着です。
1番線の到着。ここでも乗り継ぎです。
P1240677_園部_R P1240679_園部_R

園部駅は京都府南丹市園部町にある「丹後の南部」にあたる南丹市の代表駅。旧所在地名は船井郡園部町。駅の西側に城址の残る園部城は、日本の城郭史としては最後の建築物となるそうです。

山陰本線としては所謂「アーバンネットワークエリア」の終端の駅で、嵯峨野線の愛称区間もここまで。ほとんどの普通列車はこの駅で両方向に折り返していきます。京都方は複線、綾部方は単線、支社の境界駅でもあるようです。駅名標もJR西日本標準カラーとなりました。

駅構造は島式ホーム2面4線で東から1~4番。それ以外にも西側に多数の留置線があり、駅舎は橋上にあります。
1,2番ホーム福知山方からの様子。3番線の奥のほうに停車中の列車は・・・
P1240678_園部_R

2両という短編成でした。223系5500番台ですかね?おそらくこれが次に乗車する福知山行きだと思います。
P1240680_園部_R

3,4番ホーム京都方からの様子。左(西)側に多数の留置線があり、その上を自由通路が跨いでいます。
P1240688_園部_R

留置線の様子。夜間滞泊も設定されているそうです。
P1240687_園部_R

橋上駅舎に上がって改札口へ。
みどりの窓口のある直営駅。自動改札機があるのはこの駅までではないでしょうか?
P1240681_園部_R

改札口を出ると東西自由通路になっています。
まずは東口の様子。こちらが旧駅舎のあった表玄関だと思われますが、地図で見ると駅前は駐車場ばかりで住宅があまりみられません・・・。その先には国道9号や園部川が並走していますが、園部城跡や市役所があるのは駅から離れた西側で、そちらに街の中心があるように見えます。
P1240682_園部_R

駅の目の前にバス停が見えますが、これは西日本JRバス園福線ののりばだと思います。
いろいろストックしている計画では、園部駅から2通りのルートを考えています。一つはこの園福線に乗車して桧山経由で福知山までいく山陰道ルート。もう一つもバスで、福住で乗り継いで福知山線の篠山口駅に出る旧篠山線ルート。前者は鳥取訪問、後者は山陽電鉄訪問のついでに実行したいのですが、果たして実現できるかな~?
今回は綾部駅までの区間がまだ未乗車なので、山陰本線を真っすぐ進みます。

次は自由通路で留置線を跨いで西口の様子。
P1240685_園部_R

橋上化は1991(平成3)年3月のことなので、その時に新しくできた出入口ではないかと思います。こちらにはビジネスホテルや飲食店などがありました。駅前にバス停がありますが、おそらくそこから福住方面の京阪京都交通バスがでていると思います。

それでは先に進みます。次に乗車することになったのは予想通り3番線の列車でした。
P1240686_園部_R

2連後方のクモハ223-5516に乗車します。園部止まりが4番線に到着、多くの乗り継ぎ客が乗車してきてからの出発となりました。

行程:亀岡(239M園部行)園部(1127M園部発福知山行)福知山



※今回は趣向を変えて・・・懐かしのTVアニメについて。懐かしい映像を探し出すのが面白いです^^;
小学校の頃に好きだった女の子キャラをご紹介。(あくまで当時好きだったキャラです笑)

一つは低学年向けで「ポールのミラクル大作戦」。典型的なタツノコプロのファンタジーで、不思議な世界の悪の親玉に攫われたニーナを主人公のポールが助けにいくといった内容だったと思います。ニーナは明るく優しい女の子です。


もうひとつは高学年向けで「ムーの白鯨」。はるか昔に滅んだムーとアトランティスが現代に蘇って戦う話だったかな? ムーの末裔で青いロングヘアの美少女マドーラがとにかく一途で健気なのでした。


懐かしいですね(´-ω-`)

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
松理  

 城崎温泉を往復した時に園部で乗り換えましたが,乗り換え時間が2分しかなく,記憶はほんどありません。

2021/12/03 (Fri) 22:20 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
乗り継ぎ

松理さん、こんばんは。
園部駅の乗り継ぎは短時間でしかも対面乗換できるようにうまく設定されているようです。ただ、両方面に本数の差があります。私が乗車したのはその狭間の列車だったみたいですね。その分、駅観察する時間がとれました^^;

2021/12/04 (Sat) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply