関東日帰り-千葉京成編(10) 山万ユーカリが丘線 ~ラケット路線をグルっとひと回り~

きゃみ

京成佐倉駅で間違って下り列車に乗車、慌てて大佐倉駅で折り返しました。
京成本線を西進して次の目的地のユーカリが丘駅にやってきました。
2番線の到着、下車します。
P1220762_ユーカリが丘_R P1220764_ユーカリが丘_R

ユーカリが丘駅は千葉県佐倉市ユーカリが丘にある京成電鉄と山万の駅。「山万」という不動産会社が開発した「ユーカリが丘ニュータウン」の玄関口となる駅で、1982(昭和57)年11月に請願駅として開業したそうです。
乗り入れ路線は京成電鉄本線と当駅を起点とする山万ユーカリが丘線の2路線。

京成の駅構造は島式ホーム1面2線と単式ホーム1面1線の計2面3線で南から1~3番。駅舎は橋上にあります。
1,2番ホーム京成上野方からの様子。左の単式3番ホームは島式の形状で、外側に4番線を敷設できるスペースがあります。元々2面4線にする予定だったのかもしれません。
P1220763_ユーカリが丘_R

早速階段を上がって改札口へ。
P1220794_ユーカリが丘_R

出入口は南北にあります。
まずは南口に降りてみましたが、これはマンションですよね。1階に駅の出入口があります。
P1220766_ユーカリが丘_R

"マンション駅"といえば・・・流鉄流山線の幸谷駅豊肥本線の水前寺駅を思い浮かべます。こことはちょっと違って、駅舎自体がマンションと一体化しているといった珍しい駅でした。

次は北口に出てみます。北口側はおしゃれなペデストリアンデッキになっていますが・・・
P1220770_ユーカリが丘_R

こちら側はホテルなんですね~。なかなか面白いです。
P1220768_ユーカリが丘_R

駅舎がホテルと"一体化"している駅といえば・・・予讃線の宇和島駅が真っ先に思い浮かびます。東京駅大阪駅もそうでしたよね。釜石線の遠野駅も昔はそうだったと思います。

ペデストリアンデッキの東側に目を向けると・・・ユーカリが丘線のかわいい列車が見えました。
P1220792_ユーカリが丘_R

ユーカリが丘線は「山万」が運営するAGT路線。「自動案内軌条式旅客輸送システム」のひとつに分類されるそうです。不動産会社が運行する非常に珍しい路線です。線形はラケット状になっていて、ユーカリが丘駅がラケットの柄の先端部分になります。

それで乗車しましょう。改札口へ向かいます。
P1220771_ユーカリが丘_R 

乗車券は券売機で購入。均一の200円だったと思います。
20210424_ユーカリが丘(乗車券)_R

駅構造は高架上の単式ホーム1面1線。しかし、奥の高層ビルが目立ってますね~。
P1220773_ユーカリが丘_R

南側の終点の様子。右奥に見えるのが北口のホテルです。
P1220772_ユーカリが丘_R

しばらく待っていると列車がやってきました。
P1220774_ユーカリが丘_R

「こあら3号」という表示のある3連電車。「ユーカリ」だからか? 形式は1100形-1300形-1200形の3連で3編成が在籍しているそうです。ということは他に「こあら」の1号と2号がいるのかなと思います。
P1220775_ユーカリが丘_R

ということで12:40発の列車に乗車します。
P1220777_ユーカリが丘_R P1220778_ユーカリが丘_R

先頭車の"1103"に移動して前面展望しましょう。
列車はまずラケットの柄の部分を北上します。レールは中央案内式軌条の単線で架線はありません。
最初の駅、地区センター駅が見えてきました。
P1220779_ユーカリが丘~公園_R

次の駅がラケット面と柄の接点にあたる公園駅
駅の手前でレールが分岐して右側に入線します。公園駅は線内では唯一の1面2線の構造です。
P1220780_公園_R

公園駅からはラケット面のフチを半時計回りに進みます。一方通行です。
次は女子大駅。駅の北側には車両基地があります。このポイントがどう動くのか気になります。
P1220782_女子大_R

ラケットの頂点を曲がって、中学校駅あたりから南下を始めると唯一のトンネルに入ります。
P1220783_中学校~井野(トンネル)_R

トンネルを抜けると井野駅に到着。住宅地の真ん中の掘割にあります。
P1220784_井野_R

左手から別のレールが近づいて来ると・・・
P1220785_公園(合流点)_R

再び公園駅に到着。ラケットを一周してきました。
P1220786_公園_R

柄の部分を南に進んで再び地区センター駅
P1220787_地区センター_R

そしてユーカリが丘駅に戻ってきました。
P1220788_ユーカリが丘_R

12:54の到着。所要時間は14分でした。
P1220791_ユーカリが丘_R

これにてユーカリが丘線の踏破完了~🚋
本当はどこかでひと駅降りるつもりでしたが、京成佐倉駅での乗り間違いのロスを取り戻すためにパスしてしまったのがちょっと残念ではありますが。

さて、次行きます。次のターゲットは東葉高速。接続駅の勝田台駅に向かいます。京成に戻って2番線から西馬込行きの快速に乗車です。
ちなみに乗車したのは8連最後尾"3053-1"、京成車両です。列車番号は1252K。ここまで乗車してきた同じ快速西馬込行きは都営車で1110T。もしかすると京成車の場合は「K」、都営車だと「T」がつくのかもしれませんね?

行程:大佐倉(1110T快速西馬込行)ユーカリが丘(67ユーカリが丘行)ユーカリが丘(1252K快速西馬込行)勝田台/東葉勝田台

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
総武特快佐倉  

こんばんは。

今回の日帰りプランはユーカリの山万も目当てだったとは。
なかなか地味な路線を突いてきましたね(笑)
私は車で行く範囲なので一度も乗ったことありません。
山万線はたしかIC非対応の非冷房で、夏は車内にうちわが
置いてあると聞いたことがあります。
慣れてる方は冷房の効いた待合室で発車ギリギリまで待つそうで。

2021/08/11 (Wed) 20:28 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
ユーカリが丘線

総武特快佐倉、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
ユーカリが丘線もれっきとした鉄道事業法にもとづく「鉄道」路線。踏破対象です^^
乗車するのは地元の方々以外には私みたいなのだけでしょうね・・・。
しかし、非冷房だったとは。夏に訪問したほうが面白かったかもしれませんね~。

2021/08/12 (Thu) 19:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply