西日本完乗への道-広島編(12) 福塩線・井原鉄道井原線 神辺駅 ~運転見合わせ・・・バス停まで歩いてから府中へ~

きゃみ

井原鉄道井原線に乗車して終点の神辺駅までやってきました。これにて岡山宿題路線は全て踏破完了~。

井原までのきっぷしか持っていなかったので、車内で運転士さんに清算してもらってホームに出ます。
P1210487_神辺_R P1210488_神辺_R

神辺駅は広島県福山市神辺町大字川南にある駅。「かんなべ」と読みます。以前は深安郡神辺町の駅だったそうですが、福山市と合併しています。駅名標にある「二上り踊り」は福山の踊りで夏祭りでは大会があるそうです。

乗り入れ路線はJR西日本の福塩線と井原鉄道井原線の2路線。井原線は当駅が終点となります。

井原鉄道の駅構造はJRの東側にある単式ホーム1面1線。駅舎はホームの南側、つまり線路終端側にあってJR1番ホームの東側に面しています。井原方(北側)からの様子。
P1210489_神辺_R

線路終端側(南側)からの様子。
P1210491_神辺_R

井原鉄道の駅舎に突き当たる形で線路終端があります。福塩線に乗り入れる列車もありますが、手前の渡り線を通ってJR側に発着するようです。ちなみに先ほどから湘南色がチラチラ、気になります(笑)
P1210490_神辺_R

改札口を構内側から。窓口手前を右に折れるとJRの上り1番ホームに直接入場可能で、自動改札が置かれていました。早朝や夜間は閉じられるそうです。
P1210492_神辺_R

出入口側からの改札口。直営の有人駅だそうですが、営業時間が終わった直後でカーテンが閉じられていました。窓口の下の"ご案内"を見ると、福塩線から乗り入れる列車は1日3本あるようです。
P1210494_神辺_R

駅舎の様子。井原線の開業は1999(平成11)年1月のことなので、その時からの建物だと思います。
P1210493_神辺_R

駅を出るとすぐ横にJRの東口がありました。
JR側は1979(昭和54)年3月に橋上化された駅舎です。ちなみに駅の開業は1914(大正3)年7月と結構古いです。
P1210496_神辺_R

それでは福塩線に乗車しましょう。
と駅に入ろうとしたところ、入口に何か掲示されてますよこれ。ここで、内容を見る前に思い出しました。朝、清音駅でアナウンスしていた福塩線の運転見合わせ情報・・・。まだ解消されてなかったんですね(泣)
P1210495_神辺_R

掲示内容によると、朝の信号トラブルで福山~府中間が運転見合わせ中。神辺はそのど真ん中><
福山~万能倉間については運転再開が18時以降の見込み。その先は見込みなし、代行輸送もなし・・・。
万能倉駅は神辺~府中間にあります。

時刻は17時を回ったところ。計画ではここから一旦福山まで行って折返し、宿を予約している府中に向かう予定。とりあえず福山までは踏破できるかな。と思いつつ階段を上っていくと、職員さんらしき方が声をかけてきました。話によると、運転再開は19時以降に延長になったそうです。ありゃま。
一応、福山までのバスがあるか確認したところ、東口の先にあるバス停から乗車できるとのこと。最後の手段で使うことになるのか・・・。

とりあえず改札口手前にあるベンチに腰掛けてしばらく様子を見ます。人がちらほらやってきては職員さんと話をしています。ベンチに腰掛けて待つ人も増えていきます。

改札口は閉じられていました。ちなみに駅は昨年2月に無人化されたそうです。
P1210497_神辺_R

ボーっとしてても仕方ないので外から駅観察です。
橋上から福山方面を望む。JRの駅構造は相対式ホーム2面2線で、左から1番、2番。
P1210498_神辺_R

2番ホームは島式の形状ですが、外側の線路は保守車両用らしく柵が張られています。2番線には例の115系湘南色が停車中。停車というよりは取り残されたんでしょうね・・・。

階段を下りて西口に出てきました。こちらは駅前がロータリーになっています。
P1210499_神辺_R

西側から駅構内を覗いていると・・・
P1210500_神辺_R

井原線の総社行きが出発していきました。
P1210501_神辺_R

府中方の踏切から。寂しく佇む湘南色・・・ヘッドライトだけは点いてました。
P1210502_神辺_R

そういえば府中方面のバスはあるのかな? 駅に戻って職員さんに確認してみました。
すると、福山発府中行きのバスはあるにはあるのですが、神辺駅には寄らないとのこと。駅のずっと西にあるなんちゃらバス停が数キロ先にあるそうです・・・。
そこで検索してみると、ずっと西側の県道を走るバスルートがありました。福塩線は福山駅の西側に出るとグイっと東に向きを変えて神辺に向かい、神辺を頂点にしてまた西に向きを変えて府中に向かっています。バスが寄らない理由がわかった気がします。

ここで決断。福山行きは諦めてバスで府中に向かうことにします。一番近いバス停までは西に2.4km、徒歩で30分の計算です。
JR路線で全く手つかずなのはこの時点で福塩線と博多南線だけなのですが、どうも福塩線には縁がないんですよね・・・。

駅の西側には田畑が広がっていました。西日に向かって畦道をまっすぐ進みます。
P1210503_神辺付近_R

しばらく進んで国道182号を横断、その先にも続く県道を歩き、高屋川を渡ると別の県道とのT字路にセブンを発見。その目の前にバス停がありました。中国バスの森脇下バス停です。
P1210506_森脇下バス停_R

府中行きは1時間に1~2本は出てますね。それほど待つことはなさそうです。
P1210505_森脇下バス停_R

時刻は19時前で日が暮れます。結局バスは15分遅れでやってきました。
福塩線に乗車できなかった方がほとんどなのでしょう・・・車内は予想通りの大混雑。デッキ近くに立ったままでバスは出発しました。

行程:早雲の里荏原(4340D神辺行)神辺(徒歩)森脇下(中国バス福山・府中線目崎車庫行)府中[泊]

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply