西日本完乗への道-広島編(10) 伯備線・井原鉄道井原線 総社駅 ~「悪魔の手毬唄」のラストシーン~

きゃみ

三菱自工前駅から水島臨海鉄道で倉敷市駅に戻ってきました。
次のターゲット路線は井原鉄道井原線。倉敷駅に移動して伯備線に乗り換えます。

4番線から115系3連先頭車、クハ115-1069に乗車です。
P1210455_倉敷_R

以前の記事で少し触れましたが、伯備線の倉敷~清音間は上下線で車窓が異なります。下り線は左手に広々とした高梁川を見て進みます。新幹線の下を潜ると、今度は左から上を跨いできた井原線が右側から合流、上り線路も合流して清音駅へ。車内は満席だったので結果的に前面展望することになりましたが、見てて面白かったです。

そして列車は再びの総社駅に到着です。3番線着。乗り換えのため下車します。
P1210456_総社_R P1210463_総社_R

総社駅は岡山県総社市の代表駅。乗り入れ路線は当駅の所属線の伯備線、終点となる吉備線、起点となる井原鉄道井原線の3路線あります。



総社駅といえば・・・真っ先に思い出すのは、映画悪魔の手毬唄」のラストシーンです。
総社駅での金田一と磯川警部のお別れシーン。古い駅舎に蒸気。旧客に乗る金田一の去り際、「リカさんのことを・・・」の声は届かず、ホームにひとり佇む磯川警部。いいシーンでした。
ただし・・・実際のロケ地は大井川鉄道の家山駅だったそうです。古い駅舎に蒸気、そう言われると確かにそうですね。
横溝+市川の金田一映画は好きですが、特に好きなのがこの映画でした。若山富三郎の磯川警部の演技が味があってよかったと思います。

映画の内容について
ちょっとネタバレになりますが、殺人の動機は過去のある一人の男に纏わる恨みや嫉妬だったと思います。手毬唄の歌詞になぞらえて殺人を実行していくのですが・・・
第一の殺人「枡屋の娘」と第二の殺人「秤屋の娘」についてはあれほど凝った演出をしたのに対し、第三の殺人「錠前屋の娘」は何故かとてもいい加減なんですよね~。その結果が、"最悪の悲しい結末"を呼ぶことになってしまいました。

テーマ曲について
大野雄二の「犬神家の一族」の曲もいいですが、こちらも映画の世界観に合っていると思います。

ロケ地について
「悪魔の手毬唄」では"総社駅"として家山駅が出てきますが、犬神家の一族」は"那須駅”が出てきます。多分架空の駅だと思いますが、ロケ地は昔の駅舎のあった篠ノ井駅らしいです。それと、鹿賀丈史が金田一を演じた「悪霊島」のラストシーン。金田一が消えていく街中には「国鉄笠岡駅」という看板が見えます。let it be・・・



えーそれでは駅の様子。駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム2面4線、更に単式ホーム北側の切欠きが1線で計3面6線。駅舎は橋上にあります。
島式2,3番ホーム新見方からの様子。3番線から新見行きが出発するところです。
P1210457_総社_R

東側にある単式ホームの新見方面。
1番線に岡山行きが到着。その奥が切欠き0番線、キハ47でしょうか。0番線は吉備線の専用のりばです。
P1210458_総社_R

1番線の岡山行きは213系の2連。西日本の213系は爽やかな青帯です。
P1210459_総社_R

2,3番ホーム倉敷方からの様子。左(西)には短いホームが見えますね~。
P1210462_総社_R

この短いホームが5,6番線で井原鉄道ののりばとなります。
P1210460_総社_R

階段を上って改札口へ。JR側はJR西日本の直営駅ですが、みどりの窓口はこの前月に廃止されたそうです。こちら向きの白い壁部分が窓口だったんだろうな~。訪問時は改札横の窓口も閉じられていました。
P1210464_総社_R

この手前が東西自由通路になっていて、左に向かうと井原鉄道ののりばや西口に行けます。まずは東口へ。

東口の様子。駅の開業は1925(大正14)年2月。駅舎は1998(平成10)年12月、井原鉄道の開業に伴って橋上化されたそうです。東口側には商店も多く、市役所もこちら側にあります。
P1210465_総社_R

次は西口へ。こちらは住宅地といった感じです。
P1210469_総社_R

西口の横から井原鉄道の5,6番線が覗けました。6番線に列車が停車中。北側で線路は途切れています。
P1210467_総社_R

お隣の5番線も同じです。
P1210468_総社_R

井原鉄道ののりばに向かいましょう。
改札口はJRとは別にあります。窓口があるのですが、無人駅扱いになるそうです。撮影は失念><
改札口を抜け階段を下りて5,6番ホームへ。
P1210470_総社_R

5,6番ホーム清音方からの様子。井原線の開業は1999(平成11)年1月のこと。ホームは造りから見るとその時に設置されたものだと思います。
P1210474_総社_R

それでは乗車します。6番線の車両はIRT355形気動車の0番台、IRT355-08の単行。出力が355PSなんだそうです。キハ120によく似てますね。
P1210471_総社_R P1210472_総社_R

ちなみに乗客は私一人でした・・・。

行程:三菱自工前(32倉敷市行)倉敷市(徒歩)倉敷(855M新見行)総社(4340D神辺行)早雲の里荏原

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
松理  

 『男はつらいよ』では千頭駅が出てきますが,設定は,確か木曽でした。
 同じく『男はつらいよ』では備中高梁が出てきます。蒸気機関車が活躍していた時代です。

2021/05/26 (Wed) 19:24 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
男はつらいよ

松理さん、こんばんは。
「男はつらいよ」、詳しいのですね。

千頭・・・昭和53年の第22作「男はつらいよ 噂の寅次郎」かなと思います。大井川や木曽福島が出てきます。千頭駅前の食堂がロケに使われたらしいです。
備中高梁・・・昭和46年の第8作「男はつらいよ 寅次郎恋歌」と昭和58年の第32作「男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎」。備中高梁は博の実家という設定だったんですね^^;
時間をとってひと通り見てみたいです。

2021/05/26 (Wed) 21:19 | EDIT | REPLY |   
koganeturbo  

こんばんは。
磯川警部とのラストシーンは名場面ですよね。何度もDVDを見返しています(笑)
ちなみに獄門島のシーンで、金田一が笠岡で復員兵に船着場までの道を尋ねるシーンも好きです。

2021/05/26 (Wed) 22:20 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
獄門島

koganeturboさん、こんばんは。
名場面・・・強く同感です(笑)
獄門島のほうは最初のほうのシーンだったと思います。確か傷病手当?か何かがお目当てなのがバレバレの復員兵ですよね? あれも笠岡だったんですね。

2021/05/27 (Thu) 17:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply