西日本完乗への道-広島編(8) 水島臨海鉄道水島本線 常盤駅と栄駅 ~予定変更でお昼ご飯~

きゃみ

水島駅から予定変更。水島臨海鉄道水島本線を折り返し、ひと駅戻って常盤駅で下車しました。
P1210406_常盤_R P1210408_常盤_R

常盤駅は岡山県倉敷市水島東常盤町にある無人駅。「常盤駅」・・・他にもありそうな駅名だな、と思って調べてみたところ、やはりいくつかありました。
 常盤駅・・・宇部線(山口県)、京福電気鉄道北野線(京都府) ※天北線(北海道)にもありましたが廃止。
 [番外]北常盤駅・・・奥羽本線(青森県)、信濃常盤駅・・・大糸線(長野県)
 [番外]同じ読みだと、甲斐常葉駅・・・身延線(山梨県)、磐城常葉駅・・・磐越東線(福島県)
 [番外]地元にある駅だと、ときわ台駅・・・東武東上線(東京都)、同名が大阪の能勢電鉄妙見線にもあるそうです。

駅構造は高架上の単式ホーム1面1線。開業は1992(平成4)年9月で、浦田~三菱自工前間の高架化と同時に開業した新しい駅です。

水島方面。ホームは線路の東側にあります。ビジホ以外に高い建物が無いので見晴らしがよいです。
P1210409_常盤_R

倉敷市方面。駅構造の観点から見ると面白みがありません・・・
P1210407_常盤_R

ホーム上屋やベンチ、出入口は水島方にあります。
P1210410_常盤_R

駅外観、南東側からの様子。駅舎や改札口は無く、階段を下りて直接出入りできます。
P1210411_常盤_R

さて、お昼ご飯にしましょう。
地図で確認すると、駅の西側だけに多くの飲食店が集中しています。実際に行ってみると、飲み屋やスナックばかりでした。夜の街なんですね~。まっぴるまなので空いている店はもちろんありません。そんな街をてくてく歩いていくと、1軒だけ中華料理店を見つけました。そこでお昼にします。
DSC_0053_20210325_とらや_R

八宝菜の定食をいただきながら、以降の計画練り直しです。まず三菱自工前駅まで行って折返し、伯備線で総社駅に戻って1本遅れの井原線に乗車します。計画では井原駅あたりで下車する予定でしたが、下車を取りやめて時間を取り戻すことにしました。

食事の後はお散歩。隣の栄駅まで歩いて訪問駅を稼ぎます(微)
線路沿いは遊歩道になっていました。
P1210412_常盤~栄_R

営業キロでたった0.4km、栄駅に到着です。南西側からの駅舎外観。
P1210413_栄_R

栄駅は岡山県倉敷市水島東栄町にあるこちらも無人駅。
「栄駅」も他にありそうな駅名です。真っ先に思いつくのは、名古屋市営地下鉄栄駅。近くには名鉄瀬戸線の栄町駅もあります。昔、通勤で使ってた懐かしい駅です。
他には神戸電鉄粟生線にもありました。かつては北海道の富内線にも同名の駅があったそうです。

西側駅前は常盤駅の雰囲気とは全く異なり、桜の公園がありした。
P1210416_栄_R

駅構造は予想通り高架上1面1線の棒線駅。ホームは線路東側。常盤駅と同じようなつくりです。
P1210415_栄_R

この駅は線路が高架化される前からあったそうです。元々は1960年代に開設された操車場で、地上駅の頃は1面2線で側線もある構造だったようです。操車場ということは広い駅構内を持っていたと思いますが、西側にある公園が操車場の一部だったのかもしれませんね。

しばらく待っているとまず倉敷市行きが到着。数名が乗車していきました。
そのすぐ後に目的の三菱自工前行きがやってきました。
P1210419_栄_R P1210414_栄_R

やってきたのはMRT304の単行。水島駅から乗車した列車の折返しでした。やっと先に進めます。

行程:水島(28倉敷市行)常盤(徒歩)栄(27三菱自工前行)三菱自工前

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 8

There are no comments yet.
松理  

 「常盤」ですが,「じょうばん」と読む駅名はないものかと考えてしまいました。
 静岡県には甲子園で優勝したことがある「常葉(とこは)菊川高校」があります。

 私は,かつて掛川市の栄町に住んでいました。

2021/05/24 (Mon) 19:45 | EDIT | REPLY |   
 風来梨  
さかえ と ときわ

こんばんは。

さかえ駅で降りた事があるのは、分家?の寒河江駅ですね。 他には、京阪の京津線がまだ路面電車だった頃に上栄町で降りた事があります。 この上栄町はJRの大津駅の乗換駅なので、京阪との乗り継ぎで何度か乗り降りした事があります。 でも、本家の『栄』は降りた事がないですね。

ときわ駅で降りたのは、この駅のみという稀なケースですね・・、私の場合。 この駅に、降りるにあたって『乗降場リバース』の荒業を駆使しました。 この時に、駅寝にまつわる我が記録を更新しましたよ。 あぁ、あの頃は若かった。

『路線の思い出 寿仮乗降場』
https://furai58.blog.fc2.com/blog-entry-1858.html

2021/05/24 (Mon) 20:35 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
栄町

松理さん、こんばんは。
私も「じょうばん」で探してみたのですが、意外にも無かったです。
常葉大学は知りませんでした。「とこは」と読むんですね。
「栄町」は全国にあると思います。掛川の中でも栄えているところなんでしょうね~。

2021/05/25 (Tue) 00:36 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
北海道の国鉄ローカル線

風来梨さん、こんばんは。
天北線や興浜線はバスで行こうと目論んでいるのですが、時間が経つにつれ本数も減っているようですね。難易度がどんどん高くなっていきます・・・。あまり調べてはないですが、訪問が厳しそうなのは万字線や白糠線あたり。美幸線もバスがなかったかもしれません。

2021/05/25 (Tue) 00:46 | EDIT | REPLY |   
 風来梨  
オホーツク縦貫鉄道代行バス

こんばんは。

私の知ってる限りですが、オホーツク縦貫鉄道の代行バス一覧です。

厚床~中標津 ナシ
中標津~根室標津 阿寒バス
根室標津~越川~斜里 ナシ
網走~中湧別 湧網線区間 あったけと撤退、コミュニティバス化
中湧別~興部~雄武 北紋バス
雄武~北見枝幸 宗谷バス
北見枝幸~浜頓別 宗谷バス
浜頓別~宗谷岬周り~稚内 宗谷バス

でも、あっても1日2~4便で、接続は全く考慮されてません。 根室から稚内までバスで行くとしたら、2週間位かかるかも。 ちなみに私はレンタカーで行きました。 約600㎞で、景勝地や遺構めぐりしなからで2泊3日ですね。

天北線 鬼志別~小石 コミュニティバス(住民の予約があれば運行なので、一般客の利用不可)
小石~曲淵 ナシ
曲渕~稚内 コミュニティバスで、小石同様一般客の利用不可

美幸線 美深~仁宇布 もあったけど撤退

歌登~北見枝幸はバスがあります。
歌登町営軌道の代行バスですね。
北見枝幸は稚内に次いで宗谷支庁第二の町なので、北見枝幸のバスターミナルから放射状にバス路線かあります。

2021/05/25 (Tue) 22:06 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
Re: オホーツク縦貫鉄道代行バス

>風来梨さん
おお、すごい! ありがとうございます。
根室~稚内、2週間ですか・・・^^;
稚内から中湧別までは時間がかかりそうですが、乗り継いで行けそうですね。せいぜい紋別までがバスでそこから南はレンタカーが現実的か・・・? とにかくまとまった休みが必要そうですね。

2021/05/25 (Tue) 23:15 | EDIT | REPLY |   
 風来梨  
追加情報です

こんばんは。

北見枝幸と紋別は、バスで行くのも比較的容易ですね。 両方の街ともに、札幌から特急バスが出てますから。

特に北見枝幸の方は、美深から『天の川トンネル』など、美幸線の未成線道路を通ります。 でも、特急バスなので美深から歌登はノンストップで、仁宇布や志美宇丹などは通過です。

お陰で音威子府は落ちぶれて、天北線ルートも音威子府~中頓別はバスがありません。 逆に日本一の赤字線の代替ルートと歌登町営軌道のルートが北見枝幸・浜頓別へのメインルートになってますね。

今になって美幸線の建設理由が、道路化して大成した・・という、「時の流れとは奇なり」ですね。

2021/05/26 (Wed) 22:20 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
Re: 追加情報です

風来梨さん、こんばんは。
追加情報ありがとうございます。
仁宇布駅跡は立ち寄りたいところですね・・・。音威子府から先にバスが無いというのも悲しいです。
北海道入りは直接飛行機で紋別という手があるかもしれません。そこから宗谷岬を回って、幌延から羽幌を経由して留萌まで・・・夢のまた夢ですね~。

2021/05/27 (Thu) 17:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply