週末パス20晩秋(11) えちごトキめき鉄道・信越本線 直江津駅 ~かつての二大幹線の接続点~

きゃみ

二本木駅から妙高はねうまラインを更に北上します。
次の新井駅で列車交換が行われると、一気に日が暮れました。日が短い・・・。
北陸新幹線と接続する上越妙高駅を越え、独特な駅舎のある高田駅を抜け、駅名が気になって下車候補にしていた春日山駅も日が沈んだ後の到着で下車を諦めます。

そして列車は終点の直江津駅に到着です。4番線着。これにて週末パスエリアの全路線踏破完了です!
P1210093_直江津_R P1210095_直江津_R

直江津駅は日本海に面した新潟県上越市にあるえちごトキめき鉄道とJR東日本の駅。駅業務は「トキ鉄」担当で、本社も置かれている「トキ鉄」の中枢駅です。かつての直江津市の代表駅で、信越本線と北陸本線という2大幹線の接続点。日本海縦貫の優等列車が頻繁に発着していました。駅構内も広く機関区や運輸区も置かれていました。駅の東側、関川の近くには扇形車庫や転車台も残されているようです。

現在の乗り入れ路線は、「トキ鉄」が日本海ひすいラインと妙高はねうまラインでどちらも終点、JRは新潟方面に生き残った信越本線の計3路線。また、信越本線の犀潟駅から北越急行ほくほく線の列車も乗り入れています。

駅構造は島式ホーム3面6線で北から1~6番。駅舎は東寄りの橋上にあります。
3,4番ホーム西側からの様子。
4番線に当駅止まり、5番線に妙高高原行きが停車中。どちらも妙高はねうまラインのET127系です。
P1210094_直江津_R

同じく3,4番ホーム東側から。左奥の6番線に北越急行の車両が見られました。
P1210096_直江津_R

6番線の越後湯沢行きはHK100形。2連後方車両には「ゆめぞら」というHMがつけられていました。トンネルに入ると天井が巨大スクリーンになるという「シアター・トレイン」だそうです。ほくほく線はほぼトンネルですからね~。
P1210098_直江津_R

越後湯沢行きが出発した後の6番線には信越本線の長岡行きがやってきました。E129系です。
P1210109_直江津_R

橋上駅舎に上がって西方面、2,3番線の様子。3番線には日本海ひすいラインの気動車がいました。
P1210101_直江津_R

3番線の泊行きはET122形気動車の単行。JR西日本の姫新線などで走っているキハ122形をベースに製造されたそうです。顔かたちは似てますね。
P1210104_直江津_R

こちらは一番北の1,2番ホーム西側から。左の1番線は・・・
P1210107_直江津_R

東側が頭端式になっています。こののりばは日本海ひすいラインのみが発着するようです。
P1210105_直江津_R

駅舎に上がって改札口の様子。前述のように駅業務は「トキ鉄」、信越本線もJRから委託されています。
P1210110_直江津_R

表玄関にあたる海側の北口へ。
駅舎は2000(平成12)年4月に改築された4代目だそうです。自由通路を含めて客船「飛鳥」をイメージしたという白い建物。なるほど、わかる気がします。ちなみに3代目は三角屋根の名駅舎でした。
P1210114_直江津_R

次は南北自由通路を通って南口へ。
自由通路は「あすか通り」といわれているそうです。丸窓は客船をイメージしているんでしょうね~。
P1210111_直江津_R

南側には多くの側線が並びます。東方面にはかつての機関区があり、現在は「トキ鉄」の車両基地となっています。この奥に転車台などがあるようですが、暗くて見えません><
P1210116_直江津_R

南口に出てきました。辺りは真っ暗でした。まだ17時半前なんですけどね・・・。
P1210117_直江津_R

今日の駅巡りはここまで。南口側にあるホテルに向かいます。
10分ほど歩いた先にあるチェーンビジホ。同じチェーンの会津若松のと比べて設備はずっとよかったです。
ホテルと同じ建物にあったラーメン屋さんで夕食にしました。GoToクーポンは使えなさそうだったので、近くのコンビニで消費しました(微)
P1210118_アルファーワン上越6階_R DSC_0024_せいほう国道(味噌ラーメン)_R

翌朝は5時前には起床して、6時過ぎにチェックアウトして駅へ。
とりあえず前日に踏破の目標は達成したので、後はテキトーに計画して長岡方面に向かうことにしました。
5番線から信越本線の長岡行きに乗車します。
P1210120_直江津_R

乗車車両は2連先頭車のクモハE129-115。もちろん左ボックスを確保。6:26に出発です。

行程:二本木(2359M直江津行)直江津[泊](1325M長岡行)鯨波

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
こまち6号  
直江津

こんばんは。なんか駅舎違うなあ、と思ったら、私が直江津に行ったのは1998年だったようです。もう23年前です、、その頃は北越急行のはくたかも160km/h運転していて、なんて、もう大昔の話なんですね。
直江津の隣の黒井で降りて、頚城鉄道の廃線跡を辿って欲しいところですが、多分スルーされてますよね(笑)頚城鉄道は軽便鉄道マニアの聖地なんですよ。

2021/05/06 (Thu) 21:54 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
頚城鉄道

こまち6号さん、こんばんは。
1998年だと多分3代目駅舎の頃だと思います。はくたかや雷鳥、白鳥、北越などが発着していたころだと思います。
頚城鉄道は初めて知りました。地図を見ると黒井駅付近から東にまっすぐきれいに田んぼを貫く道路がありますが、それが線路跡ではないでしょうか?その先に「くびき野レールパーク」があります。百間町駅の機関区跡だそうです。
さらに東に進んで、ほくほく線のうらがわら駅付近に終点があったようです。優先度は低いですが訪問してみたいですね。

2021/05/06 (Thu) 23:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply