週末パス20晩秋(10) 妙高はねうまライン 二本木駅 ~その2 スイッチバックの列車交換風景~

きゃみ

二本木駅の続きです。
ホームから地下道を抜けて駅舎に向かいます。地下道には昔の写真が展示されていました。昔の駅舎の様子や、広々とした駅構内でスイッチャーが活躍する写真などが見られました。
P1210081_二本木_R P1210069_二本木_R

駅舎内窓口の様子。現在は無人駅扱いで窓口はシャッターで閉じられていました。
P1210070_二本木_R

昔ながらの駅舎によくある手荷物取扱所には、展示物が並びます。
P1210071_二本木_R

この向かい、多分昔は待合室だったと思われる仕切られた広い場所は「なかごう さとまむ~る」という名前の喫茶のようになっていました。営業時間は16:00までということで店じまいが行われていましたが、ちょっとお邪魔しておねえさん?から記念に入場券セットを購入しました。
20201128_二本木(入場券)_R

駅舎外観。1911(明治44)年5月の開業時からのものだそうです。庇付きのなかなか立派な駅舎です。
P1210076_二本木_R

数年前にお色直しされたとのことで、屋根の青さが鮮やかですね。
P1210075_二本木_R

駅横にはSLの動輪ではなくタンク貨車の車輪が展示され、レンガ造りのランプ小屋も保存されていました。タンク車は専用線で駅とつながっていた工場の所有だそうです。
P1210077_二本木_R P1210078_二本木_R

駅は東側から見ると高い位置にあり・・・
P1210074_二本木_R

駅前通りは坂になっています。この手前方面に直江津方面へ下っていく線路があるわけです。
P1210072_二本木_R

駅前通りを南に向かうと踏切がありました。線路は奥の妙高高原方面に向かって登っています。
P1210073_二本木_R

次は線路終端側に行こうかと思ったところ、バサバサと音がして雹が降ってきました。畑のビニールに降りかかって盛大に音をたてています。激しいです・・・。あちゃー、仕方なく駅に避難します。
そのまま駅に滞在して次の列車を待つことにしました・・・。

到着時間近くになってホームに上がり、雨のなか端っこで列車をまちます。雪にはなりませんでしたが、線路脇のスプリンクラーが作動していました。
踏切の音が聞こえるとまず見えたのが妙高高原行き。待避線に入っていくのが見えます。
P1210084_二本木_R

すると奥から直江津行きがやってきて待避線の手前で停車。一旦前照灯を落とします。
妙高高原行きはテールランプをつけたままスイッチバックしてこちらに向かって動き出します。その間に直江津行きの前照灯が点灯、同じくこちらに向かって動き出します。
P1210085_二本木_R

妙高高原行きが1番線に入線。直江津行きも後ろから近づいてきて・・・
P1210086_二本木_R

間髪入れずに真っすぐ2番線に入線します。
P1210087_二本木_R

こういう光景を見るのは面白いですね~。
それでは2番線の直江津行きに乗車します。乗車車両は2連後方のET126-10。後方展望に徹しようと思いますが、すぐ先頭車になりますね。
P1210088_二本木_R

まずこちらの出発となりました。運転士さんは移動することなく窓から外を覗きながらバックしていきます。ちなみに運転士さんがスイッチバックするたびに車内を移動する様子は、木次線肥薩線の単行列車で見られました。豊肥本線もそうだったかな??

あとは前回撮影したとおりに線路を渡っていき、待避線に入って停車、向きを変えて直江津方面に逸れていきます。この様子を後方展望で撮影を試みましたが、雨粒でよくわからない画像となってしまったので今回は載せません><

行程:二本木(2359M妙高高原発直江津行)直江津[泊]

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
こまち6号  
全く重要な問題ではありませんが

こんばんは。SLの動輪とのことですが、添えられた写真、車軸端の三角おむすびなどから見てこれはタンク貨車の車輪じゃないでしょうか、、

2021/05/05 (Wed) 21:58 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
タンク車の車輪

こまち6号さん、こんばんは。
すいません、その通りです^^; あとで調べるつもりで仮文章をテキトーに書いたままにしてました・・・。
説明文によると日本曹達株式会社二本木工場が所有していたタンク車の車輪だそうです。工場まで専用線が出ていたようですね。

2021/05/05 (Wed) 22:06 | EDIT | REPLY |   
こまち6号  
今更ですが

こんばんは。私、良く雑誌の国鉄時代を見てたんですが、SL時代の信越本線のスイッチバック駅と言えば、この二本木の隣の関山駅が出てくるんですが、全く触れられていなかったので、ああ、関山はスイッチバックは廃止になったんだったな、でも今は?と思い、アースで見たところ、しっかり旧駅の線路は残っているんですね。これは現役時代に見たかったです。

2021/05/06 (Thu) 00:04 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
関山駅のスイッチバック遺構

こまち6号さん、こんにちは。
関山駅がスイッチバック構造だったというのを聞いたことはありましたが、意外に最近(といっても80年代ですが・・・)まで使用されていたとは知りませんでした。
北西方向に線路跡が見えますね~。下車候補駅に加えます(笑)

2021/05/06 (Thu) 12:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply