週末パス20晩秋(3) 小海線 乙女駅 ~しなの鉄道との合流点にある駅~

きゃみ

中込駅から小諸行きにやっと乗車できました。
列車は"佐久平"を北上、まず岩村田駅で列車交換が行われました。
岩村田駅は島式だったホームを片面潰した単式ホーム2面2線の構造で、業務委託駅だそうです。
P1200935_岩村田_R P1200936_岩村田_R

北陸新幹線の交差する佐久平駅を高架で抜けて更に北上。なの鉄道線の線路が寄ってきたところで、終点2つ手前の乙女駅に到着。ここで下車します。
P1200938_乙女_R P1200939_乙女_R

乙女駅は長野県小諸市内にある小海線の小さな無人駅。太多線の姫駅匹敵する印象的な駅名ですね。駅の所在地は「甲」というらしいですが、「乙女」という地名は線路の北側に実際にあるようです。
駅名の由来はWikipediaによると・・・遠くまで見える大遠見(おおとおみ)に由来している。泉を見つけた乙女という少女がいたから、また、ここが小諸藩の御留め場であったからという説もある』

駅構造は単式ホーム1面1線。線路の南側にホーム、そして北側には元信越本線、つまりしなの鉄道線が並走しています。駅間の短い元私鉄だった路線によくみられるパターンだと思います。他に思いつくところでは身延線の金手駅福島交通の曽根田駅など。まだまだあると思います。

しなの鉄道の115系がビュンと通過していきました。
P1200940_乙女_R

出入口は2か所、東西それぞれにありました。西側の出入口は階段になっています。この階段を行くと「乙女湖」という人工池がある公園に出られるそうです。
P1200941_乙女_R

そこからの駅の様子。駅の東側には陸橋が見えます。
P1200942_乙女_R

こちらはその陸橋下にある東側の出入口。
手前は小径になっていたと思いますが、階段もあって陸橋につながっています。
P1200947_乙女_R

陸橋上にある駅の入口。この陸橋は繰矢川という川と線路を跨いでいます(地図上では北川になってます・・・?)。
P1200944_乙女_R

陸橋から駅の様子。ホーム上に待合室があります。埋もれた感じで屋根が見えますが民家でしょうか?
P1200945_乙女_R

しばらく待っていると小諸からの列車が到着しました。
P1200948_乙女_R

しなの鉄道との合流点は陸橋の東側にあります。南に大きくカーブしていくのが小海線。さいなら~
P1200949_乙女_R

さて、もうお分かりかもしれませんが・・・ここから徒歩でしな鉄の駅にショートカットします(笑)
目標は東側の平原駅。道のり1.6km、徒歩で21分の計算です。

行程:中込(131D小諸行)乙女(徒歩)平原

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 6

There are no comments yet.
松理  

 小海線が日帰り不可能になった理由は,小淵沢で乗り換える便が,小諸行きでなくて野辺山行きになったからで,終電繰り上げとは関係ありません。

>駅の所在地は「甲」というらしいですが、「乙女」という地名
 2つを合わせると「甲乙」です。「へえ(丙)」って感心するばかりです。

2021/04/27 (Tue) 20:02 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
甲乙丙丁(戊を飛ばして)己

松理さん、こんばんは。
ダイヤは細切れになっていく傾向にあるようですね。
「へえ」、そう来ましたか(笑) なるほど甲乙ですね。
で、もしやと思い小諸市を調べてみたら・・・
なんと、甲、乙、丙、丁、(戊を飛ばして)、己、という地名がありました(驚)
乙は乙女とは別にちゃんとあります。

2021/04/27 (Tue) 20:44 | EDIT | REPLY |   
総武特快佐倉  

こんばんは。

しな鉄と分岐する手前の小さな駅ですね。
御代田近辺で撮影して長野方面へ移動する際にいつも見てます。
JRのほうが単線非電化でしな鉄のほうが立派な複線というのが
複雑な心境です。
元々が信越本線でしたからね。。

2021/04/27 (Tue) 20:46 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
かつての特急街道

総武特快佐倉さん、こんばんは。
御代田駅は遥か昔はスイッチバック構造だった駅です。それだけ勾配のきつい区間なのかと思います。撮影もし甲斐のある区間なのかな?
今でこそ軽井沢の先が分断されて、ローカル色が強いですが、かつては昼夜に優等列車がガンガン走る特急街道でした。
線路は線形のいい当時のままだと思うので、115系がぶっ飛ばしてますよね。

2021/04/27 (Tue) 21:17 | EDIT | REPLY |   
●kuromaru  

こんばんは。
自分も昨年初めに乙女駅で下車しました。
しなの鉄道も小海線も次々と撮影できておいしい場所でした。
乙女駅の由来が乙女という少女ならいいですが、御留め場だとなんかガッカリです。

2021/04/27 (Tue) 21:42 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
乙女の由来

●さん、こんばんは。
乙女駅付近では、平原側にあるもうひとつの陸橋から撮られていたようですね。
しなの鉄道の115系は数を減らしているようです。今回の旅でも見たことのない車両がいくつか走ってました。
乙女の由来・・・「泉を見つけた少女」だったらキレイですが、きっと「大遠見」や「御留め場」のほうなんでしょうね^^;

2021/04/27 (Tue) 22:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply