会津鬼怒川駅巡り20秋(2) 野岩鉄道会津鬼怒川線 龍王峡駅 ~鬼怒川の渓谷「龍王峡」~

きゃみ

下今市駅から「リバティ会津」に乗車して東武鬼怒川線に入りました
列車は大谷川を渡って北上を開始。リバティは各駅に停車していきます。新高徳駅あたりから鬼怒川と並走するようになります。左車窓がお勧めかなと思います。

列車は温泉街の玄関口にあたる鬼怒川温泉駅に到着です。「SL大樹」はここまでの運行ということで、駅構内には転車台もあるそうですね。ただ、一番印象に残ったのは駅を越えた先にある大きな廃墟ホテルでした・・・。

さて、駅巡りの開始です。東武線終点の新藤原駅に到着。下車予定の駅ですがここはスルー。効率よく巡るために『行ったり来たり戦法』で行こうと思います。
このまま野岩鉄道会津鬼怒川線に入って最初の駅、龍王峡駅で下車します。超快適だった「リバティ」とはここでお別れ。
P1200600_龍王峡_R P1200602_龍王峡_R

龍王峡駅は栃木県日光市藤原にある野岩鉄道の駅。駅構造は単式ホーム1面1線ですが、ホームの半分はトンネル内にあります。実はこの先にも山岳トンネル駅があって下車を楽しみにしていたのですが、この駅も半分とはいえトンネル駅だったとは知りませんでした。※「トンネル駅」タブの追加認定(笑)※
ちなみに半分トンネルというと福知山線の武田尾駅を思い出します。

新藤原方面の様子。奥がトンネルでその上に駅舎があります。
P1200604_龍王峡_R

トンネル内部はこんな感じ。「第1イの原トンネル」
P1200605_龍王峡_R

会津高原尾瀬口方もすぐ先にトンネルがあります。沢が流れる地点で一瞬だけ地上に出たところに駅を作ったといった感じです。
P1200603_龍王峡_R

階段を上がって駅舎に向かう途中、鬼怒川温泉行きの列車がやってきました。会津鉄道の気動車のようです。
P1200628_龍王峡_R

駅舎・・・というか駅入口の様子。窓口にはおばちゃん駅員さんがいました。硬券はないとのことです。
P1200608_龍王峡_R

駅前には広い駐車場があって、お茶屋さんや食堂が並び、その裏手に鬼怒川が流れています。そのあたりに駅名にもなった「龍王峡」と呼ばれる渓谷があるようです。向かってみましょう。

まずつづら折りに下っていきます。
P1200610_龍王峡_R

しばらく下っていくと滝が現れました。「虹見の滝」
P1200613_龍王峡_R

その向かいにある小さなお社様。「龍王神社」というらしいです。
P1200617_龍王峡_R

紅葉はそこそこといった感じでしょうか。
P1200614_龍王峡_R

滝の向こうに見えていた橋。「虹見橋」に向かいます。
P1200616_龍王峡_R

多分橋の上からの眺め。日の向きからすると下流方面
P1200622_龍王峡_R

橋の影からすると上流方面。「龍王峡」はその光景が"龍がのたうつような姿"に見えることから名づけられたそうですが、ここからの眺めでわかるような気がします。
P1200623_龍王峡_R

「虹見の滝」と崖上にある龍王神社」
P1200624_龍王峡_R

最後1枚を撮って駅に戻ります。帰りは登り・・・えっほ。
P1200626_龍王峡_R

駅に戻って次の列車に乗車します。
やってきたのは新藤原行きの2連電車でした。後方車両のクハ62201に乗車してひと駅戻ります。
P1200629_龍王峡_R

車両形式は6050系のようです。新栃木から乗車した急行と同形式ですね。
6050系は東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道で同形式のものを所有しているそうです。野岩鉄道が100番台、会津鉄道は200番台。今回乗車した61201-62201は会津鉄道の所有車両とのことです。

行程:下今市(1101「リバティ会津101号」会津田島行)龍王峡(852会津田島発新藤原行)新藤原

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
松理  

>効率よく巡るために『行ったり来たり戦法』
 これを一度やってみたいのですが,いまだにできていません。やるとしたら天竜浜名湖鉄道が最有力です。

2021/04/07 (Wed) 20:49 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
行ったり来たり戦法

松理さん、こんばんは。
この戦法、はまればかなり効率よく駅巡りができると思います。ただ、下車できる駅が限られます。交換駅はまず無理だと思います・・・。
天浜線はちょうどいい塩梅の路線かなと思います。

2021/04/08 (Thu) 00:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply