西日本完乗への道-関西JR編(23) 関西空港線・南海空港線 関西空港駅 ~大阪の空の玄関口~

きゃみ

日根野駅から関空快速で関西空港線に入りました。
関西空港線は日根野から大阪湾の泉州沖に浮かぶ関西国際空港とを結ぶ空港アクセス路線。開港に先立って1994(平成6)年6月に開業したという新しい路線です。

列車は駅を出ると高架に上がり右カーブしてから関空道と並走するようになります。
右側から南海の線路が寄り添ってくるとりんくうタウン駅に到着します。2番線着。
P1200167_りんくうタウン_R P1200168_りんくうタウン_R

りんくうタウン駅は大阪の副都心に位置付けられている「りんくうタウン」の玄関口で、空港の対岸にあります。乗り入れ路線は関西空港線と南海空港線の2路線。JR西日本と南海の共同使用駅となります。
駅構造は島式ホーム2面4線。内側2,3番線にJR、外側1,4番線に南海が発着し、各ホームが進行方向別になっています。つまり、1つのホームを2社で共用している形となります。コンコースも改札口も共用だそうです。これはこの後に訪問する関西空港駅とは異なります。

ここでは2分ほどの停車時間がありましたが、その間にほとんどの乗客が下車していきました。

がらがらとなった列車が駅を出ると、南海の線路が合流して2社で線路を共有するようになります。成田空港への成田線と京成線も似たような構造だったと思いますが、あちらは単線並列だったかな?
線路共有の複線になると2重構造の橋を渡り始めます。
関西国際空港連絡橋」・・・全長3,750メートルで世界最長のトラス橋。在来線の橋としても最長なんだそうです。上層に関西空港自動車道、下層に複線線路の構造。ちょっと前の台風でタンカーが衝突した橋ですよね・・・。

橋を渡り切り左にカーブすると終点の関西空港駅に到着しました。
4番線の到着。列車は折り返しも関空快速になると思いますが、「大阪環状線」表示というのが面白いですね。
P1200169_関西空港_R

関西空港駅はその名の通り「関西国際空港」へのアクセス駅。大阪の空の玄関口ですね。これでまたひとつ「空港アクセス駅」をクリアできました^^

所在地は大阪府泉南郡田尻町泉州空港中となるそうですが、ホームは泉佐野市にも跨っているそうです。

一応・・・乗り入れ路線はJR西日本の関西空港線と南海電気鉄道の空港線の2路線で、どちらも終点となります。
駅構造は南海とJR西日本のそれぞれの島式ホーム1面2線が並ぶ計2面4線りんくうタウン駅とは異なり、ホームは会社別になっています。番線は南側の南海から連番になっていて1~4番線。駅舎は橋上にあり、コンコースや改札口はJRと南海で完全に分かれています。

線路終端側から3,4番線の様子。ホームは長くて広々としていますが、少々持て余し気味です・・・。
P1200171_関西空港_R

「はるか」はいませんでしたが、お隣の南海を見ると・・・2番線に「ラピート」はいました。
「ラピートβ」という表示があったと思います。この駅の雰囲気に似合っている気がします。・・・これ、絶対「鉄人28号」を意識してますよね^^;
P1200170_関西空港_R

階段を上がってコンコースを抜け、下車印もらって改札口をでました。
改札口の様子。手前がJR西日本、奥が南海。色分けがわかりやすいです。
とにかく広々としています。券売機や窓口がこの右側にあるのですが、広いので改札口から随分遠くに感じます・・・
P1200172_関西空港_R

空港はこの奥に見えるゲートの先にあるようです。向かってみましょう。
駅は第1ターミナルビルに直結しています。その連絡橋から駅舎の様子。
P1200177_関西空港_R

振り返ると第1ターミナルビルの入口があります。
P1200175_関西空港_R

関西国際空港を地図で見ると・・・
大きくは(多分)人工島の南北両側にそれぞれ東西に延びる滑走路があって、駅はその間に位置しています。第1ターミナルは駅に直結していますが、第2ターミナルは更に北側に離れていて、無料バスで連絡しているそうです。

第1ターミナルビル内の様子。この空港を利用することは位置的にはまずないだろうな。
P1200178_関西空港_R

空港内のコンビニで調達した朝食でしばらく休憩してから駅に戻ります。

復路はもちろん南海に乗車します(微)
券売機でとりあえず泉佐野駅までの乗車券を購入しますが、ちょっと高め・・・。瀬戸大橋線と同じような加算運賃が適用されているようですね。宮崎空港線にも適用されているらしいです。
20201024_関西空港(乗車券)_R

乗車するのは1番線から難波行き普通列車の4連。最後尾車両の"2152"に乗車します。
P1200179_関西空港_R P1200180_関西空港_R

この列車・・・土休日には1日2本しかない普通列車のようです。たまたま乗車することになりました。それ以外は空港急行と「ラピート」が大部分を占めています。
ちなみにJRのほうの土日の時刻表を見てみると、普通列車は同じく2本のみ。どちらも深夜便の日根野止まりでした。関空快速と特急「はるか」が大部分を占めています。

行程:日根野(4119M関空快速京橋発関西空港行)関西空港(7004難波行)貝塚

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
松理  

 世界最長のトラス橋ということですが,私としてはいくつの島で分断されても本四備讃瀬戸大橋が最長です。

2021/03/05 (Fri) 20:21 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
瀬戸大橋

松理さん、こんばんは。
瀬戸大橋は10個の橋の総称で、吊橋・斜張橋・トラス橋の併用。「世界一長い鉄道道路併用橋」でギネスに登録。・・・ということを今知りました^^;

2021/03/05 (Fri) 23:28 | EDIT | REPLY |   
虎の子南海  
臨時特別快速WEST関空号

虎の子南海です。
20数年前に関西空港~姫路間にWEST関空81,2号という臨時特別快速が運転されていました。
この、列車は大阪環状線の大阪駅には入らず、はるかと同じ新大阪に停車してからは、さらに京都方にある吹田信号所でスイッチバックをしてから、再び新大阪駅横の北貨物線を経由してから東海道線に入り後は、新快速と同じ停車駅で進んでいったように思います。以前は、関空特快「ウイング」やJR難波発関空快速等の指定席付きの列車等がありましたが、ケチな?関西人にとっては需要はそれほど伸びず廃止となりました。また、223系の一部の客室を改造しての手荷物専用スペースも設けられましたがこちらも見込めずに廃止となり元の客室に戻りました。

2021/03/07 (Sun) 09:22 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
吹田信号場

虎の子南海さん、こんばんは。
姫路と関西空港を結ぶ列車とは面白いですね。需要があったのでしょうか。
吹田信号場を探してみましたが、岸部駅の辺りにあったそうですね。新大阪から結構先まで行って折り返してたんですね・・・。

2021/03/07 (Sun) 23:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply