西日本完乗への道-関西JR編(10) 関西本線 JR難波駅 ~ミナミ繁華街の外れの終着点~

きゃみ

今宮駅から関西本線の201系に乗車しました。
列車は駅を出るとすぐに地下に潜り、そのまま終点のJR難波駅に到着しました。
1番線の到着。大阪環状線に続いて関西本線もとりあえずの踏破完了です。
P1190939_JR難波_R P1190940_JR難波_R

JR難波駅は大阪府大阪市浪速区湊町にある関西本線の終着駅。
開業以来長らく湊町駅と呼ばれ、東京にも優等列車が出ていたターミナル駅でしたが、1973年頃に優等列車は全廃され、1994(平成6)年9月に現駅名に改称されました。「JR」を冠する駅名は西日本に多いと思いますが、この駅が元祖だそうです。

駅構造は「なにわトンネル」内にある島式ホーム2面4線。「大阪シティエアターミナル」という複合施設の真下、地下2階に位置しています。改札口は地下1階に1か所、出入口は南北2か所あるようです。

かつての駅は地上にありました。櫛型ホームで多数の留置線、更には転車台もあったそうです。上本町、南海なんば、汐見橋、淀屋橋、かつての片町駅など、大阪には東京では見られない本当の意味でのターミナル型の駅が多いのが面白いと思います。

それでは駅の様子。
島式1,2番ホームの今宮方から。地下化は1996(平成8)年3月のことだそうです。
1,2番に普通列車、3,4番に快速が発着するそうです。訪問時は人がおらず寂しい構内でした・・・。
P1190942_JR難波_R

1番線の線路終端側の様子。線路終端はここからは見えませんでしたが・・・
P1190938_JR難波_R

2,3番線の線路終端は見えました。1,4番線はもう少し先まで延びていて引上げ線として使われているそうです。左奥の4番線の延長上に221系、右奥には201系らしき車両が見えます。
P1190937_JR難波_R

この先には延伸計画があるそうです。「なにわ筋線」といって、北梅田(大阪駅)を経由して、梅田貨物線と接続して新大阪方面と結ばれるそうです。駅はそれを前提とした造りになっているようですね。
北から来た「なにわ筋線」は更に西本町から分岐して南海とも接続される予定。2031年開業予定ということなので当分先ですね。

地下1階に上がったところに改札口があります。みどりの窓口のある直営駅です。
P1190943_JR難波_R

北口に出てみました。「大阪シティエアターミナル(OCAT)」は駅地下化の1996(平成8)年3月の完成。なぜ「エア」なのかなと思ったら、2階に空港行きの高速バスターミナルが併設されているそうですね。
P1190944_JR難波_R

駅前には千日前通が横切り、その上を阪神高速15号堺線の高架が通っています。道頓堀などのミナミの繁華街は東側に広がっているようで、駅はその外れにある感じです。地元でいうと池袋サンシャインの裏手といった印象。

東に向かえば近鉄と阪神の接点にあたる大阪難波駅や大阪メトロの難波駅が近く、更に先の日本橋駅や南海の難波とも地下道がつながっているそうです。「なんばウォーク」というらしい? ちなみに大阪の日本橋は「にっぽんばし」と読むんですねぇ。

地上時代の湊町駅は地下化される前の1989年に一度移転しているそうです。移転前は千日前通の向かいにある「湊町リバープレイス」というイベント施設がある場所にあったらしいです。その先には道頓堀川が横切っているので、線路はそこに突き当たる形になっていたと予想します。当時の駅舎の写真を見ると高速道路の真下にありました。

・・・記事を書いていると大阪の地名やシンボルの位置関係がわかってきて勉強になりますネ・・・

それでは繁華街のある東へ・・・と行くところかもしれませんが、そちらには目もくれずに西に向かいます(苦)
千日前通を西へ・・・途中でとってもそそられるお店を見つけました。焼きそばに本気なお店(微)
P1190945_JR難波→汐見橋_R

更に進むと都会には似つかわしくない駅が見えてきました。つづく

行程:今宮(1801K王寺発JR難波行)JR難波(徒歩)汐見橋

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
松理  

 青春18きっぷで大阪には何度も行っているのですが,通天閣を見たことがありません。大阪城も確か寝てしまって見ていないような。

2021/02/18 (Thu) 20:01 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
通天閣

松理さん、こんばんは。
わかります。乗り鉄目的だとそんな感じかなと思います^^; 特に日帰りの縛りがあるとなおさらだと思います。
通天閣は阪堺電車に乗車する時に見に行きたいですね~。

2021/02/18 (Thu) 22:53 | EDIT | REPLY |   
虎の子南海  
優等列車も発着していた駅

引き続きすみません、虎の子南海です。
JR難波(旧、湊町)駅は近鉄、南海、大阪メトロとは離れた場所にあり、駅間はすべて地下街で結ばれており雨の日も傘を差さずに行けます。また、JR難波駅の地下2Fには湊町高速バスターミナル、また地上へ上がると湊町渡船場があります。また、大阪近郊区間では、私鉄と競合している区間もあり、東京近郊区間にはないJR○○という駅名が私鉄と混在しないようになっているのも特徴です。
さて、話は横道にそれましたが、地上時代の湊町(現、JR難波)駅はかっては、大阪駅と
並ぶ大きな駅として栄えてきましたが、昔は、東京行きの急行「大和」や急行「かすが」はたまた名阪間を近鉄と対抗を意識してか直通の快速名古屋等が運転されていましたが、名古屋行き快速は、ほとんどがキハ35系で運転されていたようです。私の記憶では、湊町発和歌山線経由和歌山行きが運転されていて、今は亡き親父といっよに夏には奈良県五条の田舎に墓参りにいったものです。
関西本線も電化から約50年が経とうとしていますが、今では「大和路快速」のほか1日2本の京都行き快速が運転されている程度です。





2021/02/20 (Sat) 14:07 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
難波駅

虎の子南海さん、こんばんは。
「難波」とつく同じ名前の駅が会社によってばらばらにあるのは面白いですね。逆に梅田とか阿部野橋のように、JR駅のすぐそばにあるのに違う駅名だったりするのも大阪らしい気がします。
後ほど南海の難波駅も訪問しましたが、JRの駅とは比較にならないほど賑やかでした。まさにミナミのターミナル駅といった盛況ぶりでちょっと驚きました。

2021/02/20 (Sat) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply