西日本完乗への道-関西JR編(6) 大阪環状線 西九条駅 ~桜島線と梅田貨物線への実質の分岐点~

きゃみ

加茂駅から大和路快速に乗車して天王寺駅までやってきましたが、ここでは下車せずにこのまま進みます。天王寺駅は大和路線の発着する17番線から出発。

次に停車する新今宮駅には4番線に入線しました。後ほど知りましたが、4番線は大阪環状線外回り用ののりばだそうです。駅の手前で渡り線を通ったようですね。

その次の今宮駅は通過。おそらく3番線を通過したと思います。天王寺~今宮間は大阪環状線と関西本線(大和路線)の重複区間・・・線路構造については後ほど訪問した「今宮駅編」で語りたいと思います。

ということで列車は大阪環状線を外回りして、まずは西九条駅で下車しました。といいますか、大阪環状線って初めて乗車したかもしれません・・・。
1番の到着。駅名標がカッコイイですね。
P1190883_西九条_R P1190885_西九条_R

西九条駅は大阪府大阪市此花区西九条にあるJR西日本と阪神電気鉄道の駅。
「西九条」といえば個人的には京都の東寺の近くに縁がありますが、大阪にもあったんですね。この辺りにも碁盤の目のような路があったのでしょうか?

乗り入れ路線はJR西日本が駅の所属線である大阪環状線と当駅を起点とする桜島線。阪神が阪神なんば線の計3路線。阪神がここに乗り入れていることは知りませんでした・・・。

JR駅の開業は1898(明治31)年10月のことで、西成鉄道(後の西成線)の中間駅だったそうです。つまり今の桜島線に相当する路線の中間駅だったことになります。天王寺方面はずっと後の1961(昭和36)年4月に開業。これにより大阪環状線が全通したそうです。

JRの駅構造は高架上の島式ホーム2面3線。
Wikipediaから構内配線図を拝借。左が大阪方面、右が天王寺・桜島方面。赤線が大阪環状線です。
西九条駅構内配線図_R

簡単にいうと桜島線を大阪環状線が挟む形となっています。それと一番下のホームのない2線は貨物線で、単線並列のような使い方らしいです。一番下(北)の1番線は梅田貨物線と桜島線を直通する貨物列車、2番線は関空特急「はるか」や「くろしお」が通過する線らしい。記事を書いて知ることが多いです^^;

ただ、これだと天王寺方面に向かう特急が駅の先で一時的に外回り線路を走ることになるような・・・?? 配線改良が2020年に予定されているらしいのですが、現在はいかに?
→→【追記】2番線は「新大阪へ向かう」通過列車のみが通るそうです。天王寺方面への特急は駅の手前の渡り線を通り、一瞬だけ外回り線を通ってから4番線、つまり桜島線が入線する線路を通過するようです。
改良ではさらに手前に渡り線を作って一旦外回り線に入ってから、更に渡り線を通って内回りの5番線を通過するようにするらしいです。これによって桜島線の増強が可能になります。

そんなこととは知らずに駅観察です。北側ホーム1,2番の大阪方からの様子。
右は大和路快速の外回り、左は桜島線。右端の線路が2本見えるのが例の貨物線のようです。
P1190884_西九条_R

こちらは天王寺・桜島方面。手前の線路が上の概要図でいう4番線の桜島線。真っすぐ進むと桜島線上り線、2つ目の渡り線を左に行くと下り線。一番手前の渡り線を左に行くと大阪環状線の内回り線(特急通過ルート)。右端の貨物線なども概要図と一致します。
P1190887_西九条_R

西側、つまりホーム天王寺方にある階段を下ると改札口があります。改札口はこの一か所のようですね。もちろんみどりの窓口のある直営駅。この左側に阪神への連絡階段もあります。
P1190893_西九条_R

JR駅の出入口の様子。改札口へは階段を上ります。
P1190889_西九条_R

こちらはすぐそばにある阪神の西九条駅。西口側にあたります。阪神は本ブログ初登場^^
P1190890_西九条_R

阪神の開業は1964(昭和39)年5月のことで、当時は西大阪線の終点だったそうです。おそらくは悲願だった難波への延伸開業はそれからずっと後の2009(平成21)年3月のこと。

ここからだとJRと阪神の位置がわかりやすいです。
阪神なんば線は南北にJRの上をXクロスしています。奥が大阪難波方面。
P1190891_西九条_R

阪神の改札口はビルの3階に2箇所あります。
こちらは西改札口。東改札はJRを挟んだ先にあるらしい。この上に相対式ホーム2面2線があるそうです。
P1190892_西九条_R

それでは次行きましょう。
次はもちろん桜島線。3番のりばから乗車します。
P1190895_西九条_R P1190886_西九条_R

乗車車両は8連最後尾のクモハ323-4。323系は初乗車です。車内は立ち客も出るほどの大盛況でした。

行程:加茂(3385K大和路快速天王寺行)西九条(695桜島行)桜島

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 8

There are no comments yet.
松理  

 下り特急列車が外回り線を走ることなんて全く考えもしませんでした。
 新今宮駅東方の渡り線を「隈なく乗る」ことは考えないことにします。

2021/02/14 (Sun) 19:36 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
渡り線いろいろ

松理さん、こんばんは。
すみません。読み間違えがあったので本文に追記しました。外回りを走ることはないようです・・・。ただ、経路改良があると一瞬走ることになるようです。
ちょっと古い記事ですがご参考→https://tetsudo-ch.com/9768810.html
いずれにせよ松理さんの18きっぷ縛りだと対象外になるのかな?
これとは別に新今宮から天王寺、更にその先は色々な渡り線があって複雑そうです。これから調べてみようと思います。

2021/02/14 (Sun) 23:18 | EDIT | REPLY |   
たかはし  
九条

大阪市中心部も碁盤目状の街になっていますが、京都みたいな感じで、9番目の通りとして、九条があるわけでないようです。wikiに寄りますと、「九条家」というデカイ家があったことに由来するみたいです。

京都は、東西、南北 とも、「○○通り」と言いますが、
大阪は、東西が「○○通り」、南北は「○○筋」と言います。これを頭に入れておけば、方向音痴な方でも方角を見失うことは少ないと思います。

2021/02/15 (Mon) 12:35 | EDIT | REPLY |   
koganeturbo  

こんばんは。
西九条の外回りホーム大阪側は自分の定番位置です(笑)
任天堂ラッピングが登場しましたから近々定番へ出向きたいところです。
ちなみに改札は天王寺側で、扉の両側が開く桜島線の列車がなかったり、列車の車内が飽和状態であれば移動が大変です(苦笑)

2021/02/15 (Mon) 19:59 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
Re: 九条

たかはしさん、こんばんは。
なるほど。そこで、「九条家」をちょっとだけ調べてみたところ、藤原氏の流れの家だそうで、家名は京都九条が由来となったらしいです。あらま。
大阪の「○○筋」は聞いたことがあります。御堂筋とかですよね。東西と南北の路を「通り」と「筋」で呼び分けていたのは初めて知りました。勉強になります^^;

2021/02/15 (Mon) 22:54 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
西九条駅のホーム間移動

koganeturboさん、こんばんは。
サムネイルにした画像がまさに外回りホーム大阪方でした^^
改札口への階段は天王寺方にありましたね。そういえば、天王寺方は列車がホームギリギリに停車していたと記憶しています。
ホーム間移動が大変そうですが、桜島線が橋の役割になるわけですね(笑)

2021/02/15 (Mon) 23:04 | EDIT | REPLY |   
 風来梨  
新駅が完成しますよ

こんばんは。

現在、新大阪発着で梅田貨物線経由で、天王寺に抜ける特急❴くろしお❵を大阪に停車させるべく、仮称『うめきた新駅』が3月26日のダイヤ改正から開業するようです。  駅は劇団四季の『キャッツ』の跡地だそうで、大阪駅まで乗り換え必要時分は6分だそうです。

でも、朗報としては、新大阪止まりだった大阪東線の201系の国電型緩行(普通)電車が、この新駅に乗り入れの為に延長運転するそうです。

これで、また大阪の駅めぐりのポイントが増えますね。 また、大阪へのお越しをどうぞ。

2023/02/28 (Tue) 19:00 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
Re: 新駅が完成しますよ

風来梨さん、こんばんは。
これは楽しみですね。
消える駅あれば、生まれる駅もあり・・・。
駅ができるということはいずれ行かねばなりませんね(笑)
 ※大阪にもキャッツ・シアター?があったんですね。

2023/02/28 (Tue) 23:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply