三連休北東北20冬(21) 奥羽本線 大館駅 ~花輪線が分岐する「忠犬ハチ公」の故郷の駅~

きゃみ

津軽新城駅から奥羽本線上り列車に乗車して、県境を越えて大館駅までやってきました。
1番線の到着。ここで下車します。列車は暫く停車、運転士さんの交代かな?
P1160828_大館_R P1160832_大館_R
 
大館駅は秋田県北部の中心都市である大館市の代表駅。大館と聞いて「秋田音頭」の歌詞が思い浮かびました。
「コラー秋田名物八森ハタハタ男鹿で男鹿ブリコ(アーソレソレ)能代シュンケイ桧山ナットウ大館マゲワッパ・・・♪」
「大館曲げわっぱ」とは秋田杉でつくられた楕円形のお弁当箱などで知られる伝統工芸品だそうです

乗り入れ路線は所属線である奥羽本線と終点となる花輪線の2路線。かつては北に花岡線、東に小坂線という同和鉱業の2路線も延びていました。

駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線。駅舎は単式1番ホームの南側に面しており、ホーム間は跨線橋で連絡しています。

それでは駅構内の様子を駅舎反対側の北側から行きます!

島式2,3番ホーム東能代方からの様子
右にいるキハが3番線の花輪線列車。花輪線が一番北側から発着するのは意外でした。更に3番線の外側には多くの側線があり、E701系などが留置されていました。
P1160848_大館_R

留置線には花輪線のキハ110系もいます。
P1160847_大館_R

こちらは後ほど撮った東側にある南北自由通路から東能代方面
左にいるのが3番線の花輪線気動車。駅北側は広大なエリアに多くの留置線が並びます。
P1160843_大館_R

こちらは構内跨線橋から弘前方面の様子
線路は右から1番線、中線を挟んで2番線。奥に見える長い橋が南北自由通路です。
P1160835_大館_R

その自由通路から再び東能代方面。左から1番、中線、2番、島式ホームを挟んで3番。
1番線は奥羽本線上り、2番線は下り、3番線は花輪線と使い分けているようです。
P1160844_大館_R

次は単式1番ホーム一番西の東能代方から。1番線に奥羽本線上り秋田行きが停車中。
P1160831_大館_R

このすぐ右、つまりホームの南西側には貨物発着線らしき赤錆びた線路がありました。コンテナが積まれています。
P1160833_大館_R P1160830_大館_R

手前にも切欠きの発着線らしき跡が見られます。これと同じような光景を奥羽本線の横手駅でも見ましたが、この奥には広大な大館貨物駅があって、規模はこちらのほうがずっと大きいそうです
P1160829_大館_R

同じ単式1番ホームの改札付近の様子
ハチ公が祀られていました。「JRハチ公神社」 大館は渋谷にいる「忠犬ハチ公」の故郷なんだそうです。知らなんだ・・・
P1160837_大館_R

こちらは35年前訪問時の1番ホームの様子(1985/3/23撮影)
青森から乗車した盛岡行き特急「たざわ」が出発したところ。手前におじちゃんが写っちゃった(笑)
SL014_0019_大舘(たざわ)_R

駅舎へ向かいます。改札口の様子。
大館駅はみどりの窓口のある業務委託駅だそうです。自動改札が並びます。
P1160838_大館_R

そして駅舎外観。2階建て鉄筋コンクリートで運転区が置かれていたことがうなずける建物です。
1955(昭和30)年12月、火災により焼失した駅舎を改築したものだそうです。
P1160840_大館_R

駅前にも秋田犬がいました。これも「ハチ公」かな?子犬もいるようですが??
P1160842_大館_R

ちなみに花岡線と小坂線の2路線が出ていた同和鉱業の駅舎はこの駅前に向かう合うようにしてあったらしいです。小坂線の旅客営業廃止は1994(平成6年)10月。花岡線の廃止は1985(昭和60)年4月。・・・ということは花岡線廃止直前にこの駅を訪問したことになるのですが、記憶が全くありません・・・。撮影しておけばよかったなあ。

さて、ここから花輪線に乗車します。駅構内に入って3番線に向かいます。
花輪線鹿角花輪行きの列車はキハ111-115+キハ112-115の2連でした。左ボックスを確保です。
P1160845_大館_R P1160846_大館_R

行程:津軽新城(636M秋田行)大館(928D鹿角花輪行)十和田南

1985年春の行程:三厩(930D青森行)青森(3010Mたざわ10号盛岡行)大館(2001Mいなほ1号青森行)大鰐

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 6

There are no comments yet.
秋田県大仙市住人  

こんばんは。小坂鉄道と言えば、旅客営業時代には全く興味を持っていなかったのですが、貨物の3重連、DD130型による硫酸輸送を撮影しなければ、との強迫観念(笑)に襲われて、2000年頃数回訪問したものです。まっすぐ茂内に向かいました。あの腕木信号の通過信号を撮影しておきたかったのです。しかし初日は土曜日だったせいで、機関車が単機で(笑)。すぐに金曜休暇を取って、次週にリヴェンジしました。
2008年の休止直前には、京都の知人がどうしても撮影したいと日本海でやってきましたが、なんと前日で運転が終了していたのです。正式休止日よりも前に休止してしまったのです。
諦めきれず現地に行くと、小坂鉄道の職員の方が、〇日に、タンク車を全て小坂から大館に移送するための、いわゆる本当の最終列車が走ると教えてくれました。まさかと思いましたが、その知人は再び休暇を取って日本海でやってきて撮影したそうです。恐ろしきかなは鉄の執念(笑)

2020/07/15 (Wed) 00:31 | EDIT | REPLY |   
ポン太  

こんにちは。

googleで見たところ、東側に転車台が残っていますね。すでに線路は撤去されているように見えます。近くでの撮影は無理そうですが、自由通路から見えそうですね。ストリートビューでは東側の踏切から一部確認できます。

2020/07/15 (Wed) 09:28 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
小坂線リベンジ・・・

秋田県大仙市住人さん、こんばんは。
好きな方は好きですね~。気持ちわかります(笑)
私も岩手のある貨物線の駅を訪問したのですが、その日が年に数度しかない運休日だったことがありました。さすがに再訪は今のところ考えていませんが・・・
しかし、小坂鉄道は全くのノーマークでした。現役時に大館に訪問した際も確認せず、今回も予習不足、というか存在を完全に忘れてました。もったいない・・・
よくよく調べたら大館付近にも線路が残っていて、終点の小坂駅跡ときたら駅舎含めて駅構内がそのまま保存されているようですね。これは再訪が必要のようです^^;

2020/07/15 (Wed) 23:29 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
大館の転車台

ポン太さん、こんばんは。
やはり大館ともなると転車台はありましたか。
Yahoo地図で見ると転車台跡がはっきりわかりました。線路わきの小路を通って近寄れそうな感じに見えますが無理かな・・・? 自由通路からだと見えそうですが、小坂鉄道の廃線跡も含めて確認しなかったのは痛恨です><;

2020/07/15 (Wed) 23:38 | EDIT | REPLY |   
秋田県大仙市住人  

そうですね。小坂鉄道の大館駅は、JRの駅を出て100mも行けば見えたはずですが。残念ですね。
ただし、構内も草ぼうぼうで、現役時代を知ってる者が見れば愕然とします。
私も2013年に行ったきりなので、その後どれくらい荒廃したかは知りません。

実は鉄の興味というより、昔、仙台の会社に就職した時、同期で同じ職場に配属された女性が大館出身で、実家が小坂鉄道の御成町踏切付近にありました。その子と付き合おうと必死になったのですが、やっとOKが出たと思ったら1か月で振られました(涙)
ですから、今でも大館に行くと苦い思い出だけがよみがえるのです(笑)こういう鉄道と女性みたいな話をよく雑誌に書いてるプロの写真家の人がいますが、やたらとエピソードがあって本当かいな?みたいな気になりますが、私の場合、この1件きりです(笑)
 

2020/07/16 (Thu) 00:38 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
思い出の駅

秋田県大仙市住人さん、こんばんは。
小坂鉄道大館駅はあまり期待できないようですね・・・。小坂駅は期待できそうです。十和田南からバスで行けるかな?いつか訪問したいと思います。
大館は苦い思い出の地ですか・・・。みんなそれぞれに同じような思い出の地や駅というものがあると思います。私の場合は京王線のつつじヶ丘という駅。同じく就職したくらいの頃ですね~。甘くもあり苦くもある思い出の駅です(懐)

2020/07/16 (Thu) 23:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply