南九州駅巡り20冬(36) 日豊本線 南宮崎駅と日南線 田吉駅 ~大淀川手前で足止め・・・日南線1駅区間を踏破~

きゃみ

北俣駅や青井岳駅に下車しつつ日豊本線を進み、宮崎の市街に入ってきました。
列車の終点は宮崎駅ですが、やり残したことを片付けるため、一つ手前の南宮崎駅で下車することにします。
1番線の到着。
P1160198_南宮崎_R P1160201_南宮崎_R

南宮崎駅は宮崎県宮崎市東大淀にある交通の要衝となる駅です。乗り入れ路線は所属線の日豊本線と当駅を起点とする日南線の2路線。更に、宮崎空港線の全列車が日南線のお隣り田吉駅から乗り入れてくるため、実質は3路線ということになると思います。また、日豊本線の宮崎や延岡方面の一部の列車は当駅を始発・終着とするものもあります。

駅構造は島式ホーム2面4線、ホーム間と北西側にある駅舎とは都城方の跨線橋で連絡しています。

それではいつものように駅構内の様子を・・・
跨線橋から1番線の様子。左端が駅舎。駅舎横に側線が数本見えます。
P1160202_南宮崎_R

1,2番ホーム宮崎方から。跨線橋からも見えましたが、お隣の側線には目立つ車両が・・・
P1160200_南宮崎_R

側線にいた真っ赤な車両には「SUNSHINE MIYAZAKI」という文字に太陽マークが描かれています。国鉄713系電車ですね。初めて見ました。1983年製造の九州初の交流専用電車。「サンシャイン」という愛称があるそうです。
P1160199_南宮崎_R

跨線橋に戻って2,3番線の様子。2番線に817系が停車中。奥の黄色い車両も気になります・・・なんだろ?
P1160218_南宮崎_R

階段を降りて3,4番ホームの様子
P1160203_南宮崎_R

4番ホームから都城方面
4番線の外側には多数の留置線があり、特急型電車やキハ40系などが留置されていました。宮崎車両センターだそうです。大分行きの特急「にちりん」の早朝便がこの駅始発という理由がよくわかりました。
P1160204_南宮崎_R

それでは改札口に向かいます。
改札口は駅舎の2階にあって跨線橋と直結していました。みどりの窓口もある社員配置駅だそうですが、改札業務は業務委託されているようです。この右手には密閉型の待合室もありました。
P1160208_南宮崎_R

しかし、改札周辺が何だか慌ただしい雰囲気です。窓口には人が集まり、改札口手前や待合室はたくさんの学生で溢れかえっています。ここで初めて知ったのですが、宮崎空港行きは強風で運休という表示が・・・。やっぱりそうなるかぁ(泣)
実は日南線の南宮崎~田吉の1区間だけ乗車してなかったので、乗りつぶすために宮崎空港行きに乗り換える予定でした。数分遅れのレベルで何とかここまで来れましたが、ここで本格的に足止めになりそうです。
更に宮崎方面も運休というアナウンスが・・・。強風で運休になるということは・・・地図を確認してみてわかりました。南宮崎~宮崎間には大淀川という大河が・・・ここがネックになっているようですね。

嘆いていても仕方ないので、とりあえず駅を出てみます。

駅舎の様子
1976(昭和51)8月築のコンクリート造りの橋上駅舎です。いかにも車両基地併設の駅舎といった面持ちです。駅機能は2階にあり、1階には大衆食堂がありました。
P1160205_南宮崎_R

駅前は広々としており、南国風ののっぽな木々が並びます。この風景は強烈に印象に残りました。
P1160206_南宮崎_R

いつ動き出すかわからないのであまり移動はできず待合室で待っていること1時間ほど、南宮崎~宮崎間が25キロ制限の条件付きで運行再開となりました。宮崎空港行きも来るようです。

次の宮崎空港行きは3番線にやってきました。これは特急型の783系ですね。今回初めて見ました。
4連最後尾のクモハ783-1に乗車、しばらく停車した後に出発となりました。
P1160211_南宮崎_R
 
この列車で日南線をひと駅進み、3日ぶりに田吉駅に戻ってきました。初日の田吉駅の様子→→初日訪問時の田吉駅
1番線に停車。これにて日南線の踏破完了です(笑)
P1160212_田吉_R

さて、目的は果たせたのですぐに折り返したいところですが、運行乱れでいつ列車が来るかわからない状態は変わりません。

まずやってきたのは日南線の下り列車でした。多分、快速「日南マリーン号」志布志行きだと思いますが・・・もちろん見送ります。
P1160213_田吉_R

しばらく待っていると、南宮崎方面への列車がやってきました。宮崎空港からの列車だと思いますが、停車するも扉が開かずにすぐに出発していきました。なぜ?(苦)

ここからが長かったです。時刻表は当てにならず・・・いつくるかわからない列車を待つのはちょっと辛い。
それにしてもすごい風で、待合室奥にある自転車はみんな倒れています。
P1160215_田吉_R

田吉駅の記事のコメントで宮崎方面のバスがすぐ近くから出ていることを知りました。バスは強風の影響は多分なかったでのしょう。が、この時はバスのことは全く頭になかったです。まあ、乗車したとしても南宮崎でまた足止めになったと思います・・・

結局待つこと45分、延岡行きがやってきました。
強風の中、一緒に待ちぼうけしていた学生さんと乗車します。乗車車両は2連先頭のクモハ817-8。
P1160216_田吉_R

ほどなくして南宮崎駅に到着。このまま乗車して宮崎まで行きたかったのですが、当駅止まりに変更されて強制下車(泣) いつ出るかわからない列車をまた待つことに・・・
P1160217_南宮崎_R P1160209_南宮崎_R

まだ昼をとってなかったことに気づき、駅舎の1階にある食堂に入ることにしました。
宮崎といえば鶏。チキン南蛮があるようでしたが、なぜかカツ丼を食べたくなって注文^^; まるでバス旅の蛭子さんだなコレ(笑)
DSC_0106_ライオン(南宮崎)_R

お腹を満たした後、駅構内に戻ると3番線に787系の特急「にちりん」が停車中でした。大分行きのようですが、しばらくの間停まっていたようです。ここで宮崎~宮崎空港間は乗車券のみで特急に乗れる特例区間だということを思い出しました。運行状況を見ていると、宮崎への普通列車はことごとく運休となり、特急列車を優先させているように感じました。特例区間というのが前提の運用なのかもしれません。
ということで、次に宮崎に向かうのはこの列車だろうと考えて乗車することにしました。先頭の4号車自由席クハ787-112に乗車、出発まで車内で待ちます。

結局、南宮崎には1時間以上の滞在で出発となりました。時刻は14:36。やっと大淀川を越えれそうです。

行程:青井岳(6930M宮崎行)南宮崎(???宮崎空港行)田吉(734M延岡行)南宮崎(5018Mにちりん18号大分行)宮崎

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
助廣急行  
フェニックス

こんばんは!南宮崎駅前のフェニックスが南国の雰囲気を醸し出していますね。宮崎は、なぜか鹿児島や沖縄よりも南国のイメージが強く、しかも爽やかなイメージがするのは私だけでしょうか。
鉄道旅にアクシデントはつきもの!アクシデントがあったほうが、あとからブログの記事にもなりますからね。でも、ただ足止めというのは、少しでも多くの場所に行きたい我々には辛いアクシデントです。
せっかく遠くに来て、その地のグルメがあるのにカツ丼を食べる。。。すごく気持ちわかります!(笑)

2020/06/03 (Wed) 00:06 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
Re: フェニックス

助廣急行さん、こんにちは。
あののっぽの木はフェニックスでしたか。南宮崎の駅前は独特な雰囲気があって強く印象に残っています。
確かに宮崎の駅は、日南線の駅などがそうでしたが、南国風の木々が立ち開放的なイメージがありました。他でいうと紀勢本線の新宮駅なども同じ印象です。

旅先でのアクシデントは意外にしょっちゅう出くわしてます^^; 一番はホテルから救急車で病院に搬送されたことかな・・・。
でも普段では見られない出来事が起こったり、計画練り直しなど楽しいこともあります。そしておっしゃる通りブログネタになりますね(笑)
旅先での食事は駅で済ませることが多いです・・・。グルメとかではないし、特産品にもこだわりはないです。それよりも駅そばが好きです(笑) 駅そばだけで何日か過ごしたことがあります^^;

2020/06/03 (Wed) 13:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply