南九州駅巡り20冬(34) 日豊本線 国分駅 ~日豊本線踏破開始早々・・・~

きゃみ

嘉例川駅から肥薩線を南下して隼人駅に戻ってきました。
再び2番線に到着です。
P1160157_隼人_R P1160161_隼人_R

さて、ここからははるか北九州の小倉に向けて日豊本線の踏破に取り掛かります!ちなみに鹿児島方面は踏破済み。

ここで「きりしま3号」が15分遅れとの構内アナウンスがありました。ありゃ、大丈夫かな・・・

次の日豊本線上り列車は1番線にやってきました。やってきたのは国鉄415系、交直流両用近郊形電車です。といってもその力を発揮する場はJR九州にはなさそうで、鹿児島では切替スイッチは交流固定にしているそうです。JR九州で直流区間というと孤立電化路線の筑肥東線くらいでしょうか?【追記】関門トンネルも直流区間でしたね。そちらにも415系が走っています。→→下関駅の415系

お隣のキハ47と全く同じカラーリング。4連先頭車のクハ411-513に乗車します。
P1160165_隼人_R

乗車してすぐに国分駅に到着。この列車で宮崎まで行きたいところでしたが、ここが終点・・・。わずかひと駅の乗車で残念ながら乗り継ぎです。

3番線の到着。
P1160166_国分_R P1160167_国分_R

国分駅は鹿児島県霧島市国分中央にある日豊本線の単独駅。旧国分市の代表駅、今は合併して霧島市の代表駅の位置づけになるようです。かつてはここから垂水や鹿屋を経由して志布志までを結ぶ大隅線という長大ローカル線が分岐していました。
現在の運用形態は、鹿児島方面からの列車の多くがこの駅で折り返す、といういわば鹿児島地区の終点といった感じです。逆に上りの都城方面は、日豊本線に2か所ある閑散区間のうちの一つで、普通列車がわずかに8本。その代わり特急「きりしま」が10本あるという特急優位の区間です。

駅構造は単式ホーム1面1線に島式ホーム1面2線の計2面3線。ホーム間は跨線橋で連絡しており、駅舎は単式ホームの南東側に面しています。

島式2,3番ホームの鹿児島方から。単式ホームとはずれた位置にあります。
P1160169_国分_R

こちらは対角にあたる単式1番ホーム都城方からの様子。
手前の大きな橋は東西自由通路、奥に見えるのが構内跨線橋です。
P1160172_国分_R

跨線橋から都城方面。下り鹿児島中央行きが1番線に到着したところです。
P1160176_国分_R

かつて大隅線が発着していたのは、1番ホームの切欠き0番線からだったそうです。現在もその跡が残っているそうですが、確認忘れ・・・残念><
国分駅の周辺地図を確認すると、駅の北東からきれいにカーブして南に向かって行く道路があります。きれいすぎて逆に不自然です。これがおそらく大隅線の線路があったところだと思われます。だとすれば、上画像↑1番ホームの奥のほうから大隅線が発着していたと考えられます。自由通路が邪魔で見えませんね・・・

振り返って鹿児島方面。下り列車の出発を見届けます。
P1160177_国分_R

改札に向かいます。
国分駅はみどりの窓口のある業務委託駅。鹿児島エリアのSUGOCA利用可能な最東端の駅だそうです。
P1160175_国分_R

改札口を出る際に年配の駅員さんに下車印をお願いしました。この駅員さんが元気も愛想も良い方でした。フリーきっぷを受け取る際に行先を聞かれました。「とりあえず宮崎です」と答えると、「これから強風で運転見合わせになるよ」と予言されちゃいました。あちゃー。
そもそも次の上り列車の乗り継ぎで50分ほどあるわけですが・・・^^;  踏破開始早々足止めですね。

とりあえず駅舎外観
1929(昭和4)年11月の開業、1969(昭和44)年12月改築の鉄筋コンクリート平屋建てです。
P1160173_国分_R

駅前の様子
駅本屋側は東口として機能しており、左に見える自由通路を通って西口に行くことができます。
P1160174_国分_R

その後は駅周辺を軽く散策。コンビニに寄ってたりしたら、雨が降り出しました・・・駅に戻ります。
にゃんこが駅前のベンチを占有(微)
P1160178_国分_R

結局、次の上り列車は5分遅れでやってきました。とりあえず走っているようなのでホッとしました。
2番線にやってきたのは・・・817系かー。2連後方車両クハ816-18に乗車、5分ほどの遅れで出発です。
P1160180_国分_R

行程:嘉例川(2921D隼人行)隼人(6928M国分行)国分(6930M宮崎行)北俣

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
ポン太  

こんにちは。

いよいよ日豊本線を北上ですね。宗太郎越えをどうするのか楽しみにしています^^
日豊本線の南の方は風の影響を受けやすいようで、運行情報を見ているとしょっちゅう止まっています。。。

2020/05/31 (Sun) 16:22 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
To ポン太さん

ポン太さん、こんばんは。
日豊本線の踏破はずっと昔に夜行急行「日南」で門司港から西鹿児島まで乗り通して以来です。ただ、撮影してなかったのが悔やまれます。
強風で運転見合わせになりやすい原因は、実際に宮崎に行ってみてわかりました。ネックは大淀川の橋梁のようですね。
宗太郎越えについての様子はまたご報告します~。感想は・・・夏の訪問のほうが良さそうです。

2020/05/31 (Sun) 21:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply