南九州駅巡り20冬(33) 肥薩線 嘉例川駅 ~木々の中に佇む明治期の木造駅舎~

きゃみ

隼人駅からこの日の2番列車で肥薩線を折り返しました。折り返してでも降りておきたかった駅に向かいます。

肥薩線を北上すること4駅目、列車は嘉例川駅に到着です。ここで下車します!
P1160132_嘉例川_R P1160144_嘉例川_R

走り去る列車。この列車は吉松から吉都線に入って都城まで向かいます。
P1160133_嘉例川_R

さて、嘉例川駅・・・鹿児島県霧島市隼人町嘉例川にある無人駅。静かな山間の駅ですが、駅ファンなら誰でも知っているだろうと思われる魅力的な駅ですね。

駅構造は単式ホーム1面1線。駅舎はホーム南側に面しています。
隼人方からの様子。かつては2面3線構造だったらしく、駅舎反対側に今は使われていないホームが残ります。
P1160145_嘉例川_R

吉松方からの様子。旧ホームも含め草木が手入れされている様子がうかがえます。
P1160148_嘉例川_R

吉松方の駅舎横には雑草に埋もれた引き込み線がありました。これを見てもこの駅には古い歴史がありそうな感じが見てとれます。
P1160149_嘉例川_R

名所案内板
ここから東の山中にある妙見・安楽温泉などの新川渓谷温泉郷への入口にあたるようです。
P1160146_嘉例川_R

そして改札口の様子
木造白壁駅舎に木製ラッチ・・・「肥薩線型駅舎」・・・何も言うことはありません(感涙)
P1160134_嘉例川_R

駅舎に入ってみましょう。
肥薩線の木造駅舎内は概して「壁に固定の木製長椅子があるだけのがらんどう」、というイメージがありますが、この駅には木製ベンチが置かれていたりと生活感がある気がします。
P1160135_嘉例川_R P1160136_嘉例川_R

時刻表を覗くと・・・
思った以上に本数はあるようです。吉松と鹿児島中央を結ぶ特急「はやとの風」も2往復停車します。
P1160147_嘉例川_R

「にゃん太郎」の家もありました(笑)
駅に居ついてしまった猫がいるようです。私が来た時には見当たらなかったのです。会いたかったですが、今も元気なのでしょうか?
P1160152_嘉例川_R

そして駅舎外観
1903(明治36)年1月の開業時からの木造建築。3つ先の大隅横川駅と並ぶ県内最古の駅舎だそうです。
P1160137_嘉例川_R

素晴らしいですね~。古き良き時代を感じさせる駅舎自体はもちろんなのですが、木々に囲まれて佇む様子がとても良いです。1月の訪問時には大変立派な門松もありました。似合いますね~。
夏などの緑が映えるシーズンも素晴らしいだろうなと想像します。ちなみに一番のお気に入りは旧国鉄足尾線の神戸駅。そちらは質素な木造駅舎ですが緑の中に佇む姿が気に入ってます。→→わたらせ渓谷鐵道神戸駅

開業百周年の記念碑。これが建ってから既に17年経っているわけです・・・
P1160143_嘉例川_R

前の様子
駅は狭い道沿いにある小集落から少し奥まったところにあり、ちょっとした広場になっています。
P1160140_嘉例川_R

鹿児島空港が近くなんですね。駅から南へ2キロほど先にあるそうです。そういえば町は静かなのですが、飛行機の爆音がよく聞こえました。
P1160141_嘉例川_R

バス停もありました。鹿児島空港から新川温泉郷や霧島温泉へのバスがここを経由するらしいです。飛行機で九州入りして、ここから駅巡りスタートというのもいいかも。
P1160138_嘉例川_R

静かな駅周辺を少し散歩してみました。吉松方に踏切があったので、そこから駅の様子を覗きます。
「堂地踏切」からの様子
P1160151_嘉例川_R

しばらく周辺を歩いて駅前広場に戻ってみると、地元の方と思しきおばあちゃんが駅の入口にいました。結構大声で独り言をいってます・・・。むむむ、狩川駅の再来か・・・。
と思いましたが、話をしてみるといたって普通のおばあちゃんでした。これから隼人の方に列車で向かうようです。
おばあちゃんの話によれば、以前は空港から霧島温泉へ向かう多くの観光バスが乗り入れてきて、駅は大変賑やかだったそうです。今はブームが去って静かな駅に戻ったようですね。しかし、方言で一部聞き取れず・・・

しばらく会話をしていると、今度はおばあちゃんと顔なじみらしいおばちゃんがやってきました。そのおばちゃんは駅務室の扉を開けてくれました。日課なのかな?

旧駅務室は自由に入場可能で、嘉例川駅や肥薩線に関する昔の写真が多数展示されていました。
P1160155_嘉例川_R

左に立てかけてあるのは走行中にタブレットを受け取るやつですね。昔、川越線相模線で見た記憶があります。赤い箱には「送信」やら「解錠」やらと書かれていましたが、これは電信機??
P1160153_嘉例川_R

そんなこんなで列車の時間となりました。30分ほどの時間はあっという間でした。
2連先頭のキハ47-9046におばあちゃんと一緒に乗車して隼人に戻ります。車内は既に学生でほぼ満席でした。
P1160156_嘉例川_R

行程:隼人[泊](2924D都城行)嘉例川(2921D隼人行)隼人(6928M国分行)国分

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
●kuromaru  

おはようございます。
嘉例川駅には鹿児島空港にレンタカーを返す直前に、車で訪問しました。
本当は列車で行くべきでしたが…。
鹿児島空港への連絡バスがあれば、利用者が多少は増えたりもしないですかね?

2020/05/30 (Sat) 07:24 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
To ●kuromaruさん

●kuromaruさん、こんにちは。
空港からレンタカーだと訪問しやすそうですね。私も同じように空港から車で鹿児島観光したことがありましたが、この駅の存在を知らず霧島温泉に直行。惜しいことをしました。
空港利用者の多くが鹿児島市街に向かう方だと考えられますが、直通バスが非常に便利だと思います。この駅まで来て列車で行く人はまずいないでしょう・・・。反対方面に行く人が連絡バスを利用しているのかもしれませんが、観光客が寄り道で利用するというのがほとんどなのかなと思います。

2020/05/30 (Sat) 13:29 | EDIT | REPLY |   
助廣急行  
素敵な駅舎!

こんばんはー!これは素敵な駅舎ですねー!きゃみ様の記事を見ていて夏休みは肥薩線に行きたい行きたいとは思っていましたが、嘉例川駅を見て、もう絶対に行く!と思いました!
駅とは関係ありませんが、九州色の気動車のライトの上の汚れが、なんだかたまんなく好きです。(笑)

2020/06/01 (Mon) 00:29 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
肥薩線とキハ40

助廣急行さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

嘉例川の駅舎は素晴らしくて涙が出てきます(笑)
夏は木々が青々としていると思うので、もっと素晴らしい情景が見られると思います。嘉例川だけでなく、大隅横川や白石、大畑、矢岳、真幸・・・他にも素晴らしい駅舎があるのでお勧めです。ただ本数が少ないので、列車での訪問となるとあまり下車できないのがネックです・・・。
JR九州色のキハ40は煤け具合が目立つので、いい具合に味がでますよね(笑)

2020/06/02 (Tue) 00:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply