南九州駅巡り20冬(31) 肥薩線 吉松駅 ~夜の肥薩線を更に南下して隼人へ~

きゃみ

肥薩線を南下して列車の終点、吉松駅に到着しました。2番線の到着です。
P1160096_吉松_R P1160097_吉松_R

吉松駅は鹿児島県姶良郡湧水町の駅。駅所在の吉松町が栗野町と合併したそうです。
乗り入れ路線は所属線の肥薩線と当駅を起点とする吉都線の2路線。ですが、肥薩線人吉方面は「いさぶろう」「しんぺい」を含めても1日3往復しかない区間で、全てこの駅を始発・終着としており、この駅を跨ぐ肥薩線の列車はありません。逆に隼人方面と吉都線の都城方面を直通する列車が設定されています。隼人発都城経由宮崎行きのロングラン鈍行という気になる列車が1本あります。

この駅の歴史はなかなか面白いです。肥薩線は元々鹿児島本線、吉都線は鹿児島本線から分岐して宮崎を結ぶ宮崎本線だったそうです。大正期に宮崎本線は日豊本線に組み込まれたことで、九州の二大幹線の分岐駅として栄えたそうです。しかし、昭和になって八代~鹿児島と都城~鹿児島の海線が相次いで全通したことで、本線を海線に譲ることになり、幹線から外れたローカル駅となってしまいました。

駅構造は相対式ホーム2面4線。ホーム間と東側にある駅舎は人吉方の跨線橋で連絡しています。

島式1,2番ホームの隼人方からの様子↓ 右に駅舎
ホーム上に売店がみえます。駅弁の立ち売りが行われていたのですが、今は閉店したそうです、残念。
P1160095_吉松_R

北側跨線橋から2,3番線の様子。2番線当駅止まりの単行はこの後留置線に入っていきました。
P1160098_吉松_R

跨線橋を渡って駅舎の方へ
駅舎は実は単式ホームに面しているのですが、線路が剥がされており今は通路と化しています。
P1160099_吉松_R

改札口の様子。出改札業務を委託している有人駅ですが、この時間の窓口は閉じていました。
P1160103_吉松_R

この右側には密閉型の待合室があります。お座敷の奥にはピアノも置かれており、演奏している方がいました。
利用者は私を含めたみなさん汽車旅旅行者のようですね。八代から乗車した車内もほぼ全員が旅行者でした。お疲れのようです・・・(笑)
P1160102_吉松_R

駅舎外観
開業は1903(明治36)年9月。駅舎は1968(昭和43)年3月築のコンクリート造り2階建てです。
P1160101_吉松_R

吉松駅は交通の要衝だったこともあり過去には機関区が置かれていました。その名残り?もあって駅前にはSLが静態保存されていたり、鉄道に関連する展示館もあったりします。そちらについては→→2016年冬の吉松駅
現在も運行管理や車両入れ替えなどの作業で社員が常駐しているようです。いかにも拠点駅といった容貌の駅舎ですね。

さて、最初の計画ではここで宿をとる予定でした。ただ駅近くに宿はなさそうで、肥薩線沿線の温泉宿を予約しようとしたのですが、駅から結構遠かったので翌朝を考えて予約を躊躇・・・。もう一つの候補は吉都線で2駅先の京町温泉駅。そちらには駅周辺に宿が多くていいな~と思ったのですが、翌朝の始発列車の時間が思った以上に遅く、後の計画に合わずに断念。うまくハマれば吉都線の駅をひと駅稼げたのに残念でした。

結局選んだのは肥薩線終点の隼人駅近くの安宿でした。ということで、ここから肥薩線を更に南下します。吉松~隼人の区間は初乗車だったので夜の移動はちょっと残念でしたが・・・。

駅構内に戻ると、1番線に吉都線からやってきた隼人行きの2連が入線してきました。時刻は19:08。
この列車に乗車しますが、この列車・・・なんとこの駅で35分間停車します。
P1160105_吉松_R

車両はキハ47-9083+キハ47-8052の2連。宮崎発都城経由隼人行きのロングラン鈍行でした。
P1160107_吉松_R P1160106_吉松_R

車内で30分近くぬぼ~っとしていると、2番線に吉都線都城方面の列車が到着。その後に出発となりました。19:43発。

日は暮れましたが、せっかく窓が開けられる車両なので駅の撮影していきます・・・。

栗野駅
1面2線で駅舎のある簡易委託駅らしいのですが、停車位置が悪くてよくわかりません・・・。
かつてここから山野線が分岐していました。いつか廃線跡を辿ってみたいです。
P1160108_栗野_R

大隅横川駅
2面2線の無人駅ですが、この先の嘉例川駅と共に開業時からの木造駅舎が健在です。降りてみたい駅です。
P1160109_大隅横川_R P1160110_大隅横川_R

植村駅
1面1線に待合室のみの無人駅。こういった駅は大抵、無煙化後に設置された比較的新しい駅です。
P1160111_植村_R

霧島温泉駅
1面2線の無人駅。霧島温泉郷への入口にあたるらしいですが、町外れにあるようで結構遠そうです。
P1160112_霧島温泉_R P1160113_霧島温泉_R

この駅には鉄筋コンクリートの駅舎がありました。
P1160114_霧島温泉_R

嘉例川駅
訳あってノーコメント(笑)
P1160115_嘉例川_R

中福良駅
1面1線で待合室のみの無人駅。鹿児島空港が近いですが、連絡手段などもちろんありません・・・
P1160116_中福良_R

表木山駅
信号場上がりのため2面2線ある無人駅。両ホームに待合室がありました。
P1160117_表木山_R P1160118_表木山_R

日当山駅
1面1線に大きな開放型待合室のある無人駅。「ほたる駅」という表記がありますが、近くを流れる天降川系の用水路で蛍が見られるそうです。
P1160119_日当山_R P1160120_日当山_R

そして終点の隼人駅に到着です。時刻は20時半を回ってました。

行程:人吉(1229D吉松行)吉松(2931D隼人行)隼人[泊]

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 2

There are no comments yet.
 風来梨  
No title

こんばんは。

この吉松駅は、きゃみさんのブログでも時折話題となる「一人旅」したあるモノを回収するべくの経路として立ち寄りました。 その「一人旅」したモノとは、私の旅の肝であるフイルムカメラで、「一人旅」の規模も博多から鹿児島中央までのロングランですね。

気づいた大分でモノの確認をすれば、「保管してるので鹿児島中央駅に取りに来るか、自宅への郵送か選んで」との事でした。 もちろん「回収しにいく」事となり、カメラの「一人旅」とは真逆の日豊本線~吉都・肥薩線ルートで回収しに行きました。

レンタカーを予約してたので、1泊2日の予定通りに延岡までいって、登る予定の市房山と鹿児島中央を結ぶ直線距離上の駅までレンタカーで行って、そこからは鉄道利用で回収しようと試みた駅が吉松駅だったのですね。

こうして足跡を思い返してみると、「一人旅」をしでかすとドラスチックな思い出が残りますねぇ(笑)。

『路線の思い出 第344回 吉松駅』
https://furai58.blog.fc2.com/blog-entry-1644.html







2020/05/26 (Tue) 20:44 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
一人旅

風来梨さん、こんばんは。
わたしも今までちょこちょこやっちゃってますが、「鞄の一人旅」はまずかったです。ただ、すぐにわかる失くしものだったので、すぐに対処はできました。
普段は鞄に収めているようなものだと気づくのが遅くなって傷口は深くなりそうですね・・・。リカバリを計画して奪還作戦実行、私もそうでしたが後々にはいい思い出となりますね(笑)
市房山って湯前から近いんですね。市房山には行きませんが、湯前から佐土原のバス路線には興味があります。

2020/05/27 (Wed) 23:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply