南九州駅巡り20冬(30) 肥薩線 (白石駅→人吉駅→吉松駅) ~夜の矢岳越え~

きゃみ

本日やっと「アベノマスク」が家に届きました^^;  奇しくも緊急事態の解除が宣言された日に・・・(笑)

さて、南九州駅巡りは肥薩線を白石駅まで登ってきました。
列車は球磨川を左に見て進みます。が、撮影はずっと右車窓です><

白石駅の次は「球泉洞」最寄りの球泉洞駅に停車。そしてその次が一勝地駅です。
球磨郡球磨村の代表駅になるのかな?開業時の駅舎は火災で焼失したため、1914(大正3)年に再建された木造駅舎があります。それでも十分古い駅舎ですね。反対側で撮影はできず・・・、降りてみたい駅です。
駅構造は2面2線の構造ですが、元々単式と島式の2面3線だったようです。その島式の内側の1線が剥がされて2面2線となっている変わった構造の駅です↓
P1160074_一勝地_R

次は那良口駅
1面1線の無人駅。明治期に木材積み出しの貨物駅として開業した変わり種。
P1160076_那良口_R

渡駅に停車。
1面2線の無人駅ですが、この駅にも明治の開業時からの古い駅舎が残っています。
ここでは列車交換が行われました。青い車両には「翡翠」の文字と鳥の絵が描かれていました。「かわせみ」です。
P1160078_渡_R

特急「かわせみ やませみ6号」熊本行き
キハ47の改造車、キハ47-8087(かわせみ)+9051(やませみ)の2両編成です。
P1160079_渡_R

渡駅を出るとそれまでずっと寄り添っていた球磨川から離れて西人吉駅に停車。
そして人吉駅に到着です。ここでは3分ほどの停車がありました。
P1160084_人吉_R

人吉駅は熊本県人吉市の代表駅。乗り入れ路線は肥薩線とこの駅を起点とするくま川鉄道湯前線の2路線です。
駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム2面4線の計3面5線。ホーム間は吉松方の構内踏切で連絡しており、駅舎は単式1番ホーム南側に面しています。

列車は3番線に停車。そこから駅舎を望みます。
地酒の看板などがいい味だしてます。この雰囲気はとても気に入っています。
P1160082_人吉_R

こちらは4,5番ホーム湯前方の様子
島式4,5番ホームからはくま川鉄道の列車が発着します。残念ながら列車は見ることができませんでした。
P1160083_人吉_R

この駅の見どころの一つは八代方にある車両基地かなと思います。現役の石造りの機関庫があるのですが、時間がなくて確認はできませんでした。
代わりに4年前の様子→→2016年冬の人吉駅(その①)(その②)

さて、車内に戻って出発です。
ここからは全国屈指の勾配区間で三大車窓といわれる景色が望めるのですが・・・これからというところで日が暮れてしまいました^^; 

列車は唸りをあげてゆっくりと登っていきます。
真っ暗闇でよくりませんが、大畑のループに差し掛かったところで大畑駅に到着です。
P1160085_大畑_R P1160086_大畑_R

この駅は今時では数少ない通過不可能なスイッチバックがループ中にあるという珍しい駅です。が、そういった雰囲気を収めることができなかったので、前回下車した時の様子→→2016年冬、霧の大畑駅
ワンマン運転士さんが車内を抜けて後方運転台に向かうのを見て雰囲気を味わいます(笑)

駅をでると真っ暗な中でおもむろに停車。再びスイッチバックしてループに向かいます。
スイッチバックを見届けた後はお昼に川内駅で買っておいた駅弁「極黒豚めし」を今更ながら(笑)開きます。うまかった!
DSC_0105_極黒豚めし(川内)_R

ループを抜けて闇の中を更に上っていくと矢岳駅に到着です。
熊本県と宮崎県の県境近くにある無人駅で、肥薩線では最も高い位置にある駅です。
P1160088_矢岳_R

大畑駅もそうですが、この駅にも明治の開業時からの木造駅舎が健在です。
近くにはSLも保存されています。→→2016年冬の矢岳駅
P1160089_矢岳_R P1160090_矢岳_R

矢岳駅を出ると県境を越えて列車のエンジン音が大人しくなります。下りに入ったようです。

ここでは左車窓を凝視・・・眼下に駅の小さな明かりが見えたところで列車は静かに停車。運転士さんが車内を移動するとスイッチバックして真幸駅に到着です。この駅も通過不可能なスイッチバック駅です。
古い駅舎も健在ですが暗くて確認できず。代わりに・・・→→2016年冬の真幸駅
P1160091_真幸_R P1160092_真幸_R

再びスイッチバックして出発。闇の中を更に南下。鹿児島県に入るとついに終点の吉松駅に到着です。
時刻は18:44。八代からは2時間20分、人吉からはちょうど1時間かかりました。
P1160096_吉松_R

行程:白石(1229D吉松行)人吉(同左)吉松

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
助廣急行  
お風呂の中から失礼します。(笑)

ループ線にスイッチバック!良い雰囲気ですねー。写真撮影なら日中ですが、乗り鉄なら夕暮れから夜にかけてが一番ワクワクしますよねー。
真っ暗な、車窓から時より流れる灯り、エンジン音やカタンコトンも夜は一味違いますよね!
そして、ホームに降り立ったときの、涼しい風。きゃみ様の写真からいろんな妄想が膨らみます!夜の列車は最高!!

2020/05/25 (Mon) 21:50 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
夜の肥薩線

助廣急行さん、こんばんは。こちらは風呂上りです(笑)
夜の矢岳越え・・・人里離れた山の中を走るので真っ暗闇でループかどうかもわかりませんでした^^; ひたすら暗闇の中をエンジンを唸らせて走っている感じでした。
ただ、夜の駅の雰囲気は、昼では味わえない静寂感があって素晴らしかったです。
ホームにも降りられれば良かったのですが、その点でいえば「いさぶろう」や「しんぺい」がお勧めかもしれません。観光客で静寂感どころではなくなりそうですが・・・。

2020/05/25 (Mon) 23:59 | EDIT | REPLY |   
ポン太  

こんにちは。

以前は矢岳越えは夕方に一往復あったのですが、吉松から折り返さなくなったのですね。何年か前も、その一往復を利用して矢岳駅に降りたことがあります。周囲はどんどん暗くなるのに、駅の灯りがなかなかつかず、真っ暗闇の中しばらく待ったことがあります。ビビリました(^_^;

2020/05/27 (Wed) 10:27 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
夜の矢岳駅

ポン太さん、こんばんは。
4年前は矢岳越えの普通列車がもうちょっとあったような覚えがあるのですが、減便されてしまったようですね。
矢岳駅に下車されましたか!いいなあ。今回は夜に通りましたが、あの様子で灯りが無いと思うと非常に怖いものを感じます(怖) 駅舎が幽霊屋敷と化しそうです・・・

2020/05/27 (Wed) 23:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply