南九州駅巡り20冬(24) 鹿児島本線 川内駅 ~肥薩おれんじ鉄道に乗り継ぎ~

きゃみ

薩摩松元駅から鹿児島本線上り列車に乗車して終点の川内駅にやってきました。
1番線に到着。ここで乗り継ぎです。
P1150964_川内_R P1150963_川内_R

川内駅は鹿児島県薩摩川内市の代表駅。元々は川内市でしたが合併して薩摩川内市となりました。乗り入れ路線はJR九州の鹿児島本線と九州新幹線、そして肥薩おれんじ鉄道線の3路線があります。新幹線開業直前時点では鹿児島本線の単独駅でしたが、新幹線並行在来線の経営分離によって八代方面が肥薩おれんじ鉄道に移管されており、現在はJR九州と肥薩おれんじ鉄道が駅構内を共用している共同使用駅となっています。
そして、その昔・・・国鉄時代には宮之城線がここから山野線接続の薩摩大口までを連絡していました。

在来線の駅構造は意外にも島式ホーム1面2線。この1面2線をぞれぞれの会社が南北で使い分けています。また、新幹線は在来線の東側にある地上相対式ホーム2面2線で駅舎は橋上にあります。

まずはJR在来線の鹿児島中央方からの様子↓ 広々とした島式ホームで1,2番線となります。
1番線に817系が停車中。右に見えるのが新幹線。ホーム上にある燈篭には「新田神社」と記されていました。この赤燈篭で思い出すのは、同じ鹿児島本線の香椎駅日田彦山線の田川伊田駅にもあったかな・・・。
P1150966_川内_R

次はホーム中央辺りから、階段の先の北側を望みます↓
元々繋がっていた1番線線路は今は車止めが設置されており、肥薩おれんじ鉄道側とは分断されています。
P1150957_川内_R

その先には肥薩おれんじ鉄道の駅舎がホーム上にあります。
P1150958_川内_R

肥薩おれんじ鉄道側には3,4番線があって、左の3番線に列車が停車中。線路が分断された構造は東北本線の新白河駅信越本線の長野駅を思い出させます。
3番線の列車は私の乗車してきた列車到着の数分後に出発していきました。乗り継ぐ予定でしたが、あまりにも接続が良いので1本遅らすことにしました。

舎内には待合室と窓口があります。この駅から肥薩おれんじ鉄道に乗車する場合は、橋上駅舎にあるJR改札口を通ってから、更にこの改札口を通ることになるわけです。
P1150960_川内_R

後ほど入場した時に撮影した北側からの構内の様子。右から3,4番線。
ちなみに4番線はJRの2番線と同一線路でつながったままで、直通列車や貨物列車が利用するそうです。
P1150979_川内_R

更に駅の北西側。こちらにはJR貨物の駅が広がっておりコンテナが並びます。後ほど東西自由通路から撮影。
駅構造はコンテナホーム1面1線。貨物は詳しくありませんが、東京・大阪・名古屋への高速貨物列車がここを経由しているそうです。
P1150969_川内_R

戻ってJR九州側、1番線終端から南方向。1番線の西側にもう一本線路があり単式ホームも見られます。これが旧1番線でホームは現在は使用されていないようです。ということは昔は2面3線だったのかなと想像します。
P1150961_川内_R

階段を上って改札口へ
広々としてますが、新幹線の改札口が大部分を占めており、在来線は右の隅っこにあります。
P1150968_川内_R

改札口をでると東西自由通路になっています。西口からの様子↓
ガラス張りの明るい雰囲気でキヨスクなどのお店が並んでいます。
P1150972_川内_R

自由通路をまずは東口に向かってみました。
向かう途中、新幹線のホームの様子が見下ろせました↓ 博多方面。九州新幹線では唯一の地上駅だそうです。
P1150970_川内_R

そしてこちらが東口。2004(平成16)年3月の九州新幹線開業の時に改築された駅舎です。おそらくその時に橋上化されたと思います。駅前にはロータリーがあり、ホテルやマンションなどが新たに建っていったようです。
P1150971_川内_R

そして西口。こちらは旧駅舎があった側なので正面口に当たると思います。
P1150975_川内_R

駅前の様子。結構高い橋上駅舎なので見晴らしが良いです。
地図を見た限り中心市街地はこの右奥の方向、国道3号沿いにあるようです。
P1150974_川内_R

ひと通り駅観察を終えてみると、いい時間だったので駅の1階にあった蕎麦屋で昼食休憩~。
DSC_0102_そば喜庵(川内)_R

さて、次の列車の時間も近くなってきたので駅に戻ります。
改札に向かう途中、飲み物調達でキオスクに入りました。そこで美味しそうな駅弁を発見。昼飯を食べた直後でしたが、あまりにも美味しそうなので買っちゃいました(笑) 
「極黒豚めし」 出水駅や鹿児島中央駅の駅弁らしいですね。後ほど肥薩線の列車の中でいただきました。
P1160087_R.jpg

それでは肥薩おれんじ鉄道の列車に乗車します。次の列車は4番線で出発を待っていました。
P1150977_川内_R

八代行きの車両はHSOR-105Aの単行。女性運転士さんのワンマン運転です。
P1150976_川内_R P1150978_川内_R

ちなみに終点の八代までの運賃は2,670円。青春18きっぷを見せると購入できる「おれんじ18フリーきっぷ」は2,060円。今回は「旅名人の九州満喫きっぷ」の利用なのでスルーで乗車できました。

行程:薩摩松元(2436M川内行)川内(6134D八代行)阿久根

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
助廣急行  

こんばんは!
肥薩おれんじ鉄道と鹿児島本線との間は線路が分断されてるんですねぇ。相互乗り入れは出来るような構造なのでしょうか。
おれんじ鉄道になって17年、この先の駅舎がJR時代から、どのように変わっているのかが楽しみです。

2020/05/19 (Tue) 00:58 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
To 助廣急行さん

助廣急行さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
元鹿児島本線の線路が分断されていたのはちょっと悲しかったです(泣)
ただ、分断されているのは1,3番線だけで、2,4番線と側線の5番線のほうはつながっています。肥薩おれんじの列車がなぜかお隣の隈之城駅まで乗り入れているそうですが、そういった列車はそちらを通るようです。貨物列車も同じです。
肥薩おれんじ鉄道内では2駅しか下車できなかったですが、また記事にしたいと思います。

2020/05/19 (Tue) 01:15 | EDIT | REPLY |   
ポン太  

こんにちは。

美味しそうな駅弁ですね!私もきっと買います。というかこの駅弁はパケ買い狙いですね。

薩摩川内駅には数年前、沖合の甑(こしき)島に行くときに前泊で降りました。確か、写真に見えているスーパーホテルに泊まったような記憶があります。駅前はとくに何もなくちょっと寂しい感じでした。

2020/05/19 (Tue) 12:19 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
To ポン太さん

ポン太さん、こんばんは。
ここで買った駅弁は肥薩線の矢岳越えの区間でいただきました。もちろん美味しかったです。キハのボックスでいただく駅弁は別格ですね(笑)

そういえば川内からは甑島が近かったですね。甑島には仕事関連の知り合いがいて、島には行ったことはありませんが、近くで落ち合って鹿児島観光したことを思い出しました。

2020/05/19 (Tue) 21:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply