南九州駅巡り20冬(18) 鹿児島本線 鹿児島駅 ~駅舎改築中の元鹿児島市代表駅~

きゃみ

鹿児島中央駅から鹿児島本線をひと駅進んで鹿児島駅にやってきました。
4番線に到着です。
P1150851_鹿児島_R P1150853_鹿児島_R

鹿児島駅はその名の通り鹿児島県鹿児島市の駅。県庁所在地の代表駅、といいたいところですがそれは過去のことで、現在はお隣の西鹿児島駅から改称された経緯のある鹿児島中央駅が代表駅の扱いです。

乗り入れ路線は西から鹿児島本線、東から日豊本線の2路線が乗り入れておりどちらも終点となります。ちなみに駅の所属線は鹿児島本線。日豊本線は鹿児島本線の小倉から分岐しているわけですが、分岐元と終点を同じくする駅で、かつ両方面から乗り入れている駅は非常に珍しいと思います。他には・・・JRだと外房線と内房線の安房鴨川駅。あとは佐世保線と松浦鉄道西九州線が再び合流する佐世保駅くらいしか思いつきません。

といったような2路線の終点なのですが、他と違うのは日豊本線の全ての列車はお隣鹿児島中央駅まで乗り入れており、実質は日豊本線の中間駅的な存在となっている点です。路線の終点というのは形式だけのことで、元代表駅だった名残でしょうね。代表駅らしい点があるとすれば、指宿枕崎線の列車の一部がこの駅まで乗り入れていることくらいでしょうか。

駅構造は地上2面4線で南から2~4番のりばと並んでいました。ホーム間は鹿児島中央方の跨線橋で連絡しており、駅舎は2番ホームに面していました。いました・・・、というのは1月の訪問当時は新駅舎の建築中で現在は構造が変わってしまっているようです。

それでは駅構内の様子を・・・
島式3,4番ホーム宮崎方からの様子。とても立派なホーム上屋が元代表駅の片鱗をのぞかせます。
P1150852_鹿児島_R

跨線橋内部の様子。奥に3,4番ホーム、手前に2番ホームへの階段があります。
P1150856_鹿児島_R

単式2番ホーム鹿児島中央方からの様子。2,3番線の間にある中線は貨物列車の発着線となっているそうです。1番線が欠番なのは、過去にもう1本宮崎方面への終端ホームがあった名残のようです。
P1150857_鹿児島_R

ちなみに現在は番線整理が行われており、南から1~3番のりばと振り直されたらしいです。つまり・・・
 1番線(1番のりば)、2番線(貨物発着線)、3番線(2番のりば)、4番線(3番のりば)

そして、2番ホームの跨線橋そばに面して駅舎があります。といっても新駅舎が完成するまでの仮駅舎でした。
P1150854_鹿児島_R

ホームから駅舎に向かう通路はこんな感じ↓ いかにも仮設っぽいです。
P1150858_鹿児島_R

仮設改札口の様子。
鹿児島駅はみどりの窓口もある直営駅。ここで翌日から利用するフリーきっぷを購入しておきました。
P1150859_鹿児島_R

改札を出ると裏口のような狭い通路を通って駐車場に出ます。駐車場の向こうには何かの競技場がありました。市街地は反対側の北側にあるようですね。
P1150861_鹿児島_R P1150860_鹿児島_R

仮設駅舎を出て西に進むと建築中の新駅舎がありました。暗くてわかりにくいですが・・・5代目駅舎だそうです。この駅舎は今年の2月15日から使用開始となったそうなので、この時は開始一か月前だったことになります。橋上化されたようですね。
P1150863_鹿児島_R

そして、この向かいに鹿児島市電の停留場がありました。鹿児島市交通局の鹿児島駅前停留場です。
ここに宿をとったのは翌日ここから市電に乗車するためでした。
P1150865_鹿児島駅前_R

停留場の構造は櫛形ホーム3面3線。東側線路終端からの様子。
P1150862_鹿児島駅前_R

西側からの様子。停留場はすっぽり屋根に覆われています。
P1150866_鹿児島駅前_R

さて、あとの撮影は翌日することにして宿に向かいます。宿は2つ先の水族館口停留場から少し海側にいったところにあります。港が近く桜島へのフェリー桟橋や水族館もあるそうです(行かなかったですが・・・)。

ホテル1階にあるレストランで夕食にして、この夜は早い時間に床に就きました。zzz
DSC_0101_海南風(鹿児島)_R P1150873_ホテルリブマックス鹿児島_R

行程:鹿児島中央(6960M国分行)鹿児島/鹿児島駅前[泊](1系統谷山行)谷山

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply