南九州駅巡り20冬(14) 指宿枕崎線 (薩摩川尻駅→枕崎駅) ~薩摩半島の南端を進む~

きゃみ

薩摩川尻駅から枕崎行きの列車に乗車しました。
ここから終点の枕崎まで車窓から駅の撮影です。

まずは東開聞駅
1面1線の駅舎の無い無人駅。周囲は広々とした畑。
P1150769_東開聞_R

開聞駅
1面1線の駅舎のない無人駅。元々は1面2線で駅舎もあったそうです。
北側に開聞の町、南側にはすぐに開聞岳があり登山口の最寄り駅です。
P1150770_開聞_R

開聞岳の麓を抜けて、北に向きを変えると入野駅
ここも1面1線駅舎のない無人駅。この辺りまで短い駅間距離でちょこちょこ停まります。
P1150771_入野_R

この辺りから国道226号と一緒に海岸をつかず離れずで進みます。

南九州市に入って頴娃駅 「南九州市」って初めて聞きました。
ここも1面1線駅舎のない無人駅。ホーム真ん中あたりに小さな上屋というスタイルの駅が続きます。
P1150772_頴娃_R

次の西頴娃駅では列車交換が行われました。
P1150773_西頴娃_R

西頴娃駅は山川~枕崎の指宿枕崎線末端区間で唯一交換可能な駅で、かつ駅舎の残る駅。簡易委託の有人駅だそうです。頴娃町の市街地は頴娃駅よりもなぜかこちらの"西駅"ほうにあります。
P1150775_西頴娃_R

御領駅
1面1線の無人駅。ここは切り通しの中にあるので、他とはちょっと雰囲気が異なります。
P1150776_御領_R

石垣駅 「いしかき」と読みます。
1面1線の無人駅。そういえば、この辺りの駅名標のデザインは独特ですね
P1150777_石垣_R

水成川駅
1面1線の無人駅。
P1150778_水成川_R

頴娃大川駅
林の中にある1面1線の無人駅。ここまでが頴娃町のようです。
P1150780_頴娃大川_R

松ケ浦駅
1面1線の無人駅。ここは知覧町になるそうです。ちなみに知覧の中心市街地や特攻隊で知られる飛行場跡は、ずっと北の内陸部にあります。南九州市の市役所もそちらにあるようです。
P1150781_松ケ浦_R

薩摩塩屋駅
1面1線の無人駅。元々島式ホームだったのがホーム上屋の形状でわかります。
P1150782_薩摩塩屋_R

枕崎市に入って白沢駅
1面1線の無人駅。
P1150783_白沢_R

薩摩板敷駅
1面1線の無人駅。これだけ1面1線で駅舎の無い駅が続くのも珍しいかな?
P1150785_薩摩板敷_R

そしてついに終点の枕崎駅に到着します。薩摩川尻からは50分ほどかかりました。
うむー、それにしても特徴のない駅ばかりでした(苦)

行程:薩摩川尻(1337D枕崎行)枕崎

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply