西日本完乗への道-岡山香川編(32) 芸備線 備後落合駅 ~大好きな山間のターミナル秘境駅~

きゃみ

新見駅から芸備線の備後落合行きに乗車しました。

列車はまず伯備線の電化区間を西進します。すぐ山間に入ると秘境駅の布原駅に到着。地元の方が2名ほど下車していくのを見て少々驚きました。布原駅については後ほど・・・
次の備中神代駅で伯備線と別れて非電化の芸備線に入ります。のんびりと走る列車の揺れが心地いいです。東城駅あたりまでは覚えているのですが、その後は不覚にも寝落ち・・・目が覚めると終点手前でした。ガーン。

トンネルを抜けると終点の備後落合駅に到着です。3番線着。
P1140788_備後落合_R P1140776_備後落合_R

備後落合駅は広島県庄原市西城町にある無人のターミナル駅。乗り入れ路線は当駅の所属線となる芸備線と当駅が終点となる木次線の2路線。ですが、岡山支社・米子支社・広島支社の境界である関係上、芸備線はこの駅で運行形態が完全に分断されており、実質は3路線が乗り入れる形になります。
といったターミナルな駅ではありますが、どの方面も本数が極端に少なく、山間のほぼ無人地帯に立地していることから秘境駅に数えられています。私の大好きな駅の一つでもあります♪

時刻表を覗くと、芸備線新見方面が3本、三次方面5本、木次線は臨時のトロッコを除いて3本。寂しい・・・♪
P1140791_備後落合_R

注目は14時台。この時間帯は3方向から3列車が集結して、再び3方向に散っていきます。この束の間のひとときは旅人で駅は賑わいます(地元の方はほぼ皆無だと思われ・・・)。

駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線。駅舎は単式1番ホームの北側に面しており、ホーム間は構内踏切で連絡しています。かつては運行上の重要な拠点だったこともあり、構内は広く鉄道遺構も一部残されているようです。それでは駅構内を。

島式2,3番ホーム新見方からの様子。
2番線には既に芸備線三次行きが出発待ちしていました。新見からの乗り継ぎ客が乗車して落ち着いた様子。例の女性もここで乗り継いで三次方面に行くようです。
P1140789_備後落合_R

三次行きはキハ120-326の単行。新見から乗車してきたキハ120-328とはカラーが異なります。
P1140790_備後落合_R

単式1番ホームから新見方面、島式2,3番線を望む。イイ眺めです。
P1140778_備後落合_R

こちらは2,3番ホームから三次・宍道方面。
右が木次線の列車が発着する1番ホームと駅舎。手前に構内踏切が横たわります。木次線の列車も来るはずですが、少し遅れているようです。皆さん来るのを待ちわびています。
P1140787_備後落合_R

1番線の駅名標は木次線仕様。
P1140786_備後落合_R

駅舎内待合室の様子。「落ち合う駅」だそうです。
P1140779_備後落合_R P1140784_備後落合_R

駅舎外観。1935(昭和10)年12月の開業時からのどっしりとした駅舎。端っこにある待合室は狭いですが、夜間滞泊が設定されているらしく、駅舎内には乗務員の宿泊施設もあるそうです。
P1140783_備後落合_R

駅は山間の隘路にあり、駅前には川が流れています。川の向こうに国道314号が並走していて、その国道から川を渡って駅につながる道があります。そんな場所なので駅前は狭く、駅舎撮影もしづらいです。
P1140780_備後落合_R

駅に戻ってしばらく待っているとヘッドライトを点けて木次線のキハ120がやってきました~
P1140792_備後落合_R

これで3方向からの3列車が揃いました。皆さん撮影を終えると各々の列車に収まっていきます。
P1140794_備後落合_R

私はというと、三次行きに乗り継いで広島方面に行きたいところですが、ここで折り返します。ちなみに前回訪問した時は木次線から芸備線三次方面へと乗り継ぎました。
 
再びキハ120に乗車してみると、見かけた顔が(笑) 同じことを考えている人が何人かいました。

それでは新見に向けて出発。3方面の列車の中では真っ先に出発します。往路では寝落ち・・・悔しいので復路は少し前面展望をしてみます。

行程:新見(443D備後落合行)備後落合(444D新見行)布原

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
たかはし  
備後落合

津山も新見も備後落合も、要衝駅ですよね。
備後落合は、
新見→備後落合→木次線
新見→備後落合→三次へ
木次線→備後落合→木次線
と、少なくとも3回訪問したことがあります。

木次線を往復したときは、家族旅行で、18きっぷシーズン外 に来ました。
往路は出雲横田からは、乗客はウチの家族ともうひとり(品格のあるセレブのおばさま)。復路はウチだけでした。

私のブログで、昭和39年10月の芸備線の時刻表をアップしますのでご覧ください。

2020/03/29 (Sun) 14:45 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
Re: 備後落合

たかはしさん、こんにちは。
備後落合駅は要衝でありながら3方面とも超ローカル区間という取り残された感のある駅で面白いと思います。
木次線の復路は家族貸し切り状態でさぞ楽しかったのではないでしょうか。それだけ乗客がいないということなんでしょうね・・・

面白い時刻表を拝見させていただきました。生まれる前の列車ですが、姫路発広島行の中国山地縦貫列車!是非乗ってみたいです(笑)

2020/03/30 (Mon) 12:34 | EDIT | REPLY |   
libertyrail  

こんにちは。

ジャンクション駅でかつての繁盛が嘘のように枯れ果ててしまいましたが
訪問してみたい駅の一つに上がってます。
乗るとすればトロッコ列車でここまで来て14時台の芸備線に乗るのが理想で
実のこといいますと3年前に計画しながら大雨で運休になり
幻に終わってしまった苦い経験がありましたが
いつの日か実現し備後落合駅をじっくり見る日を待ち望んでます。

2020/04/02 (Thu) 15:26 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
To libertyrailさん

libertyrailさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
現在芸備線の一部は東城駅付近の脱線事故で運休中・・・。芸備線はしょっちゅう運休しているイメージがあります。今回の訪問は昨年の夏のことですが、そのちょっと前まで台風で運転見合わせしていたので走るかどうか冷や冷やものでした。
奥出雲おろちの到着は12:36、芸備線が両方向とも14時台発なので駅の観察がじっくりできそうです。駅に残る遺構探しや駅周辺の散策もできますね~。私もその計画でまた行ってみたいです。

2020/04/02 (Thu) 23:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply