西日本完乗への道-岡山香川編(31) 伯備線 新見駅 ~中国山地縦走のお昼休憩~

きゃみ

津山駅から姫新線を西進して終点の新見駅にやってきました。
2番線の到着です。
P1140757_新見_R P1140758_新見_R

新見駅は岡山県新見市の代表駅。乗り入れ路線は当駅所属線の伯備線と当駅を終点とする姫新線の2路線ですが、芸備線の列車も当駅を起点として備中神代まで乗り入れているため実質は3路線となります。中国山地でいうと、津山駅三次駅と並ぶ交通の要衝となっています。備後落合駅も含まれるかな・・・。

駅構造は島式ホーム2面4線ですが、貨物列車などが発着する中線が2本あり、広い構内を持っています。各ホームと駅舎間は米子方にある地下通路で連絡しています。

それでは駅構内の様子を・・・
まず北側1,2番ホーム米子方からの様子。方面表示を見た限り、1番線は芸備線、2番線に姫新線の列車が発着するようです。上屋の柱にはレールが使われており、なかなかいい雰囲気です。
P1140760_新見_R

下車してまず気になったのが隣のホームの列車。あちらに行ってみます。
P1140756_新見_R

隣のホーム5番線には当駅始発の長船行き213系2連が出発待ちでした。
5,6番線は電化されていて伯備線の列車が発着します。ラインカラーは緑色。
P1140761_新見_R P1140763_新見_R

ん?長船ってどこ?とまず思ってしまいました。どうやら赤穂線の駅のようです。山陽本線や赤穂線にまで乗り入れているようですね。こちらでいうと熱海駅あたりで小金井行きを見て、「小金井ってどこ?」と思うのと同じような感じでしょうか(笑)

また、伯備線のほとんどの普通列車は当駅で運行形態が分断されているようです。南は播州赤穂や相生、北は米子や更には山陰本線を西出雲まで乗り入れる列車もあります。といいますか、時刻表を見て思ったのは普通列車よりも特急「やくも」のほうが本数多いのではないでしょうか。貨物列車も走るようなので、伯備線はまさに陰陽連絡の幹線、「やくも」街道ですね。

5番ホーム米子方からの様子。2,5番線の間に電化された中線が2本。これが3,4番線になるようです。
P1140762_新見_R

5番ホームを端っこまで歩いて倉敷方面↓ 長船行きが出発していったところです。こちらには伯備線線路の両側に電留線が並びます。フレンチトースト(笑)も見えますね。ちなみに一番左に曲がっていく線路が姫新線です。
P1140765_新見_R

振り返って列車がいなくなった駅構内。1,2番ホームはこちらに比べるとかなり短いのがわかります。
P1140766_新見_R

ここでサイレンが鳴り始めました。正午のようです。暑い中、ホームを米子方まで戻り地下通路で駅舎に向かいます。

改札を出て駅舎外観。
1928(昭和3)年10月の開業時からの駅舎です。2階建てで凸凹感が面白い木造瓦葺です。
P1140771_新見_R

背景の南側は森、北側の駅前はロータリーになっていてお店も見られます。街は山間の狭い新見盆地にあり、東西に細長く伸びた形になっています。そして街の真ん中を東西に高梁川が流れています。

駅前の「たまがき」像。これに向き合う形で「祐清」像というのもありました。何者かは不明・・・
P1140769_新見_R

お腹が空いてきました。次に乗車する予定の芸備線の列車までは1時間以上あるので、ここでお昼にします。駅前を見渡すとすぐそばに食堂があったので入ってみました。ここで野菜たっぷりの備中そばをいただきました。
DSC_0092_きくや食堂(新見)_R

この店でそばが来るのを待っていると、私と同年代くらいの女性が入ってきました。津山から同じ列車に乗車してきた一人旅風の方です。ということは・・・

さて、お腹も満たせたので駅に戻ります。駅舎内でしばらく休憩。

改札口の様子。新見駅はみどりの窓口もある直営駅。自動改札はなく、カードタッチ機が置かれています。
時間に余裕があったのでこの窓口で予約しておいた翌日のフリーきっぷも受け取っておきました。
P1140767_新見_R

そろそろ列車の時間です。駅構内に入って1番のりばで待機。
やってきたのはキハ120単行、芸備線備後落合行きです。
P1140772_新見_R

車両はキハ120-328。長い~ロングシートに座ります。お隣りを見ると食堂でも見かけた女性。やっぱり乗車していました。
新見発の芸備線列車は6本。しかも備後落合まで行く列車に限れば5時台、13時台、18時台のわずか3本・・・。となれば中国山地を縦走する者としては、13時台のこれから乗る列車のほぼ一択となりそうです。
P1140759_新見_R

ということは姫路から広島へ中国山地縦走する18キッパーなどの鉄旅人にとっては、ここでお昼をとるのは「王道」ということになるわけですね(笑)

行程:津山(859D新見行)新見(443D備後落合行)備後落合

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
 風来梨  

こんばんは。

>中国山地縦走する18キッパーなどの鉄旅人にとっては、ここでお昼をとるのは「王道」ということになるわけですね

新見駅は、大晦日に「王道」を目論んで干上がった苦い思い出があります。 駅前の商店は全て閉まってい、最寄りのコンビニも1.2㎞離れていて、往復すると芸備線の二番列車に間に合わなさそうなので諦めました。

その時の記事です。 宜しければどうぞ。 『路線の思い出 第298回 新見駅』
https://furai58.blog.fc2.com/blog-entry-1487.html

2020/03/27 (Fri) 20:41 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
新見駅周辺

風来梨さん、こんにちは。
あらま、食いそびれましたか(苦) 「王道」も年末年始では使えなかったようですね・・・。
地図を見ると今やセブンやローソンが川を渡った先の国道沿いにあるようなので、少しは便利になったみたいです。


2020/03/28 (Sat) 12:42 | EDIT | REPLY |   
たかはし  
新見駅

「王道」というのは、他にも選択肢はあるけど、大勢の人が取る手段、ということだと思うんですけど、

ここでは、手段がそれしかありませんね(笑)

2020/03/28 (Sat) 13:53 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
Re: 新見駅

たかはしさん、こんばんは。
そうですね(笑) 逆に言うと乗車だけを考えれば計画がしやすいということにもなります。ただ途中下車は無理・・・

2020/03/28 (Sat) 18:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply