西日本完乗への道-岡山香川編(26) 予讃線 坂出駅 ~快速マリンライナーで瀬戸大橋を渡って岡山へ~

きゃみ

多度津駅から高松行きの快速サンポートに乗車しました。

列車は丸亀を越えて3つ目の宇多津駅に到着。宇多津駅を出ると本州へ向かう本四備讃線の線路が真っ直ぐ延びていきますが、予讃線線路は右に分岐するような形で高松方面に向かいます。しばらくすると今度は本州からの短絡線が合流してきました。四国玄関口のデルタですね。この短絡線は宇多津駅の構内扱いとのことなので、本州から高松方面に向かう列車は多度津駅通過の扱いになるそうです。
前回の四国訪問では、行きは「サンライズ瀬戸」で児島から短絡線で坂出へ、帰りは「南風」で多度津方面から児島へ抜けました。今回は多度津から坂出まで乗車したので、記録にはなりませんがデルタの乗りつぶし完了となりました。

デルタを抜けると坂出駅に到着です。
1番線の到着、ここで乗り換えのため下車します。
P1140665_坂出_R P1140666_坂出_R

坂出駅は香川県坂出市の代表駅。予讃線の単独駅ですが、前述の短絡線があるので、本州から見ると高松方面への実質の四国玄関口となります。前回訪問時はこの駅で「四国グリーン紀行」を購入してから四国を巡りました。

駅構造は高架上の単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線。基本的に高松方面列車が単式ホームの1番線、多度津や岡山方面列車は3番線に発着するようです。

単式ホーム1番線の多度津方からの様子↓  右端3番線に下り観音寺行きが停車中。
P1140667_坂出_R

階段を降りて改札口へ。坂出駅はみどりの窓口もある有人駅ですが、意外にも自動改札はないんですね。カードタッチ機が1台だけ据えられていました。
P1140669_坂出_R

出入口は南北に2か所。高架化は1997(平成9)年2月のことで、それまでは北口側に駅舎がありました。
こちら↓が(多分)表玄関の北口だと思いますが、記憶が曖昧です。
P1140670_坂出_R

こちらが南口だと思うのですが・・・
P1140668_坂出_R

さて、次の岡山行きまで時間があまりありません。急いでホームに上がります。
乗車するのは3番線から岡山行きの快速マリンライナーです。
P1140671_坂出_R

結構混んでるのかなと思いましたが、この駅で多くの人が下車していき、落ち着いた車内に乗り込みます。車両は5連先頭車のクモハ223-5007、ボックスシートに着席。

列車はここから宇多津方面に向かいますが、反対側高松方面の隣駅の八十場駅は昔から一度降りてみたい駅でした。かつては枕木を積み重ねただけの1両分のホームしかなくほとんどの列車が通過していました。現在は改善されてはいるようが、いつか訪問したいと思います。

列車は宇多津駅手前から高架上の短絡線を通って瀬戸大橋へ。真っ暗でしかも自動車道の下に線路があるので、車窓風景はあまり望めませんでした。

瀬戸大橋線を通って岡山駅には20時過ぎに無事到着です。
5番線に到着、すぐに折り返しの高松行きとなって出発していきました。
P1140672_岡山_R

5番線にはその後、次発のマリンライナーが入線です。手前は切欠き6番線。
P1140673_岡山_R

それではホテルに戻ります。今回は地下中央口から出てみました。
P1140675_岡山_R

その後は街に出て夕食ついで岡電の停留場を見に行きました。岡山電気軌道については後ほど乗車したので、別途アップしようと思います。

宿に入って2日目の終了~。3日目は津山線で北へ向かう予定です。

行程:多度津(158M快速サンポート高松行)坂出(3158M快速マリンライナー58号岡山行)岡山[泊](3932D快速ことぶき津山行)福渡

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply