西日本完乗への道-岡山香川編(24) 土讃線 琴平駅 ~こんぴらさんのJR側玄関口~

きゃみ

琴電琴平駅からJRの琴平駅に徒歩で向かいます。
琴電の駅から東に向かう道を真っ直ぐ進むと正面突当りに見えてきました。

琴平駅の立派な駅舎。
P1140642_琴平_R

琴平駅は香川県仲多度郡琴平町の代表駅。開業は1889(明治22)年5月と古く、金刀比羅宮への玄関口として賑わいを見せていたそうです。ただ、駅舎は洋風建築風なんですね。
駅は1922(大正11)年11月に阿波池田方面への延伸のために現在地に移転されたそうです。その時からの駅舎だと思いますが、1936(昭和11)年竣工という記述もありどちらが正しいかはわかりません。どちらにせよ素晴らしい駅舎であるのは間違いありません。
P1140644_琴平_R

この駅には数年前に訪問したことがありましたが、当時と比べるとリニューアルされて印象が随分と変わりました。竣工当時の外観を復元したのだそうです。
ちなみにリニューアル前はこんな感じ↓ (2014/12/31撮影) 個人的にはこちらのほうが良かったかな^^;
blog_import_5d5d59b00f12e.jpeg

駅前の様子。石の灯篭が並びます。この道を真っ直ぐ進むと鳥居が見える辺りの右手に琴電琴平駅。更に進んで川を渡って街を抜けると「こんぴらさん」に行くことができます。
P1140646_琴平_R

改札口の様子↓ みどりの窓口もある直営駅です。
駅舎内は広くてスッキリしていました。この手前の隅っこに開放型の待合室とコンビニがあります。観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の乗客専用ラウンジもあるそうですが、気づきませんでした・・・。
P1140645_琴平_R

それでは下車印をいただいて入場します。
駅構造は変則2面4線。ホーム間は阿波池田方の跨線橋で連絡しており、駅舎は2番ホームの西側に面しています。
2番ホーム多度津方からの様子↓ 高松発当駅止まりの電車が到着しました。
P1140650_琴平_R

土讃線もこの駅までは電化されており、多度津方面からこの駅までやってきた電車は当駅を折り返します。「サンライズ瀬戸」がこの駅まで延長運転されることもあるようですね。

そしてこの駅の構造が変則的なのは、元々単式ホームだった1面1線の駅舎脇多度津側に1線が増設されて島式のようなホームになっている点です。
切欠きに近い形で1番線があります。1番線は多度津方面の当駅折り返しの列車が発着します。
P1140648_琴平_R

島式ホームの4番線には当駅始発阿波池田行きの2連気動車が出発待ち。四国の車両には疎いのですが、これは1200形でしょうか?これに乗車して新改、坪尻、大歩危や土佐北川にでも行ってみたいところですが今回は我慢です。
P1140652_琴平_R

こちらは阿波池田方の跨線橋から2,3番線の様子。時刻は18:30頃。日が暮れてきました。
P1140655_琴平_R

さて、岡山に帰りましょう。
これから乗車するのは2番線の折り返し多度津行き。2連先頭車の"7207"に乗車します。7200系電車ですかね。後方車両は回送扱いで乗車はできませんでした。
P1140654_琴平_R P1140647_琴平_R

乗客はまばらでボックス占有。出発後はすぐに日が暮れました。

行程:琴電琴平(徒歩)琴平(4254M始発多度津行)多度津

※今日はダイヤ改正の日。東京はみぞれが降って寒いですが、高輪ゲートウェイ駅が開業しましたね。それと常磐線が全線復旧しました。少し落ち着いたら見に行こうかと思います。

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
 風来梨  
弥彦駅とソックリですね

こんばんは。

琴平駅はリニューアル前の方がレトロチックに見えますね。 戦前の中小私鉄の始発駅のようです。

それと、琴平駅の天井や切符売場窓口の位置など、同じ門前駅の弥彦駅とソックリですね。 弥彦駅を思い出しました。

弥彦駅は、只見線でフイルムを使い果たしてしまって写真を撮ることが出来ませんでしたが。 弥彦駅はもう一度訪ねなければ・・。

2020/03/14 (Sat) 19:43 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
琴平駅舎と弥彦駅舎

風来梨さん、こんばんは。
琴平の駅舎はリニューアル前のでかでかとした駅名表示などが独特で味があるなと思います。リニューアルされて逆に個性を失ってしまったような気がします。
弥彦駅の写真を見返してみました。
https://opentp2.blog.fc2.com/blog-entry-1645.html
広々とした様子や窓口、券売機の位置といいかなり似てますね。特に天井はそっくりです。写真が無いのによく覚えてますね~。

2020/03/14 (Sat) 21:55 | EDIT | REPLY |   
虎の子南海  

おはようございます。虎の子南海です。
ここ、琴平駅は、金比羅山へ行く最寄り駅でもあり、サンライズ瀬戸の延長時の終着駅でもありますね。また、金比羅山への行き帰りには琴電にしようかJRにしようかとしようか迷うところですね。きゃみさんはご存じないかと思われますが琴平にはもう一つ有名な所があります少林寺拳法で有名な少林寺拳法の総本山があります私もガキの頃少しだけやったことがあります。
また余談ですが、嵐電に日本一長い駅名が誕生します。それは「等持院立命館大学衣笠キャンパス前」(とうじいんりつめいかんきぬがさきゃんぱすまえ)で、これは、鹿島臨海鉄道線の「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」や熊本の阿蘇高原鉄道の「南阿蘇水が流れる白水高原」を抜く日本で第1位に躍り出ました。関西では阪神電鉄の「鳴尾・武庫川女子大学」をはるかに抜くものとなりました。また、東京地区では新駅「品川ゲートウエイ」駅の開業や、「スーパービュウー踊り子」の廃止とそれに代わる、「サフィール踊り子」運転が開始されましたね。私も、仕事が落ち着いたら上京して見学行きたいと思います。

2020/03/15 (Sun) 09:40 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
少林寺拳法とダイヤ改正

虎の子南海さん、こんにちは。
たまたま多度津駅について調べていたら、多度津が少林寺拳法発祥の地だということを知りました。いわゆる中国の少林拳とは関係ないようで、日本が発祥だったんですね。
3/14のダイヤ改正では駅の開業や駅名改称などが全国様々なところで行われました。その陰で廃止されたものもありますね。個人的には三陸鉄道復旧と、改正とは関係ないですが大船渡線・気仙沼線のBRT区間廃止が4月に前倒しとの噂があります。今週末に三陸に行きたいのですがどうかな~。

2020/03/17 (Tue) 13:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply