西日本完乗への道-岡山香川編(23) ことでん琴平線 琴電琴平駅 ~川の畔のこんぴらさん玄関口~

きゃみ

滝宮駅から琴電琴平行きに乗車しました。
列車はしばらく西進、到着直前に土讃線の線路をくぐると、90度左に曲がりつつ右手に川がみえるとそのまま琴電琴平駅に到着です。これにてことでんの踏破完了~

1番線に到着です。
P1140630_琴電琴平_R P1140629_琴電琴平_R

琴電琴平駅は香川県仲多度郡琴平町にある高松琴平電気鉄道琴平線の終点。金刀比羅宮、通称「こんぴらさん」の最寄り駅ですね。駅の西側、象頭山の中腹にあるとのこと(今回は行きませんでした)。戦前の頃は全国から訪れる人々で大変な賑わいだったそうです。そのため琴平参宮鉄道や琴平急行鉄道など複数の路線が乗り入れていたそうですね。そして当時は国鉄だったJR四国の琴平駅もすぐ近くにあります。

駅構造は島式ホーム1面2線。駅舎は線路終端側にあります。
滝宮方からの様子↓
カーブした狭いホーム。奥には駅舎の瓦屋根が見えます。駅舎付近にだけホーム上屋があります。
P1140626_琴電琴平_R

振り返って滝宮方面。2番線からしか入れない側線が1本。
P1140627_琴電琴平_R

1番線の線路終端の様子。線路は駅舎に突き当たる形になっています。
P1140632_琴電琴平_R

2番線の線路終端。
駅の西側には金倉川という川が並行して流れています。こんぴらさんや門前街は奥の橋を渡った先のようです。
P1140631_琴電琴平_R

こちらは駅横から撮影した2番線終端からの様子。
P1140634_琴電琴平_R

改札を抜けました。
いい雰囲気ですね~。この駅はもちろん有人駅。改札からホームに直接入場できます。
P1140633_琴電琴平_R

そして駅舎。金刀比羅宮の玄関口に相応しい外観です。開業は1927(昭和2)年3月のことで、当時はもっと立派な駅舎があったそうですが、1988(昭和63)年5月にコンクリート造りの現駅舎に改築されました。
P1140635_琴電琴平_R

それでは駅構内から見えた橋を渡ってみましょう。
橋の上から駅の様子↓
川のほとりの終着駅というと弘南鉄道の中央弘前駅が思い出されます。あの時も夕暮れ時の訪問でした。
P1140638_琴電琴平_R

振り返って南側。地図を見た限り繁華街はこちら側に広がっているようです。
P1140637_琴電琴平_R

橋を戻って再び駅前へ。駅前には大鳥居が構えています。これを見ると今度は一畑電車の出雲大社前駅から国鉄大社線の大社駅に行く途中の鳥居を思い出します・・・
P1140636_琴電琴平_R

それではこんぴらさんへ・・・には行かずに反対側の琴平駅に向かいます~。乗りつぶしが落ち着いたらいつか訪問したいですね。

大鳥居をくぐって駅の隣に目を向けると、広いスペースの奥に何か建っていました。
「高灯篭」というそうです。1865(慶応元)年に建てられた日本一高い灯籠だそうですね。
P1140639_琴電琴平_R

更に東に向かうと見えてきました。土讃線の琴平駅
P1140640_琴平_R

こちらの駅もこれまた立派な駅舎なんです! つづく

行程:滝宮(45琴電琴平行)琴電琴平(徒歩)琴平

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply