西日本完乗への道-岡山香川編(13) 四国フェリー (宇野港→高松港) ~「第一しょうどしま丸」でのんびり四国へ~

きゃみ

宇野駅からすぐ近くにある宇野港のフェリーのりばにやってきました。
四国フェリーの切符売場に向かいます。
P1140444_四国フェリー宇野のりば_R

四国フェリーの窓口↓ 時刻表を見ると高松行きは1日5便あるようですね。
これから9:15発の第2便に乗船予定。窓口できっぷを買おうとしたら、車ではない人はこの手前にある自販機で購入しろとのことです。730円也。
P1140442_四国フェリー宇野のりば_R 20190909_四国フェリー(宇野→高松)_R

しばらく待合室で待っていると船がやってきました。
P1140447_四国フェリー宇野のりば_R

船は「第一しょうどしま丸」。
着岸すると上下に扉が開き、下の扉部分がそのまま渡り道になって車が出てきました。
P1140446_四国フェリー宇野のりば_R

しばらくして落ち着いたら乗船です。乗客はまばらでそれぞれが思いの場所に座ります。

すぐ隣には「せと」という名の船がいました。四国汽船の直島風戸行きのフェリーのようでした。
P1140448_四国フェリー宇野のりば_R

9:15、いよいよ出航~。船から望む宇野桟橋。
P1140454_第一しょうどしま丸_R

お隣には「あさひ」という美しい船もいました。こちらは四国汽船の直島行き新造フェリーとのこと。
P1140455_第一しょうどしま丸_R

それからは直島の西岸を抜け、穏やかな瀬戸内海をのんび~り進みます。
P1140458_第一しょうどしま丸_R

今回乗船した「第一しょうどしま丸」は2000年竣工、旅客定員490名、トラック20台が搭載可能。元々は船名からして高松~小豆島を運航していたそうです。

船内客室の様子↓ 売店があります。
この手前には昔よく夜行の青函連絡船でお世話になった雑魚寝スペースもありました。
P1140451_第一しょうどしま丸_R

売店のうどんがとても気になり、朝食にいただいときました。やっぱり宇高航路ではうどんですね(笑)
きつねうどん320円、WAON利用可能。
DSC_0091_第一しょうどしま丸_R

高松港までは21kmを50分ほどで航行します。
船旅は汽車旅とはまた違って車窓が流れないのんびりさがあっていいですね~。寛げます。
P1140459_第一しょうどしま丸_R

のんびり寛いでいるうちに高松港が見えてきました。
P1140460_第一しょうどしま丸_R

無事に着岸、下船します。約5年ぶりの四国上陸!
P1140464_高松港_R

そういえば出港時や着岸時に方向転換してなかったと思います。前後どちらにも操舵室があって、車の乗り降りもどちらも可能な構造のようですね

航行を終えた「第一しょうどしま丸」。この後また宇野に向かいます。
P1140466_高松港_R

本州に向かうトラックがフェリーに乗り込んでいきます。
P1140467_高松港_R

しばらくこの様子を眺めてから、高松駅のほうに向かうことにしました。

ちなみに・・・この時には全く知らなかったのですが、高松⇔宇野の宇高航路はこの3か月後の2019年12月16日に運航を休止しました。国鉄時代、本州と四国を結ぶ大動脈だった宇高航路の歴史は途絶えることとなりました。非常に寂しいですね><

行程:宇野(徒歩)四国フェリー宇野のりば(四国フェリー高松行2便)高松港(徒歩)高松築港

Comments 4

There are no comments yet.
Koganeturbo  

こんにちは。
四国へ渡る橋が随分と値下がりしましたからフェリーの存続は厳しいところだったでしょうね。よくぞここまで持ちこたえた感もしました。
船旅も良いですよね。

2020/02/20 (Thu) 10:23 | EDIT | REPLY |   
 風来梨  
 宇高航路の思い出

こんばんは。

宇高航路に乗船したのは、初めての『撮り鉄&乗り鉄』旅であった中坊の時のみですね。 宿代をケチる為に高松発の夜行列車に乗るべく、2.5往復しましたが、乗ったのはそれっきりで以降は橋ができたので、電車・バス・マイカーですね。 ちなみに、なぜ2.5往復なのかというと、四国への上陸は『幻の国鉄航路』と言われた仁堀航路に乗って堀江港に着いたのですね。

その時の記事です。 宜しければどうぞ。
『路線の思い出 167回 堀江駅』
https://furai58.blog.fc2.com/blog-entry-1118.html

そして、その思い出は、上方落語のネタでも語り継がれる『四国三大走り』に参加出走した事ですね。

コレ、エキサイトし過ぎて死者も出たそうで決して褒められた事ではないけど、間違いなく熱い時代でした。

その事の詳しくは、『路線の思い出 226回 高松桟橋』で記事にしてますので、宜しければどうぞ。https://furai58.blog.fc2.com/blog-entry-1302.html

その思い出の航路も、四国急行フェリーの運航廃止で終焉ですね。

2020/02/20 (Thu) 20:36 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
フェリー

Koganeturboさん、こんにちは。
最近フェリーにも目覚めてきました(笑) 正月に出かけた南九州でも乗船してきました。

瀬戸大橋の自動車道は値下げが行われたこともあるようですが、元々がかなり高額だったようですね。利用者も伸び悩んでいるようです。列車のほうは加算運賃100円というのがあったんですね。それでも速達性や利便性でフェリーはどうやってもかないませんよね。休止は残念ですが仕方がないのかなと思います。

2020/02/21 (Fri) 13:36 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
宇高連絡船接続列車と仁堀航路

風来梨さん、こんにちは。
宇高連絡船は廃止間近の頃に乗船しました。まともな写真は残ってませんが次回アップしようと思います。
86年12月の時刻表を見てみると、宇高最終便の接続では予讃本線の急行「うわじま」宇和島行きと、土讃本線の高知行き夜行普通列車がありました。高知では中村行きに接続して終点に7:50着。一方、「うわじま」は季節には松山で分割して内子線経由と長浜経由でどちらも宇和島着という面白い列車がありました。
仁堀航路、「瀬戸丸」がいい感じですね。航路の存在だけは知っていましたが乗船叶わず。広島編で仁方駅にでも訪問したいな~と思っていますが、今はもう何も残ってないのでしょうね・・・。

2020/02/21 (Fri) 14:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply