西日本完乗への道-岡山香川編(10) 宇野線 茶屋町駅 ~瀬戸大橋線開業時に高架化された駅~

きゃみ

2日目の朝は4:30に起床して、6時前にはホテルを出発しました。
早朝の岡山駅にやってきました。人はまばらです。
P1140400_岡山_R

18きっぷで入場して5~8番ホームに降ります。
6番線には快速「マリンライナー3号」高松行きが出発待ち。223系の2連での運用もあるんですね。
P1140401_岡山_R

切欠き6番線の奥、5番線にはキハ47の回送が停車中。津山線や吉備線の車両が間借りしてるのでしょうか?
P1140403_岡山_R

しばらくホームで撮影していると、この日の「サンライズ瀬戸」は台風の影響で運休だという案内がありました。どこかで出会えるかなと思っていましたが非常に残念。

さて、この日一番の列車は6:09発の瀬戸大橋線児島行き。8番線の出発です。115系3連最後尾のクモハ115-302に乗車。
P1140404_岡山_R P1140402_岡山_R

列車は出発するとすぐに山陽本線を跨いで南へ向かいます。この日は四国に上陸する予定ですが、宇野からのフェリーの時間まで少し時間があるので、いくつかの駅に立ち寄ることにしました。

まず最初に下車したのは茶屋町駅4番線の到着です。
P1140405_茶屋町_R P1140406_茶屋町_R

茶屋町駅は岡山県倉敷市茶屋町の駅。この駅は倉敷市にあるんですね。
乗り入れ路線は、当駅の所属線である宇野線と当駅が起点となる本四備讃線の2路線。運行形態としては岡山~茶屋町~児島・四国方面が「瀬戸大橋線」、岡山~茶屋町~宇野が「宇野みなと線」と呼ばれています。本四備讃線が開業して分岐駅となってからは、児島・四国方面の本四備讃線のほうが本線扱いとなり、それまで四国連絡の動脈だった宇野方面は支線的な扱いとなっています。

駅構造は高架上の島式ホーム2面3線で1~4番のりばになっています。1番は岡山方面列車、4番は児島・四国方面列車が発着します。2,3番は両側がホームに面した中線で、主に宇野方面の列車が発着して、本四備讃線方面列車と対面乗り換えが可能な構造になっています。

3,4番ホーム岡山方からの様子。
中線に宇野行きが停車中。右(西)の1番に岡山方面の特急が・・・確か通過中だったと思います。
P1140407_茶屋町_R

こちらは児島・宇野方からの様子。
左の1番には特急の後に各停岡山行きが到着。なんと湘南色も走ってるんですね~。
P1140409_茶屋町_R

7時前の通勤時間帯で列車が頻繁にやってきます。
黄色の115系が去った後の中線には宇野行きの213系がやってきました。宇野線で撮っておきたかった国鉄車両です。両側の扉が開きます。
P1140410_茶屋町_R

それでは階段を下りて改札口に向かいます。
改札口の様子。みどりの窓口のある直営駅ですが、来週にはみどりの窓口は閉鎖され、代わりに「みどりの券売機」と呼ばれる指定席特急券発行の自動券売機が置かれる予定とのこと・・・。
P1140411_茶屋町_R

改札を出ると東西に出入口があります。こちらは高架化される前の旧駅舎があった西口。
P1140412_茶屋町_R

色々調べてみると、駅前の道路部分に高架化される前のホームや線路があったようです。1972年に廃止された下津井電鉄ののりば跡も残っていたそうですね。ちなみに1972年の下津井電鉄の廃止区間は茶屋町~児島間で、まだJR線のなかった児島駅から先が取り残された形になりました。JRとの接続を絶ったのは何か理由があったのでしょうか?不思議に思います。



駅の高架化は1988(昭和63)年3月20日の事ですが、その一週間後にこの駅には訪問したことがありました。
その時の駅舎の様子(1988/3/28撮影)
blog_import_5d5d5a1f10112.jpeg

高架化された後ですが、旧駅舎はまだ残っていました。瀬戸大橋開通を祝う看板が見えますね。この時は駅舎を抜けた先にある旧地上ホームは閉鎖されていて、案内に従って高架駅のほうに誘導していたかと思います。



そしてこちらは駅裏にあたる東口。
P1140413_茶屋町_R

駅構内に戻って4番のりばで列車を待っていると・・・
まず高松行きの「マリンライナー」がやってきました。これはスルーします。
P1140414_茶屋町_R

その次にやってきた児島行きの各停に乗車します。
P1140415_茶屋町_R

3連先頭車のクハ212-10に乗車して、本四備讃線方面の児島駅に一旦向かいます。とりあえず213系には乗車することができました。

行程:岡山[泊](521M児島行)茶屋町(523M児島行)児島

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 4

There are no comments yet.
松理  

 宇野線も乗車予定ですので参考になります。
 高松は,日帰り圏内ですが,先日紹介のあった津山は,津山線だと神目,姫新線だと佐用までが限界で,津山に辿り着けません。

2020/02/13 (Thu) 22:17 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
To 松理さん

松理さん、こんにちは。
高松が日帰り圏内だとはとても驚きです。逆に姫新線の佐用までというのは意外な気がしました。列車本数や速度の差が出ているというところでしょうか。
宇野線と四国上陸のレポート、楽しみにしています。

2020/02/14 (Fri) 13:09 | EDIT | REPLY |   
総武特快佐倉  

こんばんは。

岡山にも湘南色の115系が走ってるんですね。てっきりすべて黄色い塗装なのかと思ってました。
後半に写っている宇野線の車両は213系という型式なんですか。外観は211系によく似てますね。

2020/02/14 (Fri) 21:26 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
To 総武特快佐倉さん

総武特快佐倉さん、こんばんは。
私も宇野線に湘南色がいるとは思ってもいませんでした。何か得した気分になりました(笑)
213系は分割民営化の過渡期に頃に製造され、瀬戸大橋開業時はマリンライナーで走っていたそうです。見た目だけでいうと211系の西日本版ですね。

2020/02/15 (Sat) 00:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply