三浦半島駅巡り(15) 横須賀線 逗子駅 ~その2 湘南新宿ラインで東京へ~

きゃみ

京急逗子線の新逗子駅から、恐怖の第四種踏切を渡り、京急連絡線を見たあとは、横須賀線の逗子駅から東京に帰ります。
線路沿いの県道205号を歩いて逗子駅手前までやってきました。駅の正面口に行くにはここで踏切を渡る必要があるのですが、列車本数が多くてなかなか開きません。この状態を見ると・・・改めてあの第四種踏切は危険だなと感じました。
開くのが待ちきれず、踏切の横の歩道橋で線路を跨ぐことにします。
歩道橋上からは逗子駅の様子がよく見えました。
P1140222_逗子_R

線路を越えた先に逗子駅の東口がありました。こちらが駅本屋で正面玄関。1969(昭和44)年3月に改築された3代目の駅舎で、3階建ての駅ビルです。
P1140224_逗子(東口)_R

逗子駅は神奈川県逗子市の代表駅。ただし、市役所は京急の新逗子駅の方が近いです。乗り入れ路線は横須賀線のみの単独駅ですが、多くの列車がこの駅で横浜方面に折り返していきます。また、湘南新宿ラインは当駅が起点・終点となります。

駅構造は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線。
東口駅舎は単式1番ホーム南東側に面しており、改札から直接ホームに入場します。
P1140225_逗子(東口)_R

1番ホーム横須賀方からの様子。3番線に列車が停車中。2つのホームは互いにずれた位置にあり、1番ホームは横須賀寄りにあります。
P1140227_逗子_R

基本的に横須賀からやってきた横浜方面の列車が1番線、横須賀行きや当駅折り返しが2,3番線に発着するようです。

本屋の西側にホーム間連絡の跨線橋があります。そこから横須賀方面↓ 1番線に列車が到着。
P1140228_逗子_R

振り返って横浜方面。こちらは大きくカーブしています。奥にもう一本跨線橋がありますね。
P1140229_逗子_R

こちらは2,3番ホーム横浜方からの様子↓ ホームがとても長いので端っこまで行くのが大変・・・(笑)
後ほど乗車することになった湘南新宿ラインの列車が2番線で出発待ち。3番線の外側にもう一本ある線路が、前回確認した「総合車両製作所横浜事業所専用鉄道」に続く線路です。
P1140233_逗子_R

逗子駅にはもう一つ出入口があります。こちらが裏口にあたる西口↓
手前の道路は県道205号金沢逗子線。県道は線路の北側に沿ってますが、駅の裏で丘を越えるので、跨線橋とほぼ同じ高さに出入口があります。
P1140230_逗子(西口)_R

西口改札↓ 裏口ですね。改札を通ると直接跨線橋に入れます。
P1140231_逗子(西口)_R

時刻は18時過ぎ、帰りますか~。
ラストに乗車するのは2番線から、宇都宮行きの湘南新宿ラインの15連。ボックスシートのある先頭車クハE231-8012に乗車します。
P1140232_逗子_R P1140226_逗子_R

逗子を出発した時点では1,2名しかいなっかった車内は進むにつれてどんどん混んでいき、最後は立ち客が出るほどになりました。途中ゲリラ豪雨に襲われましたが、駅巡り中でなかったのは幸いでした。
以上、三浦半島日帰り旅の終了です。

行程:新逗子(徒歩)逗子(2554Y湘南新宿ライン宇都宮行)池袋

「三浦半島駅巡り」万歩計記録(2019/09/03):27,746歩、16.65km、1136.1kcal、04:26:05
踏破完了した路線:横須賀線、京急久里浜線、京急本線、金沢シーサイドライン、京急逗子線
下車・記録駅累計:1,200ジャスト

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply