三浦半島駅巡り(5) 京急久里浜線 三崎口駅 ~三浦半島の暫定?終着駅~

きゃみ

京急久里浜駅から三崎口行きの特急に乗車しました。特急と言ってもこの辺りは各駅停車で進んで行きます。乗車してから5駅目、12分ほどで終点の三崎口駅に到着です。
1番線着。
P1140065_三崎口_R P1140068_三崎口_R

三崎口駅は神奈川県三浦市初声町にある京急久里浜線の終着駅。開業は1975(昭和50)年4月で隣の三浦海岸駅から延伸された比較的新しい駅です。当初は油壷まで延伸する計画の途中で、バスとの接続がしやすい国道と交差する地点に暫定的な終着駅として開設されたそうです。地図を見ると、確かに半島の真ん中の市街地からも外れている中途半端な位置にあります。ただ、延伸計画は諸事情で頓挫したそうなので、永久的な終着駅になるのかな。

駅構造は相対式ホーム2面2線。起伏の激しい地形にあるため、三浦海岸方は高架上、終点側は掘割になっています。このような形の駅で思い浮かぶのは、ちょっとマイナーかもしれませんが神戸電鉄の横山駅といったところでしょうか。

それでは構内観察~。三浦海岸方からの様子↓
左から1,2番線。ホーム間は跨線橋で連絡しており、そのまま画面左奥の駅舎とも連絡しています。
P1140069_三崎口_R

こちらは三浦海岸方面で高架になっています。ちょうど次の特急が到着するところでした。
P1140071_三崎口_R

こちらは反対側の線路終端側。すぐ先に車止めが設置されていますが、線路は続いており、延伸する予定だったことを思わせます。線路が潜る上には国道134号三崎街道が走っています。
P1140066_三崎口_R

それでは階段を上って駅舎に向かいます。
改札口の様子↓ ホームは改札を抜けて左へ。
P1140073_三崎口_R

そしてこちらが駅舎外観。2011(平成23)年に改築されたそうです。
P1140075_三崎口_R

この左側に観光案内所やレンタサイクル、右側にそば屋やセブンイレブンなどがあります。駅前には国道から入出できる小規模なロータリーになっていてバス停が並びます。

さて、時刻はまだ朝の9時過ぎ。駅前のそば屋で軽く朝食をいただき、セブンで飲み物の調達をしておきます。最初の計画ではこの駅で折り返して横須賀市街に行くつもりでしたが、時間もまだあるしフリーきっぷでバスも乗り放題だったので、半島の先のほうまでバスで行ってみることにしました。

乗車するのは駅前のバス2番のりばから、京急バス三崎港経由城ヶ島行きです。
P1140076_三崎口_R

バス内はここで一緒に乗車した学生の団体さんで混み合いましたが、最前列の席に座ることができました。では、三浦半島先っぽの城ヶ島に向かいましょう。

行程:京急久里浜(730T特急三崎口行)三崎口(京急バス[三9]三崎港経由城ヶ島行)城ヶ島

鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログ 駅・駅舎へ

Comments 6

There are no comments yet.
ポン太  

こんにちは。

駅舎外観で三崎口駅の「口」だけ赤色ですが、よく見るとマグロの「ロ」なんですね!

2020/01/15 (Wed) 09:10 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
三崎マグロ駅

ポン太さん、こんにちは。
よく気づかれましたね~。フリガナも「みさきまぐろえき」になってます^^; ホーム上にも「三崎マグロ駅」という駅名標がありました。
三崎港といえばマグロですね。十数年前にマグロを食べるためだけに車で三崎港に行ったことがあります(笑)

2020/01/15 (Wed) 12:25 | EDIT | REPLY |   
たかはし  
岬めぐり

三浦半島シリーズが始まって、いつかはコメントさせて頂こうと思っていました。(笑)

山本コータローさんの「岬めぐり」という歌をご存知でしょうか?私は大好きな歌です。youtubeでも見れます。

真偽のほどは定かではありませんが、「岬めぐり」は三浦半島が題材になっている、ということになっています。

一昨年の夏、妻とともに、横浜、鎌倉方面を旅行した時に、逗子から三崎口までバス旅を楽しみました。1本のバスではいけなくて、途中乗り継いで行きました。城ヶ島まで行けるとよかったのですが、そこまで時間がなかったのが残念でした。

2020/01/15 (Wed) 19:40 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
Re: 岬めぐり

たかはしさん、こんにちは。
「岬めぐり」はよく知っていて私も好きな曲のひとつです。ただ、三浦半島が題材だとは知りませんでした。後で調べたら三崎口駅の接近メロディにもなっているようです。
鎌倉から三崎口のバスも面白そうですね。個人的には三崎港から半島の東岸を通って三浦海岸駅を結ぶバスが風光明媚な地域を走っていて素晴らしかったです。

2020/01/16 (Thu) 14:42 | EDIT | REPLY |   
風旅記  

こんばんは。
昭和の勢いのあった時代には、私鉄の各社もより遠くまで路線を延ばして、観光・不動産開発を目指したのだと思います。その中でもこちらの三崎口駅は分かりやすく延伸の予定が形に残っていますね。
もう少し便利な場所に駅があればと思うのですが、それは今になっての結果論、経緯から考えれば仕方のないことでしょうか。
三浦半島の明るい雰囲気の中で、この駅まで来ると少しリフレッシュできるような気がします。
風旅記: https://kazetabiki.blog.fc2.com

2020/01/21 (Tue) 21:02 | EDIT | REPLY |   
きゃみ
きゃみ  
To 風旅記さん

風旅記さん、こんにちは。お久しぶりです。
久里浜線はできれば三崎港や油壷まで延伸して欲しかったですね。
明るい雰囲気はまさにその通りでした。神奈川県もこの辺りまで来ると風光明媚な景色が広がっていて気持ちが良いです。
観光目的とはちょっと違いますが、旧国鉄では目指していた目標地点にまで届かずにそのまま終着駅となったものがたくさんあります。そういった路線が計画通り実現していたら、さぞ乗りがいのある鉄道網ができていたんだろうなと夢に思います。

2020/01/22 (Wed) 13:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply